クリーニング事業の開始–市場需要評価

第2章 -:これは、「クリーニングビジネスを開始するための完全なガイド」の第2章です。クリーニング業界の主要なプレーヤーによって定められたいくつかの基準の結果、いくつかの興味深い事実が明らかになりました。 したがって、あなたがクリーニング業界のプレーヤーである場合、業界の事実と統計を知ることが重要です。 これにより、ビジネスの成長を計画および予測できます。 統計は単なる数字ではありません。 彼らは、企業が目標を達成するために自らを配置するのを支援する上で主要な役割を果たします。

あらゆる業界でビジネスを開始したい場合に取るアプローチは、まずビジネスを構築しようとしている業界の事実と統計を調査することです。 要するに、実現可能性調査を実施する際に注意する必要があるのは、業界で利用可能なすべての事実と統計を収集し、それらを活用してビジネス目標を達成する方法を計画することです。 場合によっては、足を引っ張る恐ろしい統計が表示される場合がありますが、起業家がビジネスの成功から利益を得ているという事実を排除するものではありません。

クリーニング業界についての1つのことは、クライアントの調達方法と操作方法が世界のほとんどの国でほぼ同様であることです。 したがって、本質的に、この記事で説明する統計と事実は、世界のすべての大陸のクリーニング業界に適用できます。

クリーニング事業の実現可能性調査

クリーニング業界が非常に大きな競争を生み出しているという事実は、あなたにとって負担であり恩恵でもあります。 業界で生き残り、新興企業のライバルと競い合い、徐々にランクを上げて大規模なクリーニング会社と真っ向から向かい合うという大きなプレッシャーにさらされるという意味で、それは負担です。 競争が激しいほど、報酬が大きくなるため、これは恩恵です。

この業界が非常に競争力があるという事実に驚くことはほとんどないはずです。 多くの人々は、家やオフィスを掃除するために多額のお金を払おうとしています。 すべては、仕事を成し遂げるために他の人を必要とする人々の考えに戻っています。 これが、サービス部門が何十年もの間急速に上昇している理由です。

清掃サービスは、オフィスやワークステーションを清掃するために外部の会社を雇うことは、清掃のためだけに社内スタッフを雇うよりもはるかに安価な代替手段であることをすぐに学んだほとんどの企業に費用効果の高いソリューションを提供します 社内のスタッフは給与と福利厚生を要求しますが、清掃サービスは比較的安いサービス料金ですべての作業を効率的に行います。 したがって、現在の経済では、清掃サービスに対する大きな市場需要があります。

クリーニング事業を始める前に考慮すべきいくつかの要因

クリーニング業界に足を踏み入れたい野心的な起業家としてのあなたの仕事は、クリーニングビジネス市場について完全かつ明確な理解を得ることにあります。 この分野への旅を始める前に、この分野に関する宿題をするのにかなりの時間を費やす必要があります。 長所と短所とともに、ビジネスの内と外を知る必要があります。 そうしてはじめて、あなたは自分の道を行く挑戦に完全に取り組む準備ができます。

清掃事業に対する市場の需要は、州内のすべての都市で均一ではありません。 時には、それらはある地域から他の地域に大きく変化することがあります。 たとえば、商業ビルが密集している場所は、居住者が清掃サービスを提供するだけの財政的能力を持たない大学寮や小さな住宅用アパートのある場所よりも、清掃サービスに対する需要が確実に高くなります。 需要が集中しているエリアとそうでないエリアを把握することは、市場調査の主要な側面にすぎません。

市場調査中に次に考慮しなければならない最も重要な要素は、ビジネスの基盤となる専門分野です。 クリーニングサービスには、ターゲットにできる2つの主要な市場があります。

  • 住宅清掃サービス
  • 商業清掃サービス

企業/商業用クリーニングの取引の詳細 商業清掃会社の清掃契約の主要かつ最大のソースは、企業のオフィスです。 実際、オフィスビルは、商業清掃会社が利用できる契約の約31%を占めています。 商業施設が清掃会社のサービスを必要とする理由はすでに議論されています。

住宅はどうですか? ホームクリーニングの取り引きは最低を支払います。 ホームクリーニング契約は、病院のクリーニング、オフィスのクリーニング、工場のクリーニングの取引と比較した場合に最も安く支払われます。 それが、ほとんどの清掃機関が常に企業の清掃契約を対象とする理由です。 市内には、忙しくて定期的に家の世話をすることができない人々を収容する住宅団地がたくさんあります。 したがって、これらの人々は自分の家がほこり、クモの巣、不気味なクローラーでいっぱいのダンジョンにならないように清掃会社に呼びかけます。 住宅市場を目指している場合、最新技術を提供することを選択できます。

  • メイドサービス
  • 窓掃除
  • カーペットクリーニング
  • ガレージクリーニング
  • 地下室清掃
  • 屋上清掃
  • 側溝清掃
  • プール清掃
  • 抵当流れ特性のクリーニング
  • 水の損傷/漏れの洗浄
  • 煙ダメージ洗浄
  • 差し押さえ洗浄

そしてもちろん、最後になりましたが、少なくとも工事現場の清掃。 商業用クリーニングを使用すると、居住者が必要としない清掃サービスと駐車場クリーニングサービスを提供できます。

ニッチを見つけて専門分野を決定したら、市場調査でより直接的なアプローチを取ることができます。 たとえば、商業施設に清掃サービスを提供することに決めた場合、同様のサービスを提供するすべての清掃会社の記録を掘り下げて、最近の暦年でどれだけうまくいったかを調べることができます。 それらの数が印象的であり、ビジネスのスタイルがあなたのビジネス哲学に沿っている場合、商業ビルの清掃サービスに特化する決定を確定することもできます。

