Webサーバーホスティング会社の開始

Webサーバーホスティング会社を開始しますか? 「はい」の場合、お金も経験もないウェブサーバーホスティングビジネスを始めるための完全なガイドがあります

さて、ビジネスプランテンプレートをホストする詳細なサンプルWebサーバーを提供しました。 また、Webサーバーホスティング会社向けの実用的なゲリラマーケティングアイデアに裏付けられた、マーケティングWebプランをホスティングしているサンプルWebサーバーを分析および作成することによって、さらにそれを実現しました。 この記事では、Webサーバーホスティングビジネスを開始するためのすべての要件を検討します。 起業家の帽子をかぶって先に進みましょう。

Webサーバーホスティング会社を設立する理由

情報化時代の良い点の1つは、それに付随するいくつかのビジネスチャンスがあり、それらの1つが一般的に呼ばれているサーバーホスティングまたはWebホスティングであることです。 一部のホスティング会社は、クライアントが使用するために所有またはリースしているサーバー上にスペースを提供する会社であり、通常はデータセンターでインターネット接続も提供します。

ITに興味があり、資本があり、IT業界でビジネスを始めたいと考えている場合、最善の策はサーバー/ウェブホスティング会社を始めることです。 実際、Webホスティング会社には大きなグローバル市場があります。

この業界の初心者としてクライアントを引き付けて利益を最大化するために必要なことは、あなたのビジネスが十分に公表され、ダウンタイムが最小限に抑えられ、料金が手頃であることを保証することです。 上記のすべてを達成するには、一生懸命、賢く働き、献身的で有能な従業員を雇う準備ができていて、とりわけ信頼できるサーバーを持っている必要があります。

サーバー/ウェブホスティングビジネスは、個人、企業、政府がサーバーホスティング会社のサービスを必要とするため、有利なビジネスです。 ただし、この種のビジネスを開始するには、サーバーを保護するための技術的なスキルが必要です。

このビジネスの技術的性質と、ビジネスの側面から何を取り入れるのかを理解する必要があるため、ビジネスを始める予定の地域のビジネスコンサルタントに相談するのが賢明でしょう。 これは、ビジネスコンサルタントがビジネスコンセプトを確認し、ビジネスを進めるかどうかをアドバイスできるようにするためです。 あなたのビジネスコンセプトが素晴らしいものである場合、ビジネスコンサルタントはあなたのビジネスを進める過程であなたに役立つであろう将来の方法に関するヒントや提案を提供します。

したがって、必要な実行可能性調査と市場調査を行った場合は、このビジネスに参入することをお勧めします。

Webサーバーホスティング会社の設立-完全ガイド

  • 業界の概要

サーバーホスティングサービス業界が定着していることは知られています。もちろん、ビジネスの世界だけでなく、今日の世界のあらゆる側面で重要な役割を果たしている業界の1つです。 これは、真面目なビジネスや組織、あるいは自分のWebサイトにオンラインプレゼンスを持たない個人さえほとんどいないためです。

サーバーホスティングサービス業界は、サードパーティのサービスプロバイダーにインターネットホスティングサービスを提供しています。 これらのサービスは、ほとんどの場合、ウェブサイトホスティングという形をとります。そこでは、業界のオペレーターがリースされたサーバースペースとインターネット接続を個人や組織に提供し、インターネット経由でウェブサイトにアクセスできるようにします。 この業界のプレーヤーは、電子メールアプリケーションホスティングやゲームホスティングなどのアプリケーション固有のサービスも提供しています。

IBISWorldが実施した調査によると、サーバーホスティングサービス業界の需要は、オンラインアクティビティとプレゼンスを拡大したい企業からの高い需要により、過去5年間で大幅に増加しました。 この傾向は成長し続けると予想されます。 サーバーホスティングサービス業界の従業員、経営者、事業主のほとんどは、無料の情報技術業界で働いています。

