自宅からランドリーを開始-ビジネス計画テンプレートのサンプル

あなたは自宅からランドリービジネスを始めることに興味がありますか? サンプルのランドリービジネスプランテンプレートまたは実行可能性調査が必要ですか? あなたは成功したランドリービジネスを構築するために必要なものを知りたいですか? 「はい」の場合、読み進めてください。

ドライクリーニングビジネスとしても知られるランドリービジネスは、開始するのが簡単で収益性の高いビジネスです。 ドライクリーニングフランチャイズ、ホームベースのランドリーなど、ランドリービジネスにはさまざまな側面があります。

ランドリービジネスを開始する方法を知ることは、通常、提供する適切なタイプのサービスを選択することから始まりますが、ランドリービジネスを開始する手順を見る前に、まずランドリービジネスの長所と短所を見てみましょう。

ランドリー事業を始める5つの理由
  • ランドリー事業は簡単で便利な事業です
  • 資本または管理集約型ではありません
  • このビジネスを自宅から始めて、そこから成長することができます
  • それは非常に有利なビジネスです。服を着る人全員がその後の洗濯をする時間がないからです。 多くの人はスケジュールが厳しいため、洗濯をするのは時間の無駄だと考えています。 この人たちは間違いなくあなたのサービスを求めるので、これはあなたがたくさんのお金を稼ぐチャンスを持っている理由です。
  • あなたはあなた自身の上司です。 独自のランドリービジネスを確立することの素晴らしい利点の1つは、自分のやり方で自由に物事を行えることです。 顧客以外の人から注文を受け取ることはありません。

ランドリー事業の開始–サンプル事業計画テンプレート

1.財源を検討する

ランドリー事業を開始することは、資本集約的であってもなくてもかまいません。 開始する規模に応じて。 リスクのレベルを下げるためにフランチャイズを取得することもできますが、これにより、ビジネスに対するコントロールが低下し、ロイヤリティやその他すべての費用の形で追加のオーバーヘッドが発生する可能性があります。

それでも、フランチャイズは、特にマーケティングと運用上の利点があるため、素晴らしい選択肢です。 ただし、特にお金がないか、お金がない場合は、自宅からこのビジネスを始めることができます。

洗濯ビジネスを始めるのにどれくらいの費用がかかりますか?

時間とお金をビジネスアイデアに投資する前に、まずコストをかけて詳細なコスト分析を行うことが賢明な決定になります。 真実は、ビジネスを開始する前に適切なコスト分析が実行されなかったために失敗するビジネスがあるということです。

実際のところ、起業しようとしているビジネスの詳細なコスト分析を行った後、一部の起業家は戻ってきます。 ほとんどの場合、彼らは彼らがビジネスを開始し、実行するための財政能力を持っていないことを発見したでしょう。 場合によっては、起業家は戦略を立て直し、おそらく資金を調達するためにより多くの資金を調達するために計画に戻る必要があります。

そのため、あなたが自分のランドリービジネスを始めるつもりなら、ビジネスを始める前に詳細なコスト分析を行うことがあなたの最大の関心事になります。 基本的にコスト分析を実施すると、選択した場所でランドリービジネスを開始および実行するための総コストがわかります。 コスト分析から得られるレポートは、ビジネスの現実的な財務目標(開始コストとランニングコスト)を設定するのに役立ちます。 ランドリー事業を始めるための詳細なコスト分析を調べてみましょう。

