Tシャツ印刷ビジネスプラン– SWOT分析サンプル

Tシャツ印刷のビジネスプランを書くことについてですか? 「はい」の場合、 Tシャツ印刷ビジネスを始める上での長所、短所、機会、および脅威を明らかにするサンプルのTシャツ印刷ビジネス計画SWOT分析があります

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 市場分析
  3. SWOT分析
  4. 財務予測
  5. マーケティング計画
  6. マーケティングのアイデアと戦略

Tシャツ印刷ビジネスプランSWOT –経済分析

地球上に70億人を超える人々がいるという事実は、Tシャツ業界にとって非常に大きな市場があることを意味します。 例えば; 世界中のすべての人がTシャツ以上を所有している場合、最終的には210億人以上のTシャツユーザーと解釈される可能性があります。 このため、適切な分析が行われていれば、真の意味で、Tシャツのラインは消費者を獲得するのに苦労すべきではありません。

金持ちと貧乏人のどちらに対応するかという問題に取り組む。 大規模な大衆市場は、富裕層と貧困層の両方にまたがる幅広い顧客の世話をしなければなりません。 これが、製造コストを最小限に抑えることが一部のブランドにとって重要である理由です。 アメリカ合衆国のほとんどのTシャツ製造会社は現在、アジアで衣服を製造しています。 これは、米国での製造に比べてはるかに安いためです。

新しいブランドのほとんどは、できる限りデザイナーの詐欺師を生み出そうとしています。 彼らがすることはこれです。 彼らは、Tシャツのトップブランドのモデルまたはデザインを使用し、それを複製します。 ただし、実際のデザイナーブランドで使用されているのと同じ耐久性のある素材を使用できない場合があります。 その場合でも、これらの製品を購入するための準備が整った市場があることに賭けることができます。

このタイプの標準以下のTシャツが動くもう1つの理由は、販売されるレートが安いためです。 これは、生産コストが元のTシャツブランドほど高くないことを意味します。

Tシャツ印刷ビジネスプランSWOT分析サンプル

Richards Peal™は、男性、女性、若者、子供向けのTシャツとカジュアルウェアを製造する世界クラスのTシャツデザインおよび販売ビジネスを構築する予定です。 私たちはカリフォルニア州ビバリーに拠点を置きますが、Tシャツやカジュアルウェアの米国市場への販売だけを制限することはなく、世界の他の地域で製品を販売します。

ファッション業界のような競争の激しい業界でこれを達成するためには、当社の強み、弱み、業界で利用可能な機会、直面する可能性のある脅威に批判的に目を通す必要があります。

私たちが携わっているビジネスの性質と構築したいブランドのために、ファッションと小売業に偏った人事およびビジネスコンサルタントのサービスを雇い、徹底的なSWOT分析の実施と支援を行うことができました。ビジネス目標と目標を達成するのに役立つビジネスモデルを作成します。

これは、Richards Peal™T –シャツデザインアンドセールスカンパニーに対して実施されたSWOT分析の概要です。

  • 力:

おそらく、当社の最大の強みの1つは、従業員の品質と、Tシャツの生産工場にある最新の機械と設備にあると考えられます。 当社の最高経営責任者であるリチャーズ・クレスポ氏–パブロは、彼の膨大な経験をテーブルにもたらします。

  • 弱点:

私たちにとって重要な大きな弱点は、私たちが新しいTシャツのデザインと販売会社であり、ラルフローレン、ポロバイラルフ、トミーのような数十億ドルのファッションラベルと競合する財政的能力がないという事実です。 Hilfiger、Hugo Boss、Gap、Lacoste、Nike、Levi Straus、Adidas、Diesel、Nautical、Puma、Prada、Rebel(Children's T – shirts)などは、市場の制御やトレンドの検出に関してです。

  • 機会:

1つ確かなことは、良い人も悪い人も常に身に着ける服を探し、平均して彼らは安いからという理由だけでTシャツを選びます。 さらに、衣料品ラインが彼らの服を売る機会は膨大であり、私たちはこれらの機会を利用して私たちのTシャツを売ることを望んでいます。

  • 脅威:

他のビジネスと同じように、私たちが直面する可能性が高い主要な脅威の1つは、景気後退です。 経済の低迷が購買力に影響することは事実です。 私たちが直面する可能性のあるもう1つの脅威は、ターゲット市場が存在する同じ場所に新しいTシャツのデザインおよび販売会社が到着することです。