保育の開始-ライセンス、許可、保険

デイケア事業を始めるために必要な法的要件を知りたいですか? 「はい」の場合、保育所の免許、許可証、保険のチェックリストがあります。

以下を提供しました:

  1. デイケア業界の概要
  2. 市場調査と実現可能性
  3. デイケア事業計画
  4. デイケア名のアイデア
  5. デイケアライセンスと許可
  6. デイケアマーケティングプラン
  7. 保育の開始費用
  8. 保育マーケティングのアイデア

保険の適用や知的財産保護など、営業許可を取得し、デイケア事業の許可を得るために必要なものを検討します。

したがって、子供と恋をするというハードルを調整した場合、あなた自身のデイケア事業を始めることは賢いビジネス選択かもしれません。 それがあなたの心のフロントバーナーにあったように、この願いや願望を持つことは、必要なすべてではありません。

実際のところ、取り組まなければならない法的必需品があります。 さらに、新進のデイケア起業家としての旅を始める際に役立つ包括的なビジネスプランを作成する必要があるという点です。

保育の開始-ライセンス、許可、保険

  • 保育所を運営するために必要な法的文書のリスト

法的根拠のすべての作業を行わずに、誰もビジネスミッションに着手することはできません。 これは非常に重要です。 これは、もしあなたが望んでいると思われるならば、あなたがあなたのビジネスを取り締まりたいかもしれない国の多くのビジネス関係者のtrapに陥らないようにするためです。

  1. 定款の証明書
  2. デイケア/チャイルドケアライセンス
  3. 事業計画
  4. 非開示契約
  5. 雇用契約書( 印刷機/出版社のある書籍販売クラブへのオファーレター
  6. LLCの営業契約(セールスブッククラブに適しています)
  7. 保険証券
  8. グランドルール/会員ポリシー文書
  9. デイケア契約書
  10. 州の健康許可
  11. 子育て許可

デイケア事業を営むには専門家の資格が必要ですか?

先に述べたように、あなたが競争相手よりも成長する可能性のある強みまたは物事の1つは、認定された児童心理学者であるときです。 何でこれが大切ですか? さて 、これは重要です。なぜなら、より深いレベルで子供たちと関係を築くことができる必要があるからです。

これは、必ずしもすべての従業員も児童心理学者でなければならないという意味ではありません。 もしそうなら、それで結構です。 そうでない場合は、先見者として、適切な認定を取得することが必要です。

デイケアライセンスを迅速に取得する15の簡単な手順

  1. 申請する在宅デイケアライセンスの種類を決定する
  2. 申請書に正確に記入し、必要に応じてすべての関連文書のコピーを添付してください
  3. 適切な部門の承認を得て、きちんとした施設を確保する
  4. デイケアに使用する予定の施設が騒がしいエリアにないことを確認してください
  5. デイケア管理に関するトレーニングに参加し、関連する認定を取得する
  6. 少なくともスタッフの一部として看護師を雇う
  7. デイケアセンターの適切な保険契約を購入する
  8. 政府に託児所を登録し、納税者の​​IDを取得する
  9. 家族および保護サービス部門の適切なウェブサイトを通じて登録プロセスを完了します
  10. 申請する在宅保育免許の種類に関連する費用を支払う
  11. 家族保護サービス局からの連絡を待つ
  12. 民間企業からのガス漏れテスト、火災および衛生検査のスケジュール
  13. 従業員の一貫したトレーニングの準備
  14. 銀行口座で必要なスタートアップ資本を超えていることを確認してください
  15. コミュニティの著名な親からできるだけ多くの推奨事項を取得する

デイケア事業に最適な保険契約

適切な保険契約を結んでデイケア事業を始めることは非常に重要です。 保険ブローカーに相談して、購入する適切な保険契約についてアドバイスしてください。 反対に、ここでの情報を使用して適切な保険を購入することを決定できます。

アメリカ合衆国でデイケア事業を始めたい場合、購入を検討すべき基本的な保険の一部を以下に示します。

  • 損害保険
  • 健康保険
  • 損害賠償保険
  • 労災補償
  • 間接費障害保険
  • 事業主の保険グループ保険