サーバーホスティングサービス業界は実に非常に大きな業界であり、世界のあらゆる地域で活発に活動しています。 統計によると、アメリカ合衆国だけでも、約139, 069人の雇用を担当する約18, 573の登録およびライセンスされたWebサイトホスティング企業があり、業界は年間約200億ドルを稼いでいます。 今後、この業界は2012年から2017年の間に年間7.1%の割合で成長すると予測されています。この業界で利用可能な市場で最大のシェアを持つ企業はEndurance Int'l、GoDaddy.com、web.comです。

サーバーホスティング企業がアメリカ合衆国およびサイバースペースで簡単に見つかるという事実は、業界が飽和状態になっているということではありません。 Webサイトをホストするためにサーバーホスティング企業のサービスを常に必要とする人々や組織が存在するという事実は、ビジネスをグリーンにしています。

起業家が独自のサーバーホスティング会社を立ち上げることを奨励する要因のいくつかは、ビジネスが非常に繁栄し、収益性が高く、世界のどの地域でも始めることができることです。

他のすべてのIT関連サービスと同様に、サーバーホスティングサービスは絶えず進化しています。 技術は急速に変化および改善されており、その結果、ホスティングの技術的境界は絶えず変化する需要を満たすために推進されています。 これにより、消費者は、最も安価なホスティング契約や最も柔軟なホスティングモデルを検索するだけでなく、サポートするビジネスモデルの種類や、パッケージに特定の機能が必要かどうかを検討する機会が生まれます。

最後に、クラウドに関連する潜在的なセキュリティの問題に関しても、お客様は賢くなっています。 その結果、サーバーホスティング会社は、セールスチームやマーケティングチーム向けに、コピー、担保、トレーニングなどの形で、この問題に関するコミュニケーションを強化しています。 マルウェアや悪用と戦う必要性は、クラウドホストだけでなく、あらゆる種類のWebサイトホスティング企業に影響を与える主要なテーマです。 この分野での継続的な投資とアップグレードは、サーバーホスティング企業にとって大きな懸念事項です。

Webサーバーホスティング会社の設立–市場調査と実現可能性調査

  • 人口統計学および心理学

サーバーホスティング会社のサービスを必要とする人々の人口統計学的および心理学的構成は、個人、企業組織、政府機関、投資家、およびビジネスオーナーがウェブサイト/サーバーを所有する起業家にまたがります。

そのため、サーバーホスティング会社の人口統計を定義する場合は、すべてを網羅する必要があります。 企業組織、事業主、研究センター、機関、銀行、軍事施設、優良企業、ビジネスマン、ビジネスウーマン、起業家、起業家、起業家志望者、事業所内外の電気通信会社を含める必要があります。サービスの支払い能力。

あなたが専門とすることができるウェブサーバーホスティングビジネス内のニッチなアイデアのリスト

ほとんどのサーバーホスティング会社は、標準的なサーバーホスティング会社が提供すると予想されるすべてのビジネスアクティビティを含む一般的なサービスを運営する傾向があります。 それが、業界にニッチな領域がないように見える理由です。 しかし一方で、一部のサーバーホスティング会社は、次のような重要な分野を専攻することを決定する場合があります。

  • 専用ウェブサイトホスティング
  • クラウドホスティング
  • 共有ホスティング
  • アプリケーション固有のホスティング(ワードプレスホスティング)
  • Webサイトの構築、セキュリティ、および付加価値機能の提供

サーバーホスティング業界の 競争レベル

あなたがテントを売り込むことにした事業ラインに関係なく、あなたはまだ同じ事業ラインにいる他の人と競争しようとしています。そして、サーバーホスティング事業は免除ではありません。 サーバーホスティング業界での競争のレベルは、主に専門分野と、サーバーホスティング会社の規模と組織に大きく依存します。

Amazonなどの大企業がサーバーホスティングサービス業界に参入するのは明らかです。 今では、小規模なサーバーホスティング会社が強力なパートナーシップを持つことが非常に重要になっています。 多くの小規模から中規模のサーバーホスティング企業が、小規模ビジネスユーザーやオンライン企業が必要とする特定のサービスパッケージのバンドル業者になると、アフィリエイトとリセラーの関係がこれらのビジネスの利益の主流になります。

