ジムハウスの開始–ライセンス、許可、保険

ジムハウスを始めるために必要な法的要件を知りたいですか? はいの場合、ジムハウスのライセンス、許可、保険のチェックリストがあります。

以下を提供しました:

  • フィットネス業界の概要
  • 市場調査と実現可能性
  • ジム事業計画
  • フィットネスセンターマーケティングプラン
  • ジムのビジネス名のアイデア
  • ジムの免許と許可
  • ジムを始める費用
  • ジムハウスマーケティングのアイデア

保険の適用や知的財産の保護など、ジムの運営ライセンスを取得して許可するために必要なものを検討します。

ジムハウスの開始–ライセンス、許可、保険

  • ジムのビジネスを始めるには専門資格が必要ですか?

ジムが物理的なトレーナーに求める資格はさまざまです。 ほぼすべての物理的トレーナーは、運動能力があり、体にフィットし、解剖学と健康的な運動習慣に関する十分な知識を持っていることが期待されます。 健康または生物学の学歴が必要になる場合があります。 優れたフィジカルトレーナーは、フレンドリーでオープンで、さまざまなクライアントに好意的です。

パーソナルトレーナーは、さまざまな民間機関から認定を取得できます。 ただし、これらの機関で使用される標準は、厳密さの点で大きく異なる可能性があります。 一部の主要なフィットネスチェーンでは、これらの民間機関のいずれかによるトレーナーの認定は必要ありません。

ジム事業を開始するために必要な法的文書のリスト

政府にビジネスを登録します。 法律は州によって異なります。 地元の商務省とライセンス省に相談して、ビジネスを確立するために必要なフォームを受け取り、ジムビジネスを行うためのライセンスが必要かどうかを確認してください。

雇用主識別番号(EIN)を申請することにより、連邦政府にあなたのビジネスを通知できます。 自分用のビジネス名を作成して、「Doing Business As」または「DBA」通知を提出することもできます。 これらは、アメリカ合衆国でジムのビジネスを始めたい場合に適切な基本的な法的文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • ビジネスライセンス
  • 事業計画
  • 非開示契約
  • 覚書(MoU)
  • 雇用契約書(提供書)
  • 運営契約
  • 法律による会社
  • LLCの運営契約
  • 保険証券

ジム事業に必要な最良の保険契約の選択

ジムは怪我や事故が発生する場所です。 何らかの形のビジネス保険を購入すると、ビジネスが保護されます。 ビジネス保険を専門とする代理店への紹介については、住宅所有者の保険代理店にお問い合わせください。 訴訟または和解の場合にビジネス資産を保護するために、一般賠償責任、従業員を雇用する場合の労災補償、製品保険または在宅ビジネス保険などのビジネス保険を購入します。

労災保険は、仕事中の従業員の事故や怪我を対象としています。 保証金の購入も必要になる場合があります。 保証債は、事業主と顧客の間の誠実な関係を促進するのに役立ちます。 訴訟または和解の場合、州は法定費用の支払いに債券を使用する場合があります。

知的財産の保護と商標の取得

あなた自身のジムを始めることを検討しているなら、知的財産保護の申請を検討すべきです。 会社の知的財産保護の申請は、会社のロゴやその他の文書に限定されるだけでなく、もちろん会社の名前も保護します。

知的財産保護を申請し、米国で商標を登録する場合は、USPTOに申請を提出することでプロセスを開始することが期待されます。 商標の最終承認は、USPTOの要求に応じて弁護士の審査の対象となります。