インドネシアのトップ10中小企業投資機会

インドネシアで小規模ビジネスの機会を探していますか? インドネシアでビジネスを始めることを考えていますが、どのビジネスを始めるべきかについてのアイデアが不足しています 。 「はい」の場合、この記事がこの問題の解決に役立つため、読み進めてください。

人々が彼ら自身のビジネス資本を始めることを怖がらせる1つの大きなものがあります。 しかし、資本は本当に制約すべきでしょうか? たとえあなたが破産したとしても、あなたはあなた自身のビジネスを始めることができることを知っていますか? 私と一緒に、あなたがあなたの名前に10セントを持っていなくてもあなた自身のビジネスを始める5つの方法をあなたに見せさせてください。

インドネシアでのビジネスの開始:5つの資金調達オプション

  • エクイティファイナンス -:見てください、誰もがビジネスを運営する才能、時間、またはエネルギーを持っているわけではありません。 これらの人々は資金を持っていますが、それを使う方法がわかりません。 そのような人々を探して、あなたのビジネスに投資するよう説得することができます。 彼らにあなたのビジネスプランを見せ、彼らがあなたのビジネスに投資すべき理由を説得してください。 あなたが彼らにビジネスの財政的実行可能性を納得させ、あなたが彼らが信頼できる性格を持っていることを彼らに証明することができれば、あなたが人々にあなたが必要な資金を落とす時間はないでしょう。 唯一の問題は、特に意思決定の面で投資家にあなたのビジネスのいくらかのコントロールを認めなければならないということです。
  • セラーファイナンス -:セラーファイナンスでは、興味のあるビジネスを売りたい人を見つけ、所有者に長期支払いプランに同意してもらうことができます。 売り手は、収入を継続的に得ることで利益を得ますが、新しく買収したビジネスの利益でビジネスに資金を提供することで利益を得ます。 ただし、これのマイナス面は、ビジネスを購入するコストが、現金を払っていた場合のコストよりも高くなる可能性があることです。
  • リース -:機器ベースのビジネス、または運送、タクシーサービスなどのビジネスを開始する予定の場合は、長期間にわたって支払いを分散できるように、必要な車両やその他の機器のリースを検討できます。
  • ファミリービジネス -:もう1つのアイデアは、家族と一緒にビジネスを始めることです。 多くの人は、家族経営のアイデアを好み、他の人のビジネスに投資するよりも、むしろ家族経営に投資したいと考えています。
  • クラウドファンディング -:クラウドファンディングは、ビジネスファイナンス業界でより人気があり、優位になっています。このイノベーションも活用して、ビジネスに少量ずつ投資することを気にしない投資家を集めることができます。

あなたは資本があなたの事業の開始を本当に止めることはできないことを知っているので、インドネシアどんな事業を考慮すべきですか?

インドネシアのトップ10中小企業投資機会

1.家具工場 -:ヨーロッパ、アメリカ、その他の大陸の多くの人々がインドネシアから家具を調達しています。 家具製造工場を開始して、販売するために他の国に輸出することができます。 また、壊れた家具や古い家具を入手して販売するための改造を伴う家具改造ビジネスを開始することもできます。

2.ホテル -:多くの駐在員、訪問者、ビジネス観光客が定期的にインドネシアを訪れます。 これにより、観光産業に投資したい人々がお金を稼ぐのに十分な余地が残されます。 宿泊施設を訪問者に提供するためにあなた自身のホテルを開始することでお金を稼ぐことができます。または、インドネシアに訪問する前にホテルを予約できるオンラインホテルマーケティングサービスを開始できます。

3.牛肉加工および包装 -:間違いなく飛ぶもう1つのビジネスアイデアは、独自の肉加工および包装ビジネスを開始することです。 畜産農場を開始し、それからあなたの収入から肉を包装して処理することができます。

4.ビジネスファインダー -:買い手と売り手をリンクすることでお金を稼ぐこともできます。 例えば、多くの人々はインドネシアからアイテムを調達したいと思っていますが、彼らはそこに行ったことがないので、どこで何を見つけるべきかわかりません。 このような人々がインターネットを使用して簡単にアイテムを見つけ、サービスのファインダーコミッションを獲得できるようにすることができます。

5.アプリ開発者 -:アプリ開発者は最近、良い現金を集めています。 携帯電話アプリの開発者またはソフトウェア開発者になることができます。 アプリを開発するのに必ずしも技術専門家である必要はありません。必要なのは堅実なアイデアであり、それから技術専門家を雇ってアイデアを開発することができます。

6.インターネットサービスプロバイダー -:検討できるもう1つのビジネスアイデアは、ISPプロバイダーになることです。 インドネシアでは、世界の他の地域と同様に信頼性が高く高速なインターネットが重要であり、インドネシアで携帯電話やテクノロジーガジェットを使用する人の数を考えると、多くのお金を稼ぐことができます。

7.ドレスメイキング -:別のビジネスアイデアは、ドレスメイキングビジネスを開始することです。 衣料品のラインを始めるか、世界の他の地域の人々に販売できるカフタンのような地元のインドネシアのドレスを作ることができます。

8.税務コンサルタント -:税は、事業主の頭痛の種の1つです。 多くの人は、税計算タスクを専門家にアウトソーシングすることを気にしません。 そんなに多くの資本なしでそのようなビジネスを始めることができます。

9.旅行コンサルタント -:別のビジネスアイデアは、ビジネスや娯楽のためにインドネシアを訪問したい無数の人々にサポートを提供することです。 ツアーガイドになることができます。 観光客に支援を提供するか、ビザ支援、空港送迎、ホテル予約、ビジネスツアーガイド、その他のサービスの提供に使用できるオンラインコンサルタント会社を開始できます。

10.ビジネスコンサルタント -:もう1つのアイデアは、ビジネスコンサルタントになることです。 ビジネス上のアドバイスやガイダンスを利用できる人はたくさんいます。 多くの人がビジネスコンサルタントに依存してビジネス戦略を開発していることを知っておくと、彼らはビジネスを次のレベルに進めることができます。 ビジネスコンサルタントであることの良い点は、それが興味深いビジネスであり、他の人のビジネスのためのソリューションと戦略を開発している間、あなたにとっても役立つスキルを開発することです。