用務事業の開始–サンプル事業計画テンプレート

清掃サービス事業をどのように始めますか? オフィスクリーニングビジネスを始めるには何が必要ですか? 清掃事業の可能性は何ですか?

Building Service Contractors Association Internationalによると、清掃サービス業界は、米国で最も急成長している業界の1つです。 清掃する建物の数が増え続けているため、米国労働省は、登録されている清掃員の合計が400万人を超えたため、清掃員が年間15.1%増加すると予測しています。 外部の請負業者が市場の30%をカバーすると予測されています。

-:この記事は、「 クリーニングビジネスを開始するための完全なガイド 」から抜粋したものです。コースは無料で受講できます。

ほとんどの銀行と保険会社は、清掃員の雇用と監督に時間を費やすことを望みません。 彼らは、異常に高い離職率など、この業界に固有の問題に対処したくないのです。 しかし、クライアントが問題を処理したがらないため、この業界は収益性が高く、魅力的なスタートアップ企業として魅力的です。

オフィスクリーニングビジネスを開始する前にフィージビリティスタディを実行し、ビジネスプランを作成することをお勧めします。 これら2つの成分は、清掃サービス事業を成功裏に始めるために不可欠です。

用務事業の開始–サンプル事業計画テンプレート

立ち上げ費用と初期投資

  • 低– $ 4000( 単独オペレーター
  • 高額– 75, 000ドル( 小規模な事業を購入するか、6人の従業員から始める
  • 損益分岐時間:1か月から2年

年間収益と利益の見積もり

  • 収益50, 000〜1, 500万ドル( ローエンドで1人、ハイエンドで地域請負業者
  • 利益(税引前):35, 000〜150万ドル

用務サービス事業を開始するためのヒント

ほとんどの清掃サービス会社は、1か月のサービスの終わりに請求するので、最初の1か月から6週間のサービスのために機器と消耗品を調達するのに十分な資金があります。

複数の契約で開始する予定で、適切に実行したい場合は、成長のために少なくとも50, 000ドルのシードマネーと同じ額のクレジットが必要になります 。 あなたのスタートアップのお金の多くは、ヘビーデューティークリーニング機器に使われます。 無料のサンプルクリーニングサービスビジネスプランテンプレートを使用できます。

あなたが小さく始めて、よりゆっくり成長することをいとわないなら、おそらくずっと少なく始めることができます。 すべてのクリーニングを行う場合; あなた自身を売り込み、あなたの家をあなたのオフィスとして使う そうすれば、あなたは翼と祈りで事業を始めることができます。 一部の個人は、パートタイムで仕事を始め、フルタイムの仕事を続けて夜に掃除し、契約ごとに契約を拡大します。

開始時に利益はおそらく高い割合になります。これは、オーバーヘッドが非常に低いためです。これは、消耗品、機器、契約の整列のみを伴うためです。 他のクリーナーを拡張して追加すると、利益が半分になり、追加のクリーナーを雇うと利益が減ります。 運営全体を継続するには、監督者、オフィススペース、マーケティングスタッフが必要です。 これらすべてにより、利益率を10%にまで下げることができます。

これらの低収益の数値統計のため、多くの請負業者は、駐車場のメンテナンスから窓の洗浄に至るまで、他のサービスを追加しています。 多くのクライアントは、買い物をするよりも、すでに試した真のサービスプロバイダーのサービスを使用することを好みます。 メンテナンスサービスを構築するための「 スーパーマーケット 」になると、収益が増加し、顧客を満足させることができます。

  • クライアントを見つける

座ってクライアントがあなたのもとに来るのを待ったり、攻撃的になったり、茂みに打ち勝つことを恐れないでください。 あなたの地域を動き回るとき、新しい建物を告げる不動産の看板に目を光らせてから、家主に電話してその建物のテナントの名前を見つけてください。 新しい居住者が誰であるかを知るとき; 清掃契約に入札するよう依頼してください。

提案を提出するときは、非常に専門的かつ徹底してください。 新しいクライアントが提供する可能性のある異常な課題、広範な真鍮金具、大理石の床、カーペットの特別なウールブレンドをご覧ください。 あなたの専門知識の幅広さで潜在的な顧客に懇願することができれば、あなたは有利な契約を獲得するはるかに良いチャンスに立ちます。

たとえば、無菌室の床の補修(コンピューター室用)など、特定の分野の専門家を配置することができます。 潜在的な顧客が社内の清掃スタッフを持っている場合でも、彼らが必要としている専門サービスを提供できる場合があります。

  • 従業員の募集と取り扱い

準備して! 離職率業界は年間200〜300パーセントです。 清掃作業を長期的なキャリアとみなす人はほとんどいないため、スタッフは多くの場合、トランジェント(学生またはパートタイマー)で構成されます。 より良い機会が訪れたときはいつでも彼らはあなたのために働くのをやめます。 問題ではなく事実としてこの条件を受け入れ、関係するパラメーター内で作業できる場合、管理業務を成功させることができます。

新しいクライアントを探すのと同じくらい、またはそれ以上の労力を新しい従業員の採用に費やす必要があるでしょう。 雇用されて一定期間滞在する友人や親relativeを推薦する場合、従業員に金銭的インセンティブを提供することができます。 州の雇用機関も潜在的な従業員の良い情報源になるかもしれません。

この問題のため、おそらく多くのクリーニング契約を取得することになります。 クライアントは高い離職率に対処できなかったため、この頭痛に対処するためにあなたを雇うことにしました。 そうする能力はあなたの成功の大きな要因になります。

より高い賃金を支払い、昇進のための訓練をすれば、一部の人々をより長い期間保持することができるかもしれません。 おそらく、遠隔地への交通手段を提供したり、自宅から長距離通勤している従業員に旅行手当を与えることができます。 認知と賞賛は、障害のある労働者や高齢労働者を維持するための要因でもあります。

従業員をチームで派遣すると、タスクと場所を入れ替えることで、単調さの一部を軽減できる場合があります。 しかし、準備してください! この業界の従業員にコミットメントを維持させることは、従業員を見つけることよりもさらに困難です。 売上高は、清掃サービス業界では厳しい寒い事実です。

  • 事業運営

技術の進歩により、クリーニング業界は劇的な変化を遂げています。 日本の工場ではすでに床を掃除するためにロボットを使用しており、病院は手術室を消毒するために蒸気ジェットを使用しています(この技術は洗面所を洗うために使用できます)。

しかし、これらの変更は近い将来に現れず、新しい清掃サービスのための十分な時間とスペースがあります。 袖をまくり、肘のグリースを塗ります。これらのサービスには市場があり、常に成長しています。

清掃サービス事業またはオフィス清掃事業の開始方法に関する追加情報、 ライセンス、許可、事業の法的構造、税、保険、重要な産業分析、ビジネスレター、契約書、その他すべてについては、専門家にご相談ください始める必要があります。