  • ビジネスの登録費用-ビジネスの登録費用は国によって異なります。 たとえば、ナイジェリアでの事業の登録費用は約10, 000ナイラ(56 USD)です。 ビジネスの登録に必要な正確な金額を取得するには、あなたの国の企業委員会から確認できます。
  • 施設のレンタルまたはリースのコスト-真実は、施設のレンタルまたはリースのコストは国によって異なり、同じ国や州内の場所によっても異なります。 例えば; ナイジェリアのラゴス州でランドリー事業のためにまともな施設を借りたい場合は、市内の大部分で年間250, 000ナイラから400, 000ナイラ(1, 400から2, 250米ドル)の範囲の家賃を支払います。
  • 商業用ランドリー設備の取得コスト-基本的に、洗濯機、乾燥機、工業用アイロン、プレステーブル、発電機、棚、ハンガー、洗剤、澱粉、漂白剤、ナイロンの供給が必要になります。 これらのアイテムのコストは、世界の国や都市によってわずかに異なります。 平均して、 400, 000ナイラから600, 000ナイラ(2, 250から3, 350 USD)の範囲内で予算を立てることになっています 市場要因の変化により、それはより多くなり、より少なくなる可能性があります。
  • 最低3人分の給料:ランドリービジネスの詳細なコスト分析を行う場合に考慮する必要があるもう1つのコストは、6か月間の最低3人分の給料の支払いです。 3人の従業員は、基本的に洗濯機の男、衣服のアイロンをかける人、お迎えと配達の人になります。 コストを削減する場合は、管理およびその他の監督の役割に沿って任意の職務を処理できます。 上記のコストのほとんどと同様に、従業員の給与は国によって異なります。 ナイジェリアを事例として考えると、ドライクリーニング会社で働く平均的な従業員は、1か月あたり約25, 000〜40, 000ナイラ(140〜225 USD)を稼ぎます。 6か月の期間で3人の予算を設定しているため、1か月あたり40, 000 X 3 = 120, 000であるため、6か月の場合は6か月間で120, 000 X 6か月= 720, 000ナイラ(4, 000 USD)になります。
  • 税金と請求書- 税金と請求書の支払いに関しても異なります。 お住まいの国で支払う税金の額を決定する要因がありますが、最寄りの税務署から問い合わせることが重要です。 また、ランドリー事業のコスト分析を行う際には、請求書の支払いコストを考慮する必要があります。 基本的な光熱費(電力、水道、その他のランドリー事業を開始する場所に固有の請求書)を支払うことが期待されています。
  • 一般的なランニングコストとその他:一般的なランニングコストは、配達用バンの燃料とサービスのコスト、発電セットの燃料のコスト、広告とプロモーションのコスト(オプション)、およびランニング時に発生する可能性のあるその他の再発生コストをカバーしますあなたのランドリービジネス。 このコストはさまざまであり、制御できます。

平均して、まともな場所に基本的な商業用ランドリー設備を備えた標準的なランドリー事業を開始および運営するコストは、 250万から350万ナイラ(14, 000から20, 000米ドル)の範囲です。 全体的なコストを削減または増加させる可能性のある特有の要因があることを述べることが重要です。 一番下の行は、標準的なランドリー事業を開始し、管理するために必要な量のアイデアを持っていることが重要であるということです。

2.ビジネスプランを作成する

事業計画は、あらゆるビジネスの成功にとって非常に重要です。 書面でビジネスを運営する方法を説明する必要があります。 集配や洗濯、折り畳みなどの特別なサービスを含めて、提供するサービスをリストします。これは、開始できるコインランドリービジネスプランテンプレートのサンプルです。

ターゲット市場と人口統計も決定する必要があります。 あなたのターゲット顧客はアパートの居住者、忙しい専門家または大学生ですか? これはあなたが見つけなければならない答えであり、そのような答えを見つける良い方法は、実現可能性調査を実施することです。 また、あなたの地域の他のランドリー企業がどれだけうまく生き残っており、人口の要件を満たしているかについての調査を実施する必要があります。

ランドリー業界におけるニッチサービスのアイデアの例
  • 宅配便と宅配便:ランドリーサービスの構築と成長に入札で採用できるアイデアの1つは、宅配便と宅配便をクライアントに提供することです。 あなたが彼らの家から汚れた服を拾い、追加費用なしで彼らの家にきれいな服を届けるならば、ほとんどのクライアントはそれを感謝します。 すべての人間は快適さを愛し、快適さを提供できる人に向かって移動する傾向があります。
  • ホテルやモーテル向けのユニークなランドリーサービスの作成-個々のクライアントだけをターゲットにする代わりに、ランドリービジネスの収入を増やすのに役立つアイデアの1つは、周囲のホテルやモーテル向けのユニークなランドリーサービスを作成することです。 もちろん、彼らはあなたの最大のクライアントの一部になる可能性が高いので、そのようなものとして価格は割引されるべきです。 彼らへのあなたのユニークなサービスは、彼らの洗濯部門に配属するか、毎日特定の時間に彼らから洗濯物を拾い届けることです。
  • 寄宿学校向けのユニークなランドリーサービスの作成-:寄宿学校向けのユニークなランドリーサービスの作成は、ランドリービジネスの収益向上に役立つもう1つの素晴らしいビジネスアイデアです。 したがって、あなたの周りの寄宿学校にアプローチして、彼らが彼らの洗濯サービスを処理するのを手伝ってください。
  • 病院向けのユニークなランドリーサービスの作成-:ランドリービジネス向けの別の非常に販売可能なビジネスアイデアは、病院向けのユニークなランドリーサービスを作成することです。 あなたの周りの病院がランドリーの仕事を手伝うための契約を獲得できれば、あなたには常にあなたが扱う仕事があるので、ランドリービジネスを成長させ続けるのに苦労するつもりはありません。
  • 教会と神学校のためのユニークなランドリーサービスを作成する-あなたの周りの教会と神学校のためのユニークなランドリーサービスを作成することもできます。 聖職者や聖職者がローブを利用している教会がたくさんあります。 これらのローブを洗ってアイロンをかけることは困難な場合があるので、もしあなたが彼らにそれを処理するのを手伝うことを申し出れば、彼らが彼らのためにそれを扱う誰も持っていないならあなたは契約を得る可能性が高いです。
  • ランドリー機器の販売、修理、サービスの開始-最後に、ランドリー事業の収入を増やすために入札で検討できるアイデアの1つは、お住まいの地域のランドリー機器の販売、修理、サービスを開始することです。 あなたがこれをあなたのビジネス提供として含めるときあなたが生み出す収入にあなたはとても驚くでしょう。