真実は、業界での競争のレベルに関係なく、デューデリジェンスを行い、製品やサービスを適切にブランディングし、宣伝すれば、常に業界で前進することです。 ユーザーや組織のサーバーホスティングに関する懸念に適切なソリューションを提供するために必要なものが揃っていることを確認し、ターゲット市場に手を差し伸べる方法を知っていることを確認してください。

Webサーバーホスティング業界の有名ブランドのリスト

どの業界にも、他のブランドよりもパフォーマンスが優れているブランドや、顧客や一般の人々から評価の高いブランドが常に存在します。 これらのブランドのいくつかは、長い間業界に存在し、そのために知られているものですが、他のブランドは、ビジネスの遂行方法と長年にわたって達成した結果で最もよく知られています。

これらは、アメリカ合衆国および世界の主要なサーバーホスティング企業です。

  • エンデュランスインターナショナル
  • GoDaddy
  • com
  • IPage
  • ブルーホスト
  • Hostgator
  • インモーションホスティング
  • ホストモンスター
  • WebhostingHub
  • 太い牛
  • アマゾン
  • ラックスペース
  • SoftLayer
  • ネットホスティング
  • ピア1ホスティング
  • Windows Azure
  • 素晴らしいインターネット

経済分析

サーバーホスティング会社などのビジネスを開始する場合は、ビジネスに参入する前に、実行可能性調査と市場調査を行う必要があります。 サーバーホスティングビジネスは新人向けではありません。 サーバーホスティングの問題に対するソリューションを提供するために必要な経験と専門知識を集めた専門家向けです。

この種のビジネスを開始するには、必ず必要な学位と職業の認定を取得し、業界の利害関係者との良好な協力関係を構築する必要があります。 自社のサーバーホスティング会社を設立する前にITサービス業界ですでに主要なプレーヤーである場合、これは問題にならない可能性があります。

開始する規模に応じて、これを打ち消すには数千ドルもの金額が必要になる可能性がありますが、同時に小規模でビジネスを開始することを選択した場合は、それよりもはるかに少ない金額で済みます限定的なサービスを提供します。

あなたは、あなたがビジネスを始めようとしている場所内のビジネスの包括的な経済とコスト分析であなたを助ける専門家のサービスを雇うことが期待されます。 事業を開始する直前に経済分析とコスト分析を行う場合、損益分岐点に達するまで長く滞在する必要はないかもしれません。

サーバーホスティング会社をゼロから開始するか、フランチャイズを購入するか

残念ながら、購入するサーバーホスティング会社のフランチャイズはほとんど見つかりません。つまり、サーバーホスティング会社を所有する場合は、最初から準備を整える必要があります。 これは、ビジネスがまだかなりグリーンであり、業界に興味を持っている意欲的な起業家が利用できる多くの機会があるためです。

真実は、サーバーホスティング会社を最初から開始することで費用が発生するということです。 ゼロから始めることで、主要なニッチを選択する前に、徹底的な市場調査と実現可能性調査を行う機会が与えられます。

大規模で成功したサーバーホスティング企業のほとんどはゼロからスタートし、堅実なビジネスブランドを構築することができました。 ビジネスの成功を達成するには、献身、勤勉、そして決意が必要です。もちろん、独自のサーバーホスティング会社を構築して、アメリカ合衆国およびその他の国々のあらゆる規模のクライアントと成功するブランドになることができます。

サーバーホスティングビジネスを開始するときに直面する可能性のある脅威と課題

今日、独自のサーバーホスティング会社を設立することに決めた場合、直面する可能性がある主要な課題の1つは、市場スペース内に確立されたサーバーホスティング会社が存在することです。 この課題を回避する唯一の方法は、独自の市場を作成することです。

