造園会社の設立–ライセンス、許可、保険

造園ビジネスを始めるために必要な法的要件を知りたいですか? はいの場合、造園事業の免許、許可証、保険のチェックリストがあります。

以下を提供しました:

  1. 造園産業の概要
  2. 市場調査と実現可能性
  3. 造園事業計画
  4. 造園サービスマーケティング計画
  5. 造園事業名のアイデア
  6. 造園事業のライセンスと許可
  7. 造園事業を開始するコスト
  8. 造園会社のマーケティングのアイデア

私たちは、運転免許を取得し、保険の適用や知的財産の保護を含む、あなたの造園事業の許可に必要なものを検討します。

造園会社の設立–ライセンス、許可、保険

  • このタイプのビジネスに使用するのに最適な法人

造園事業の性質と市場の性質により、人々は近所で利用可能な市場の世話をするだけで小規模に事業を開始することが容易になります。 大規模に造園産業を開始する人々の割合は、米国の登録造園会社の総数の15パーセント未満です。 ほとんどの人は、小さなビジネスを始めることを好みます。

本質的に、このタイプのビジネスに法人を選択することは、ビジネスの性質に影響されます。 事業者の大半は個人事業主を好みます。 それはおそらく、造園ビジネスに最も適した法人です。

一方、ビジネスの全体像があり、政府や企業組織からの契約に入札することを目的とする場合は、LCCであるLimited Liability Companyを検討する必要があります。 Limited Liability Companyは、ビジネスで問題が発生した場合の個人的な責任からお客様を確実に保護します。

造園ビジネスには専門的な資格が必要ですか?

通常、米国で景観と芝生のケア事業を開始することにした場合、化学物質を処理する必要がある場合を除き、専門の証明書は必要ありません。

それはそうかもしれませんが、アメリカ合衆国で造園または芝生のケア事業を開始したい起業家は、造園と芝生のケア産業が実務家が稼ぐことを必要とする厳密に規制された産業であることを認識する必要があることに注意することが重要です有害化合物の取り扱いを許可する認証。 特にespecially蒸サービスも提供している場合。

造園ビジネスを運営するために必要な法的文書のリスト

これらは、アメリカ合衆国で景観および芝生のケア事業を成功させるために必要な基本的な法律文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • ビジネスライセンス
  • 事業計画
  • 非開示契約
  • 雇用契約書(提供書)
  • 運営契約
  • 保険証券
  • 従業員ハンドブック
  • 契約書
  • ロゴの商標登録(オプション)
  • 納税者のID番号。

造園会社にとって最高の保険とは何ですか?

芝生の手入れと造園会社を個人事業として運営できるという事実は、事業主または会社に期待される基本的な保険契約を必要としないという意味ではありません。 あなたの保険ブローカーと話をすることができ、彼または彼女はあなたがあなたの芝生の手入れと造園ビジネスのために買うべきである最も良くて最も適切な保険カバーであなたを導くことができるでしょう。

まあ、これらはあなたがアメリカ合衆国であなた自身の芝生の手入れと造園ビジネスを始めたいならば、あなたが購入を考慮するべきである基本的な保険カバーの一部です。

  • 損害保険
  • 健康保険
  • 損害賠償保険
  • ハザード保険
  • 労災補償
  • 間接費障害保険
  • 事業主の保険グループ保険

造園ビジネスには知的財産保護が必要ですか?

造園と芝生のケア事業を始めることを検討している場合、知的財産保護を申請する必要はありません。 しかし、会社のロゴとブランドステートメントの知的財産保護を確保したいだけなら、すべてを実行する必要があります。 しかし、真実は、ほとんどの造園と芝生の手入れビジネス所有者がそれを優先順位と考えないということです。