3.適切な場所を探します

自宅で操作する場合を除いて、あなたのビジネスの場所は塩のように扱うべきではないものです。 作業スペースまたは場所を選択するときは、アパートの建物に近づきやすい場所を探す必要があります。 これは、自宅に洗濯機を持っていない顧客を引き付けるのに役立ちます。 ただし、競合他社の近くに出店してはいけません。 競合他社が稼働していないか、競争上の優位性を感じている場合を除きます。

4.必要な機器を購入する

良いオフィススペースを見つけて確保したら、ドライヤー、コインマシン、洗濯機、アイロン、ランドリーカート、洗剤、自動販売機を注文する必要があります。

オンラインオークションサイトで検索して、使用済みのランドリー設備に関する情報を探すことができます。 また、最高額の洗濯機を購入してお金を節約することもできます。 または、さらに良いことに、機器をリースまたはレンタルして、自分の機器を完全に購入するのに十分な余裕があるまでビジネスを運営できます。

5.許可証を確保し、ビジネスを登録する

この面では、市の事務員または地方自治体の事務局を訪問して、ビジネス許可または免許を申請する必要があります。 また、あなたの自治体があなたに保健局の免許、水質汚濁防止、消防署の許可または航空許可の取得を要求しているかどうかを調べる必要があります。 市の事務員が必要とする下水道接続と排水料金の支払いが必要です。 その後、ビジネスの登録または法人化に進むことができます。

6.ランドリービジネスのマーケティング

あなたのビジネスが実行された後、あなたはそれを宣伝するよう努力するべきであり、これはコインランドリーのマーケティング計画なしではできません。 開始する良い方法は、アパートのドアにドアハンガーを置くことです。 サービスのリストを含めて、新規顧客にクーポンを提供する必要があります。

  • ボーナスサービス-ランドリービジネスで紹介できるもう1つのアイデアは、ボーナスサービスを提供することです。 簡単に言うと、顧客が持ってきて代金を払う数十着ごとに、洗濯とアイロンを2着無料で提供することを決めることができます。 あなたが知らない場合、人々はストレスなしでサービスに支払う余裕がある人を含むボーナスが好きです。
  • 顧客ロイヤルティコンペティションと報酬システムの開始-顧客ロイヤルティコンペティションと報酬システムは、ランドリービジネスの収益向上に役立つもう1つのアイデアです。 これがどのように機能するか、すべての顧客があなたを愛用するときに特別なカードを与え、番号が12または24になったらカードを戻すように依頼してから、無料のサービスやギフト、さらにはクーポンなどと交換します。
  • 時々割引を提供する:ランドリービジネスで紹介できる別のアイデアは、時々割引を提供することです。 顧客は、サービスへの支払いが少なくなる可能性が高いことを知ったときに気に入っています。 それは確かにあなたの販売を増やすでしょう。 少しの割引で始めて、ビジネスの成長に合わせて成長する余裕があります。

また、無料の無線インターネット、テレビ、ソファなどの専門サービスや特典を重視することにより、ランドリー事業と競合他社を区別する必要があります。 同様に、地元の掲示板にチラシをかけ、オンライン新聞や印刷物に広告を掲載する必要があります。

  • 家から家へのセールスコールを行い、あなたのビジネスにいることを隣人に知らせましょう。 また、提供するサービスの種類を伝えます。
  • オフィス、職場、企業組織を訪問し、提供するサービスの種類を知らせてください。
  • 近所の戦略的な場所にある方向標識の場所。
  • あなたのビジネスをウェブ上に置き、Facebook、Twitterなどのソーシャルプラットフォームに乗ります