米国で事業を展開するサーバーホスティング会社として直面する可能性のある他のいくつかの脅威は、好ましくない政府の方針、事業拠点内での競合他社の到着、およびサーバーホスティング会社に影響を与える可能性のある世界的な景気低迷です。 これらの脅威に関して、物事があなたの利益のために働き続けるという楽観的な見方をする以外に、あなたができることはほとんどありません。

Webサーバーホスティング会社の設立–法的事項

  • このタイプのビジネスに使用するのに最適な法人

サーバーホスティング会社の一般的なパートナーシップ会社または有限責任会社を選択するオプションがあります。 通常、一般的なパートナーシップは、小規模なサーバーホスティング会社にとって理想的なビジネス構造である必要があります。特に、中程度のスタートアップから始めたばかりの場合は、資本が増えます。

しかし、ビジネスを成長させ、アメリカ合衆国および世界中のその他の国々からクライアントを持つことを目的とする場合、ジェネラルパートナーシップを選択することは選択肢ではありません。 Limited Liability Company、LLCはあなたのためにそれを削減します。

LLCをセットアップすると、個人的な責任から保護されます。 ビジネスで何かがうまくいかない場合、リスクにさらされるのは有限責任会社に投資したお金だけです。 一般的なパートナーシップではそうではありません。 有限責任会社はよりシンプルで柔軟に運営でき、取締役会、株主総会、その他の管理上の手続きは必要ありません。

これらは、サーバーホスティング会社の法人を選択する前に考慮する必要がある要素の一部です。 個人責任の制限、譲渡の容易さ、新しい所有者の入場、投資家の期待、そしてもちろん税金。

サーバーホスティング会社に使用するさまざまな法人を批判的に研究するために時間をかけると、その有限責任会社に同意することになります。 LLCが最適です。 有限責任会社(LLC)としてこのタイプのビジネスを開始し、特に上場の計画がある場合は、将来的にそれを「C」法人または「S」法人に転換することができます。

サーバーホスティング会社に適したキャッチーなビジネス名のアイデア

ビジネスの名前を選択する場合、ビジネスにどのような名前を選択しても、ビジネスが表すものの認識を作成するのに大いに役立つため、創造的であることが期待されます。 通常、ビジネスに名前を付けるときに、事業を開始しようとしている業界の傾向に従うのが一般的です。

独自のサーバーホスティング会社を設立することを検討している場合は、ここから選択できるキャッチーな名前をいくつか紹介します。

  • Xtripサーバーホスティング会社
  • Gconnectサーバーホスティング会社
  • comサーバーホスティング会社
  • Diamond Base Serverホスティング会社
  • 上位クラウドサーバーホスティング会社
  • タコリンクサーバーホスティング会社
  • Hydra Cloud Serverホスティング会社
  • QWERTY Serverホスティング会社

保険

アメリカ合衆国および世界のほとんどの国では、事業を展開する業界で必要とされる基本的な保険契約の一部がなければ、ビジネスを運営することはできません。 そのため、保険契約の予算を作成し、おそらく保険ブローカーに相談して、サーバーホスティング会社に最適で最も適切な保険契約を選択するよう指導してください。

以下に、米国で独自のサーバーホスティング会社を設立する場合に購入を検討する必要がある基本的な保険契約の一部を示します。

  • 損害保険
  • リスク保険
  • 金融再保険
  • 健康保険
  • 損害賠償保険
  • 労災補償
  • 間接費障害保険
  • 事業主の保険グループ保険
  • 支払保護保険

知的財産保護/商標

独自のサーバーホスティング会社を設立することを検討している場合、通常、知的財産保護/商標を申請する必要があります。 これは、ビジネスの性質上、会社の知的財産を違法に利用するために法廷で組織や個人に異議を申し立てることができるためです。

また、会社のロゴ、その他のドキュメントやソフトウェア、またはジングルやメディア制作のコンセプトに固有のソフトウェアを保護したい場合は、知的財産保護を申請することができます。 商標を登録する場合は、USPTOに申請書を提出してプロセスを開始することが期待されます。

Webサーバーホスティング会社を運営するには、専門家の資格が必要ですか?

