宅配便事業の開始-ビジネス計画テンプレートのサンプル

宅配便事業を始めることに興味がありますか? サンプルの宅配便事業計画テンプレートが必要ですか? 次に、最初から宅配便事業を開始する方法に関する詳細なガイドを示します。

現在、宅配便サービスが何であるか、または略しているかを知らない人にとって、宅配便サービスとは、有料で荷物をある場所から別の場所に移動する事業会社です。 UPS、FEDEX、DHL、ABC Courierなど宅配便だけでなくフルタイムの運送および物流に至るまでになった人気の宅配便ブランド

宅配便事業を開くことは有利な機会になる可能性がありますが、考慮すべき考慮事項とロジスティクスを考慮する実用的なものがありますが、それらを見落とす傾向があります。 時間を無駄にすることなく、成功した宅配会社を設立するための手順を以下に示します。

宅配便事業の開始-ビジネス計画テンプレートのサンプル

1.事業計画を準備する

一般的に( Business Center Association )として知られる地元のスモールビジネスアソシエーションから利用可能なガイドラインに従って包括的なビジネスプランを作成し、財務管理の詳細に特に注意を払ってください。

2.配達する小包の種類を決定する

宅配便事業を開始するための次のステップは、サービスを封筒と小さなパッケージまたは大きな貨物に限定するかどうかを決定することです。 当然、あなたの決定はあなたの貯蔵および輸送車両の容量に依存します。 医療用化学薬品や工業用化学薬品などのデリケートな貨物を配送しますか? はいの場合、あなたとあなたの乗組員は、そのような物質の取り扱いと運搬に関する知識が必要です。

また、生鮮品の配送を選択することもできます。 ただし、この貨物は常に時間に敏感であるため、人的資源と輸送は適切でなければなりません。 あなたのユニットを有名にする必要があります。

多種多様な貨物を配達する能力は、獲得する可能性を高めます。 ただし、より多くの初期資本を使用することを期待する必要があります。 たとえば、腐りやすい商品を届けるには、冷蔵トラックに投資する必要があるかもしれません。

3.到達圏の範囲を決定します

つまり、小包の仕向地の制限を定義する必要があります。 あなたは、配達しようとしている地球を決定し、マークしなければなりません。 また、サービスが州または国内に限定されるかどうかを決定します。 海岸から海岸への配達を処理できるかどうかを確認します。

国際的に配信するためのリソースとネットワークがあるかどうかを確認します。 同じルールがすべてに当てはまることに留意してください。 地理的範囲が広いほど、開始に投資する必要がある金額が大きくなることに注意してください。

4.配達ごとの料金を決定する

価格設定ポリシーを確立し、読みやすい形式で印刷する必要があります。 価格表を設定する際に、考慮すべきいくつかの要素があります。 最初に検討するのは、たとえばポイントAからBまでの間に消費されるガソリンの量と燃費です。

2番目の要因は、特定のエリアに配達される小包の数です。 3番目は、配達がポイントAからBへのシナリオであるかどうか、またはポイントBからAへの配達を受け入れることができるかどうかを検討する必要があります。

最後に、上記の要因は全体像のほんの一部です。 自分で宅配便サービスを開始し、この経験を積むことに真剣な場合は、業界で実際の経験を積む必要があることに注意してください。宅配便会社で働くことがこれを達成する唯一の手段です。 宅配会社で働くことで、システムの仕組みを「感じる」ことができます。

5.ビジネスアドバイザーと会う

順調なスタートを切るには、宅配業者に精通している弁護士に相談して、地域のゾーニング法などのアドバイスを提供する必要があります。これは、自宅から事業を行う場合に特に重要です。

宅配サービス事業に精通している会計士に連絡して、ビジネスの実績、納税申告、従業員と独立請負業者の長所と短所、および設定と会計システムの設定方法を維持および維持する方法について助言を与える必要があります。

宅配サービス事業に精通している保険の専門家に相談して、オフィスの適切な事業保険を取得する方法と、その内容、商用車の補償、労災保険(必要な場合)、貨物保険と健康保険。