あなたのビジネスが商業クライアントに対応するか、それとも住宅クライアントに対応するかは、完全にあなた次第です。 間違った選択を行うと、事業を開始した後にビジネスに重大な悪影響を与えるため、決断を急がせないでください。 十分な情報に基づいて選択してください。 必要に応じて、あなたは常に勇敢であり、両方のセクターのクライアントにケータリングのオプションに頼ることができます。

両方の市場をうまく掘り下げることができれば、特定の分野にこだわっていた場合よりも多くの顧客を引き寄せる可能性が高くなります。 そうは言っても、両方の市場に集中することは非常に忙しいので、噛むことができる以上に噛まないようにしてください。

クリーニングビジネスを始めるときに期待する10の課題

独自の課題を公平に抱えていないビジネスはほとんどありません。 したがって、クリーニングビジネスを運営しても、クリーニングビジネスに固有の課題に直面することはありません。 ビジネスの課題と障害についての良い点は、それらを克服するほど、ビジネスで達成できる成功率が高くなることです。

あなたが持っているビジネスの写真がすべて滑らかな帆に関するものであるなら、あなたはそれを忘れる必要があります。なぜなら、あなたがあなたが1つの挑戦または他に直面されないことを始めることができるビジネスがないからです。 たとえ事業計画や戦略を完成させたとしても、一度実行すると、事業の現実が現れます。

ほとんどの国のクリーニング業界は飽和状態にある傾向があるという事実は別として、あなたが望む限りクライアントを維持しようとするなら、定期的な間隔でサービスをアップする必要があります。 清掃会社として提供するサービスの質が低下した場合、顧客が後退する可能性のある多くのオプションがあるため、顧客を失う可能性があります。 次に、クリーニングビジネスを運営する上での10の課題をすばやく考えてみましょう。

1.厳しい競争

自分のビジネスを始めようとする起業家の多くは、技術的ではないビジネスを始めることを好むでしょう。 過度のプレッシャーにさらされないビジネスとクリーニングビジネスはそのようなビジネスの1つです。 市内の企業清掃会社の数を数えると、かなりの数があるため、競争が激化していることがわかります。 組織は、満足しなくなったら、雇っている清掃会社を辞任し、他の清掃会社に遅滞なく仕事を任せることができます。

2.サービス提供の継続的な改善

企業のクリーニング企業が直面する課題の1つは、サービス提供の継続的な改善を確保するという課題です。 あなたが企業の清掃業を営んでいて、あなたが彼らの清掃を処理している少数のクライアントを持っているなら、あなたはつま先に常にいることが期待されます、さもなければあなたは組織によって落とされます。

3.アドの管理–臨時スタッフまたは派遣スタッフ

世界中の企業クリーニング会社に固有のもう1つの課題は、アドホックまたは臨時スタッフの管理という課題です。 真実は、クリーニング業界の性質上、クリーニング契約を処理する予定の期間内に従業員を雇用することが必要であるということです。 したがって、ほとんどの従業員は臨時/臨時です。 一時的なスタッフやアドホックスタッフを管理するのは難しいことは間違いありません。誰でも好きなときに辞任することも、通知なしに退職することもできます。 。

4.初心者として市場に浸透することの難しさ

クリーニング業界の初心者である場合、直面する主な課題の1つは、市場に浸透するという課題です。 実際、大企業のクリーニング契約を勝ち取るには、小さな組織で歯を切る必要があります。 大企業は、始めたばかりの企業の清掃会社に清掃を依頼したいとは思わないでしょう。

5.有能な従業員の募集

企業のクリーニング企業が直面する別の課題は、有能な従業員を募集するという課題です。 真実は、清掃の仕事に応募する人のほとんどは、熟練していない人です。 身体と魂を動かし続けるために仕事が必要な人。 有能なクリーナーを募集することは困難です。 あなたの街で最高のクリーナーを募集したい場合、あなたはあなたの競合他社よりも喜んで支払う必要があります。

6.クリーナーを適切に訓練する機会

クリーナーは、短時間の通知で、または予告なしにクリーニング会社を去るという事実により、彼らが訓練されるべき方法で彼らを訓練することに投資することは難しくなります。 ほとんどの企業の清掃会社はこの課題に直面しているので、清掃業者が始められるようにする基本的なトレーニング/導入プログラムで間に合わせる必要があります。

7.職場での事故

清掃の仕事に就く人のほとんどは熟練していないか、教育資格を持っているため、職場での安全を保証するために設けられている基本的な健康と安全のヒントを無視する傾向があります。 清掃作業中に清掃者の安全を確保するために設置されている健康と安全のヒントとは別に、清掃を行う清掃者を割り当てる前に、一部の清掃機器/機械および化学物質を利用する能力を考慮する必要がありますあなたが発生する可能性のある予防可能な事故を記録したくない場合は仕事。

8.クリーナーからのコミットメントと献身

企業の清掃会社が直面するもう1つの課題は、給与支払いに専任の専任の清掃員を置くという課題です。 クリーナーが十分に支払われていないという事実は、彼らのほとんどを彼らの仕事に専念させることを難しくしています。

9.品質管理

企業の清掃会社を経営している場合、直面する課題の1つは、レンダリングするサービスの品質が低下しないようにすることです。 クライアントに提供するサービスの品質が急落すると、契約を失う可能性があります。 そのため、組織が提供するサービスの品質が、サービスを提供している組織の期待を下回らないようにするために、品質管理責任者が仕事をしていることを確認する必要があります。

10.従業員による化学物質の取り扱い-:最後に、企業の清掃会社が直面する別の課題は、洗浄薬品の取り扱いの課題です。 洗浄剤が化学物質の取り扱い方法について適切に訓練されていない場合、危険にさらされます。