クライアントへのサーバーホスティングサービスに関連するプロデュースの結果に加えて、一部のサーバーホスティング会社が際立っている主な理由の1つとして、専門的な認定があります。 金融コンサルティングサービス業界に影響を与えたい場合は、専門分野で必要なすべての認定の取得に向けて取り組む必要があります。

専門的な資格を取得することを強くお勧めします。 ビジネスへのコミットメントを示すのに大いに役立ちます。 認定はあなたの能力を検証し、あなたが高度なスキルを持ち、あなたのキャリアにコミットし、市場で最新であることを示します。

これらは、独自のサーバーホスティング会社を運営する場合に達成に向けて取り組むことができる認定の一部です。

  • アクセシビリティコアコンピテンシー(CPACC)のIAAP認定プロフェッショナル
  • GIAC認定Windowsセキュリティ管理者
  • CloudU認定– Rackspace
  • OSWP Offensive Security Wireless Professional
  • エースWebスペシャリスト
  • GPEN – GIACペネトレーションテスター
  • シスコサイバーセキュリティスペシャリスト認定
  • ICT関連コースの学位

ITセキュリティコンサルティングサービス業界で十分な経験を積んでいたとしても、米国および世界のほとんどの国でサーバーホスティング会社を運営するには、専門の資格とビジネスライセンスを取得する必要があります。

サーバーホスティングビジネスを運営するために必要な法的文書のリスト

アメリカ合衆国でビジネスを開始する前に必要なドキュメントを用意しておくことは、特にサーバーホスティングビジネスで強調することはできません。 適切な文書がなければ、米国でビジネスを成功させることはできません。 そうすれば、法律の長所があなたに追いつくのにそれほど長くはかからないでしょう。

これらは、アメリカ合衆国で合法的に独自のサーバーホスティング会社を運営したい場合に適切な場所に置くことが期待される基本的な法的文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • MySQLサーバーのサポートと認定ホスティング
  • SSL証明書
  • 連邦納税者番号
  • 州の許可
  • ビジネスライセンスと認証
  • 事業計画
  • 非開示契約
  • 雇用契約書(提供書)
  • LLCの運営契約
  • 保険証券
  • コンサルティング契約書
  • オンライン利用規約
  • オンラインプライバシーポリシー文書
  • アポスティーユ(アメリカ合衆国を越えて活動する人向け)
  • 会社定款
  • 覚書(MoU)

サイバーサーバーホスティングビジネスの資金調達

必要な認定資格と実践的な経験は別として、サーバーホスティング会社を設立するのは比較的費用がかかります。 良いビジネス地区に標準的なオフィスを確保し、コンピューターとインターネットサーバーを購入し、オフィスに設備を整え、従業員に給料を支払うことは、スタートアップの大きな部分を占めるものです。

ビジネスの資金調達に関しては、最初に考慮すべきことの1つは、適切なビジネス計画を作成することです。 適切で実行可能なビジネスプランドキュメントがある場合は、銀行、投資家、友人にビジネスへの投資やパートナーとの提携を説得する前に、自分で労力を費やす必要はないかもしれません。

以下は、サーバーホスティング会社の資金を調達するための、調達のための調達時に検討できるオプションの一部です。

  • 個人の貯蓄と個人の株式と財産の売却からお金を集める
  • 投資家やビジネスパートナーからの資金調達
  • 関心のある投資家への株式の売却
  • 銀行からの融資の申請
  • あなたのビジネスアイデアを提案し、ドナー団体とエンジェル投資家からのビジネス助成金とシード資金を申請する
  • 家族や友人からのソフトローンのソース

Webサーバーホスティング会社に適した場所の選択

サーバーホスティングビジネスおよびほとんどのインターネットベースのタイプのビジネスでは、必ずしもクライアントと物理的に会う必要はありません。したがって、ほとんどのビジネス取引はインターネット上で行われるため、どこにでも配置できます。

