警備会社の設立-サンプルのビジネスプランテンプレート

退職した政府の警備員ですか? あなたは軍隊やintelligence報機関にいましたか? あなたは警備会社を始める方法を学びたいですか? または、サンプルのセキュリティガードビジネスプランテンプレートが必要ですか? 「はい」の場合、読み進めてください。

国内の治安上の課題が増大しているため、政府の治安部隊と政府機関が圧倒されているため、民間警備員、ボディガード、行政保護機関が必要です。 実際、犯罪がまったくない国は今ではありません。 米国からカナダ、ナイジェリア、ガーナ、南アフリカ、マレーシアなどへ。

したがって、料金と引き換えにサービスを提供するためにこのギャップを利用する準備ができている場合は、すでにビジネスを開始しています。 あなたの時間を無駄にせずに、以下はあなた自身の警備会社を設立するためのステップバイステップのビジネスプランまたはガイドです。

警備会社の6つの義務と責任

  • セキュリティの問題が発生している領域を特定するには
  • 有能な男性と女性を募集する
  • 新兵を訓練して再訓練し、警備員になる
  • ジョブとクライアントを調達するには
  • 警備員をさまざまな職務または会社に割り当てるには
  • 警備員を管理し、そのパフォーマンスを監督する
  • 企業にセキュリティアドバイスを提供するには

警備会社の設立-サンプルのビジネスプランテンプレート

1.経験を積む

現場での知識や経験なしに警備会社を設立することは非常に困難です。 これは、セキュリティ業界が厳しく規制されているためです。 会社の管理者または所有者として、あなたはあなたの国の現在の治安状況とそれに取り組む最善の方法を知り、理解しなければなりません。

民間警備員になる可能性があるため、経歴確認に合格し、州政府の要件を満たす必要があります。 セキュリティ分野の資格に関する情報も提供する必要があります。

さて、どのようにしてセキュリティ問題に関するそのような経験や知識を得るのでしょうか? NSA、CIA、SSS、FBIなどの軍隊に勤務し、警察、他の警備会社または政府機関で働いた結果として経験を積むことができます。

また、セキュリティの課題に対処するためのコースまたはトレーニングを受講して、知識ベースを構築することもできます。 ただし、現場での経験がある人と提携することにより、これらのハードルと要件をすべて回避できます。

2.刑法の講座を受講する必要があります

コースはすべての州で必要なわけではありませんが、法律および義務の分野で容認されるものと容認されないものすべてについて明確でより良い理解を与えるのに役立ちます。

3.会社を組み込む

これは、個人事業主を使用してセキュリティビジネスを運営することはできないため、オペレーティングライセンスを取得するための重要な前提条件です。 前述したように、セキュリティ業界は厳しく規制されています。

4.セキュリティライセンスを取得する

取得するライセンスは、提供する予定のセキュリティサービスに大きく依存します。 非武装警備員のライセンスは武装警備員のライセンスとは異なることに注意する必要があります。

行政保護官またはボディーガードも独自の種類の免許を持っています。 あなたが近づき、ライセンスを照会できる機関には、警察、国家安全保障局(SSS)、国家安全保障局(NSA)、市民防衛隊などがあります。

ライセンスの要件と手順は、ビジネスを行う国または州の法律によって異なります。 別の良いアプローチは、セキュリティコンサルタントまたは専門家のサービスとアドバイスを求めることです。

5.サービスを提供するクライアントの業種またはタイプを決定します

セキュリティ服を開く前に、サービスを提供するクライアントまたは業界のタイプを決定する必要があります。 銀行、石油およびガス、輸送などの特定の業界で警備員とサービスを提供することを選択できます。また、社会の著名な人格に執行保護サービスを提供することも選択できます。

6.適切なオフィススペースとトレーニング施設を確保する

次のステップは、職務を遂行するオフィススペースを見つけることです。 また、新兵のためのトレーニング施設も必要です。 ただし、トレーニング施設を設置するための資金が不足している場合は、従業員のトレーニングを他の会社にアウトソーシングできます。

7.ビジネスおよび従業員の保険に加入する

ビジネスでsh * tが発生し、高速で発生することはもはやニュースではありません。 セキュリティ組織を運営することは、あなたとあなたの従業員の命を奪う仕事なので、あなたのビジネス全体に保険をかけることは選択肢ではありません。 それは必須です。 だから保険に加入してください。

8.経験豊富な従業員を雇用し、再訓練する

4番目のステップは、あなたと同じプロセスと手順を経た従業員を雇うことです。 彼らがあなたのために働いているということは、彼らがあなたが会社を始めるために取得したすべての同じトレーニングを必要としないという意味ではありません。 スタッフは、元警備員、役員、退職した軍人などで構成する必要があります。

潜在的な警備員が銃の取り扱い、表示、射撃の方法を知っていることは必須です。 また、バトンの取り扱いと人間関係についても訓練する必要があります。 資格のあるトレーニングプログラムを使用し、スタッフの各メンバーがコースを通過するようにしてください。 いくつかの法執行機関は、よく知られたトレーナーのリストを持っています。

9.クライアントのソース

すべての準備が整ったら、外出し、警備員を必要としている企業や機関を探す必要があります。 特別なイベントやその他の場所で働くために、都市の法執行機関と契約を結ぶことは可能です。

結論として、上記の手順は、独自の警備会社を設立するために必要なものです。 ただし、課題や問題のないビジネスや業界は存在しないことに留意してください。 したがって、セキュリティの専門家またはCEOとして本当に成功したいのであれば、真っ向から立ち直り、直面する課題に直面する必要があります。