造園会社の設立–ビジネス計画テンプレートのサンプル

お金なしで自宅から造園ビジネスを始めることに興味がありますか? サンプルの造園事業計画テンプレートが必要ですか? 上記の2つの質問に「はい」と答えた場合は、読み進めてください。

多くの住宅所有者は、庭や庭の世話をして、それらを魅力的な光景に形作るのが大好きです。 ただし、それらのほとんどは、これを達成するために必要な時間、エネルギー、またはスキルを持っていません。 あなたが重い労働力をすることができ、除草、刈り取り、施肥などの基本的な園芸サービスだけでなく、ランドスケープデザインに非常に熟練しているなら、あなたはあなた自身の造園ビジネスを始めることによってお金を稼ぐことができます。

ランドスケープビジネスを始めることは、非常にやりがいのあるビジネスです。 以下の手順は、開始に必要なすべてを理解するのに役立ちます。

  • 芝生の手入れビジネスを始める方法

お金なしで自宅から造園ビジネスを開始する–サンプルのビジネスプランテンプレート

1.スキルを評価する

独自の造園ビジネスを開始する前に、スキルを分析して経験を提供し、提供するサービスの種類を把握する必要があります。

トリミング、庭の草取り、草刈りなどの基本的なサービスからまともな収入を得ることはできますが、ランドスケープデザイン、ハードシェイプデザインとインストール、ネイティブフラワーベッドデザイン、および水庭園と池。

ただし、制限を知る必要があります。 特定のスキルが不足している場合は、自分がそれらを持っていると描写しないでください。 貧弱なサービスほど速くビジネスを殺すものはありません。 他の領域を改善しようとしながら、過剰に配信できる領域に集中することが重要です。

2.市場調査を実施する

あなたのサービスに本当に市場があるかどうかを知る必要があります。 あなたの地域の住宅所有者や企業に連絡し、彼らが造園サービスを雇うかどうか尋ねることから始めることができます。 コミュニティ内の多くの個人や企業が造園のニーズを外注している場合、すでに対応可能な市場があります。

ただし、競合他社が存在することに注意してください。 コミュニティに造園サービスを提供する多くのビジネスがある場合、他の人からあなたのビジネスを際立たせるためには、説得力のあるセールスポイントが必要です。

3.事業計画を作成する

事業計画では、事業に関するすべてを詳しく説明することが重要です。 この計画には、目標、ターゲット市場、スタートアップと運用の推定コスト、サービス、独自のセールスポイント、マーケティング戦略などが含まれます。

あなたのビジネスプランは、長期的にあなたを助ける素晴らしい評価ツールとビジネスガイドです。 必要に応じていつでも変更できますが、造園ビジネスを現実的に投影するという中核的な目的に固執します。 始めるのに役立つ、造園事業計画テンプレートのサンプルを次に示します。

4.すべての法的要件を満たします

もう1つのステップは、ビジネスを合法的に組織する方法を決定することです。 それを個人事業主、または有限責任会社、または法人として運営しますか? これらのオプションにはそれぞれ長所と短所があり、弁護士や会計士などのベテランの専門家に連絡して最適なオプションを理解する必要があることに留意する必要があります。

また、ビジネスの名前を選択し、その名前を登録する必要があります。 あなたのビジネス名を決めるとき、あなたの創造性を発揮しましょう。 そして、名前がレンダリングしたいサービスをキャプチャしていることを確認してください。

名前を選択したら、地元の事業登録事務所に問い合わせて、事業名登録の要件、および売上税番号、コード違反、造園事業を開始するためのその他の要件などの要件を確認する必要があります。

5.必要な機器を購入する

基本サービスをレンダリングする場合は、芝刈り機、エッジャー、リーフブロワー、トリマー、および手動ツールが必要になります。 ただし、高度な造園サービスとインストールをレンダリングする場合は、バックホー、乗用芝刈り機、造園ソフトウェア、その他の大型機器が必要になります。 提供するサービスに応じて。

信頼できる輸送がなければ、どの機器もクライアントの場所に到達できないことに注意してください。 そのため、ツールを運ぶためにトラックが必要になります。また、大型の機器にはトレーラーが必要になります。 自分で車を購入するか、必要なときにいつでもリースで入手できます。

6.労働者を雇う

高度な造園サービスをレンダリングする場合、他の人を雇って仕事をする必要があります。 労働者を雇うとき、彼らの仕事の質があなたのビジネスを成功させるか、または壊すことができるので、あなたは彼らが技能と経験があることを保証しなければなりません。 ですから、平凡な労働者を雇ってビジネスを破壊したくはありません。

7.サービスのマーケティング

あなたは様々な方法を使ってあなたのビジネスを宣伝する必要があり、あなたは造園マーケティング計画なしでこれを成し遂げることができません。 潜在的なクライアントに配布する名刺やチラシを設計することから始めます。 地元の新聞の機密セクションに広告を掲載します。 無料または安価なオンラインビジネスディレクトリにビジネスを掲載してください。

クライアントを継続的にビジネスに引き付ける最善の方法は、常に高品質のサービスを提供することです。 満足しているクライアントは、サービスを再度必要とするときは常にチェックバックし、ビジネスについて他の人に伝えます。