サーバーホスティング会社を自宅から運営できるという事実は、その場所がサーバーホスティング会社の成功にほとんど影響を与えないという意味ではありません。

サーバーホスティング会社を開くために選択した場所がビジネスの成功の鍵であることを強調することはできません。 したがって、起業家は、目に見える場所で施設をレンタルまたはリースすることをいとわない。 人口統計が必要な購買力とライフスタイルを持つ人々で構成されている場所。

したがって、サーバーホスティング会社の場所を探している場合は、それがあなたの街のビジネス地区/ ICTハブにあることを確認してください。 もちろん、このタイプのビジネスを町の郊外に置きたくないでしょう。 クライアントは、ほとんど問題なく、または問題なくオフィスを探し出せるはずです。

Webサーバーホスティング会社の設立–技術および人材の詳細

この種のビジネスを実行するために必要な特別な技術や機器はほとんどありません。 プログラマーとソフトウェア開発者のチームによって開発された他のユニークな製品の中で、ITサーバー、カスタマイズされたサイバーセキュリティソフトウェア、カスタマイズされたウイルス対策が必要になります。 また、コンピュータ/ラップトップ、インターネット設備、電話、ファックス、オフィス家具(椅子、テーブル、棚)が必要になります。

オフィススペースのレンタルとリースの選択、構築するサーバーホスティング会社の規模、およびビジネスの予算全体が選択に影響するはずです。 標準的なサーバーホスティング会社を運営するのに十分な資本がある場合は、オフィスの施設をリースするオプションを検討する必要があります。

あなたがビジネスを開始することが期待される従業員の数に関しては、決定を下す前にあなたの財政を考慮する必要があります。 平均的に、最高経営責任者/社長(この役割を担うことができます)、ITスペシャリスト、法務長官、管理者およびHRマネージャー、プログラマーおよびソフトウェア開発者、ビジネス開発者/マーケティングおよびセールスエグゼクティブ、会計士、顧客サービスエグゼクティブ/フロントが必要です。デスクオフィサー。

中規模ではあるが標準的なサーバーホスティング会社を効果的に運営するには、少なくとも5〜10人の主要スタッフが必要です。 特に大企業の有名なクライアントを処理するために専門家を雇うために道を外れることが予想される場合があることに注意してください。 あなたが始めたばかりの場合、あなたはあなたと一緒に働くことが期待されるすべての専門家を保持するための財政能力または必要なビジネス構造を持っていない可能性があります。

サーバーホスティングビジネスのサービス提供プロセス

サーバーをホスティングする会社の仕事は、クライアントが使用するために所有またはリースするサーバーにスペースを提供することと、通常はクライアントのデータセンターでインターネット接続を提供することです。したがって、必要な施設と構造を確保します。上記のサービスを提供します。

基本的に、クライアントがあなたのサービスを雇うか、あなたのサーバーをあなたのプラットフォームでホストさせるためにお金を払うとき、彼らは彼らのサーバー/ウェブサイトが最小のダウンタイムを経験し、また速くて効率的であることを期待します。 クライアントは通常、1年後またはサブスクリプションの有効期限が切れたときに支払いを更新することが期待されています。

Webサーバーホスティング会社の設立–マーケティングプラン

  • マーケティングのアイデアと戦略

サーバーホスティング会社として、サーバーホスティングプラットフォームが信頼でき、ダウンタイムが最小限であることを証明してから、企業組織や個人をWebホスティングプラットフォームでWebサイトをホストしてもらう必要があります。 そのため、独自のサーバーホスティング会社を設立する計画がある場合は、ICTサービス業界で最初に成功したキャリアを構築するための費用がかかります。

人々と組織は、プラットフォーム上でシームレスなサービスを提供し、ダウンタイムを最小限またはゼロにすることを知っている場合にのみ、サーバーホスティングプラットフォームでWebサイトをホストします。

そのため、サーバーホスティング会社のマーケティング計画と戦略を策定するときは、魅力的な個人プロファイルと会社プロファイルを作成してください。 資格と経験は別として、過去に達成できたことをサーバーホスティング業界やプラットフォーム上でウェブサイトをホストしている組織に関連するため、実際にあなたが達成できたことを明確に述べることが重要です。 これにより、クライアントの調達時に市場でのチャンスを高めることができます。