6.必要なビジネス許可を取得する

同様に必要なビジネス許可を取得する必要があり、ビジネスと車両のライセンスを取得する必要があります。 会社を組み込むことの長所と短所について話し合います。

7.必要な機器を入手する

宅配業者のビジネスを開始するために必要な材料アイテムは、以下のリストに記載されています。 あなたは必ずしもこれらのアイテムで自分自身を制限する必要はありませんが、良い宅配業者は確かにそれらを必要とします:

  • 乗り物

配送サービスでは、輸送が非常に重要です。 あなたが大きなアイテムとパッケージを配達することを計画しているなら、屋根付きトラックへの投資はあなたの最初のステップです。 あなたがまだ宅配便事業のロープを学んでいるならば、あなたがすでにガレージに持っているもので働き、あなたの現在の車に都合よく合うアイテムを届けることが最善です。

また、顧客が請求書を支払う前に、数週間分のガス費用を賄うためのリソースがあることも確認する必要があります。 また、ビジネスの使用も対象とする必要があるため、車両の保険をお見逃しなく。 保険会社を選択する前に、あなたとあなたの保険会社が起こりうる不測の事態を経済的に処理できるかどうかを知る必要があります。

  • GPSシステムと携帯電話

GPSシステムも不可欠です。 今日、多くの携帯電話にその機能があり、配達中に確実に案内します。 対象地域の道路地図を購入する必要があります。 地図は本の形でも入手でき、ほぼすべての書店で購入できます。 GPSを使用している場合でも、特にGPSが誤動作している場合、マップは非常に貴重です。

携帯電話も重要です。道路やその他の場所で顧客に連絡できるほか、潜在的なクライアントがどこにいても連絡できるようにするためです。 同様に、多くの地域で携帯電話で運転中に話すことは違法であることを念頭に置いて、あなた、あなたの顧客、あなたのドライバーの間で通信システムを確立する必要があります。

  • コンピューターとプリンター

宅配便事業のために、請求書、税務記録、その他の重要な書類を印刷する必要があります。 また、顧客と取引したビジネスのデータベースも必要になります。 これらは、宅配便事業を開始する際に必要なものの一部です。

8.宅配業者のマーケティングと宣伝

あなたの会社名が印刷されたTシャツと野球帽を購入してください。 これにより、よりプロフェッショナルな外観が得られます。 色を選択し、その色をビジネス全体で考えられるすべての機器で使用します。これには、パーソナライズされたインクペン、クリップボード、ノートブック、ビジネスの拡大に伴う車両などが含まれます。 貿易紙、地元の新聞に広告を掲載し、チラシを地元企業に手渡しまたは郵送して、宅配サービス事業を宣伝する必要があります。

宅配便事業を開始する方法-ビジネス計画テンプレートのサンプル

9.宅配便事業を運営する

この段階で、宅配便事業を開始および実行する準備が整いました。 そこで、あなたを助けるためのいくつかの追加のヒントがあります。 徹底的なオーバーホールを行うには、車両を整備士に持って行く必要があります。

事業を開始するとすぐに車両を故障させたくないという事実のために、整備を徹底するために整備士に持って行く必要があり、予備の車両をスタンバイにすることを検討する必要があります。 車両の磁気標識を注文してください。 車両の各玄関に1つずつ必要になるため、注文する必要があります。

1枚のクレジットカードをすべての事業費に充てることを検討してください。 アカウントを調整し、税金を支払う時が来れば、会計士にとって簡単になります。 また、ビジネスの走行距離と個人の走行距離を厳密に記録または追跡します。 個人的な問題のマイレージは、明らかに税控除対象ではありません。

結論として、宅配便ビジネスを成功裏に開始したい場合、あなたの性格が別の非常に重要な要素であることを知っておくことが重要です。 顧客サービス指向である必要があります。つまり、親しみやすく、温かく、思いやりがあり、親切です。 顧客の信頼を築くには、質の高いサービスと、もちろん顧客との良好な関係を確立することが必要です。

他の多くのビジネスと同様に、宅配サービス事業を運営するには、多くの忍耐と決意が必要です。 多くの損失を予想しますが、適切な管理と適切な接続があれば、間違いなくさらに多くの利益を得ることができます。