写真スタジオの開始–ライセンス、許可、保険

写真ビジネスを始めるために必要な法的要件を知りたいですか? はいの場合、写真スタジオのライセンス、許可、および保険のチェックリストがあります。

以下を提供しました:

  1. 写真産業の概要
  2. 市場調査と実現可能性
  3. 写真事業計画
  4. 写真マーケティング計画
  5. 写真名のアイデア
  6. 写真のライセンスと許可
  7. 写真撮影の開始費用
  8. 写真マーケティングのアイデア

保険の適用や知的財産の保護など、営業ライセンスを取得し、写真ビジネスの許可を得るために必要なものを検討します。

写真スタジオの開始–ライセンス、許可、保険

  • 写真ビジネスに使用するのに最適な法人

事業を立ち上げる際に直面する最大の決定事項の1つは、運営する事業体の種類を決定することです。 各タイプには多くの重要な違いがあります。そのため、始める前に、自分に最適なものを知るために調査を実施する必要があります。 選択するビジネス構造の形式は、必要な事務処理の量、ビジネスに関連する個人の責任の程度、および支払う可能性のある税金の額と種類に直接影響します。 選択する法人のタイプがわからない場合は、適切なCPAを参照してください。

法人には4つの主要なタイプがあり、それらは次のとおりです。

個人事業主 –セットアップと実行は簡単ですが、所有者には個人的に責任があります。 パートナーシップ –事業主として2人以上の個人を持ち、個人事業主と非常に似ています。セットアップと運用も簡単であり、個人事業主と同様に、責任の保護はありません。

法人は、個人の責任からの保護を享受する株主が所有する別個の法人であり、たとえ減税しても、維持およびセットアップに費用がかかる。 有限責任会社(LLC)は、税務目的で、パートナーシップまたは企業として行動および運営するために設立することができます。

したがって、最終的に選択するビジネス構造は多くの要因に依存するため、最終的な決定を下す前に十分な調査を行う必要があります。

写真ビジネスにはプロフェッショナルな認定が必要ですか?

アルバイトをしたい場合、またはビジネスではなく写真を趣味にしたい場合は、認定を一切必要としないと言っても差し支えありません。

ただし、ほとんどのプロの写真家は、プロフィールを高め、クライアントへの信頼を高めるために、何らかの認定資格を持っていることに注意することが重要です。 また、認定により、プロの写真家は非プロの写真家よりも写真について多くのことを学び、知ることができます。

認定は一部の人にとって重要とみなされるかもしれませんが、他の人は、クライアントがあなたが持っているかもしれないどんな認定を見ても創造的であることをむしろ好むと考えるかもしれないことに注意することが不可欠です。

写真ビジネスで大学の学位を取得する方法は?

写真のビジネス業界で成功するためにビジネスの学位を取得する必要はありませんが、写真ビジネスの形成の計画を開始する前にビジネススクールに入学することを考えるのは非常に賢明でしょう。

ビジネススクールで習得する知識は、写真ビジネスがかつてないほどの成功を収めるのに役立ち、業界でビジネスを存続させるのに苦労しているときに役立つことがあります。 写真の学士号を取得するのにかかる費用の分析は次のとおりです。

勤勉で忙しいプロの写真家は、毎日の写真撮影の義務を避け、ビジネススクールのカリキュラムに参加するのに必要な時間を持っているとは期待されていませんが、写真のキャリアから1年か2年休みを取って、専ら集中することをお勧めします経営管理の基本を理解する。 ビジネス分野での専門知識と知識は、写真会社に、業界の他のすべての組織を強化するために必要な競争力を提供します。

あなたがビジネスを運営しているとき、それは単に目標を達成するのに十分な収入を生み出すことではありません。 時間とともに絶えず進化し、成長する野心を持っている必要があります。 野心のないビジネスは忘れ去られてしまいます。 プロの写真と同様に、写真ビジネスの世界は激しい競争にさらされています。 したがって、あなたのAゲームをフィールドに持ち込むつもりがなくても、この世界に入るのは非常に愚かなことです。

写真ビジネスを運営するために必要な法的文書のリスト

以下は、アメリカで写真ビジネスを成功させるために必要な基本的な法的文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • ビジネスライセンス
  • 事業計画
  • 保険証券
  • 契約プライバシー文書
  • リリースフォーム(モデルリリース、印刷リリース)
  • 売上税の許可
  • ポートレート契約
  • 著作権表示
  • 製品配送契約
  • 支払いプラン契約

写真ビジネスに必要な最高の保険

写真ビジネスの保険の選択肢を検討するときは、まずビジネス構造を検討することが最善です。 写真ビジネスを始めることはエキサイティングなことですが、ビジネスをカバーする保険契約を持たないということは、あなたの生計とクライアントとのギャンブルを意味するため、保険契約を通じてビジネスを保護することは、取るべき重要なビジネス上の決定です。

自分に合った保険契約がわからないときは、必要な保険について適切に案内してくれる保険代理店にいつでも相談できます。 あなた自身の写真ビジネスを始めるつもりなら、購入を検討すべき基本的な保険のいくつかを以下にリストします。

  • 機器保険
  • 損害賠償責任保険
  • 商用自動車保険
  • 障害保険
  • 損害保険(所有者または借受人)
  • 生命保険
  • エラーと脱落の責任
  • 労災補償
  • 盗難および損害の補償

写真ビジネスには知的財産保護が必要ですか?

はい、そうです。 写真家として、あなたの写真は所有されるべき最も重要な知的財産です。 写真が公開されているかどうかに関係なく、写真家は自分の作品である限り、原作者のオリジナル作品を持ちます。 他の誰かがあなたの許可を得てあなたの作品のいずれかを写真家として使用している場合、そのような人にあなたの所有権を明確に割り当てない限り、あなたはまだ画像を所有しています。

あなたが自分の画像の個々の排他的使用を割り当てたとしても、書面で別段の定めがない限り、あなたはまだ著作権を所有しています。 誰かがあなたの承認または許可なしにあなたの作品を使用した場合、それらは著作権法に違反することになります。