ほとんどの場合、企業組織や他の機関からクライアントを調達する場合、提案を擁護するように求められるため、プレゼンテーションにかなり精通している必要があります。 サーバーホスティング会社のマーケティングに利用できるプラットフォームの一部を以下に示します。

  • すべての企業組織、ウェブデザイナー、ビジネスオーナー、研究センター、機関、銀行、軍事施設、優良企業、ビジネスマン、ビジネスウーマン、起業家、起業家、意欲的な起業家に紹介書を送って、ビジネスを紹介します。あなたが運営している都市の内外で、あなたのサービスに対して支払う能力がある通信会社
  • 関連するICT雑誌、ラジオ、テレビ局でビジネスを宣伝します(サーバーホスティング、ICT関連のトークショー、テレビやラジオでのインタラクティブセッションに利用できるようにします)
  • ローカルディレクトリにビジネスを一覧表示する
  • 国際的なICT博覧会、セミナー、ビジネスフェアに参加する
  • 予算を活用するために、クライアントのカテゴリごとに異なるパッケージを作成します
  • インターネットを活用してビジネスを促進する
  • サービスや製品のネットワーキングとマーケティングを目的として、地元の商工会議所に参加してください。 そのようなネットワークからの紹介を得る可能性が高い
  • ダイレクトマーケティングを実施するために、マーケティングエグゼクティブやビジネス開発者のサービスに従事する

Webサーバーホスティング会社のブランド認知度を高め、企業アイデンティティを作成するための戦略

あなたがビジネスをしていて、ブランド認知度を高め、コーポレートアイデンティティを伝えることを意図していないなら、社会があなたのビジネスを描写しているものは何でも引き受ける準備ができているはずです。 大企業の秘密の1つは、ブランドの認知度を高め、人々が彼らに認識してもらいたい方法で企業のアイデンティティを伝え続けるために、年々富を費やすことをいとわないことです。

サーバーホスティング会社を設立する目的が、事業を展開する都市を超えて国内および国際的なブランドになるためにビジネスを成長させることである場合、ブランドのプロモーションと広告にお金を費やす準備ができている必要があります。

ブランドとコーポレートアイデンティティを宣伝する際には、印刷メディアと電子メディアの両方、およびソーシャルメディア(インターネット)を活用する必要があります。 実際のところ、インターネットやソーシャルメディアプラットフォームを使用してブランドを宣伝するのは費用対効果が高く、かなり効果的で広範囲に及びます。

もう1つの戦略は、関連するコミュニティベースのプログラム、テレビ番組、ラジオ番組を後援し、関連するICT雑誌や新聞であなたのビジネスを宣伝することです。 以下は、ブランドを高め、サーバーホスティング会社を宣伝お​​よび宣伝するために活用できるプラットフォームです。

  • ICT関連の雑誌や新聞、ラジオ、テレビ局に広告を掲載します。
  • 忠実な顧客からの口コミ宣伝の使用を奨励する
  • インターネット、YouTube、Instagram、Facebook、Twitter、LinkedIn、Snapchat、Badoo、Google +などのソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ビジネスを促進しましょう
  • バナーとビルボードを街中の戦略的な位置に配置してください。
  • チラシとチラシを近所や周辺のターゲット地域に配布します
  • 企業組織、ウェブサイトデザイナー、事業主、研究センター、機関、銀行、軍事施設、優良企業、ビジネスマン、ビジネスウーマン、起業家、起業家、起業家志望者、あなたが事業している都市内外の通信会社に連絡するサービスを呼び出して、組織および提供するサービスと製品を通知することにより、サービスの料金を支払う能力がある
  • 公式ウェブサイトでビジネスを宣伝し、サイトへのトラフィックを引き出すのに役立つ戦略を採用します
  • すべての公式車にブランドを付け、スタッフ全員がブランドシャツまたはキャップを定期的に着用するようにします。