お金を使わずに自宅からカーペットクリーニングビジネスを始める

自宅からカーペットクリーニング会社を始めることに興味がありますか? はいの場合、ここではお金も経験もなしにカーペットクリーニングビジネスを始めるための完全なガイドがあります

それでは、カーペットクリーニングのビジネスプランテンプレートの詳細なサンプルを提供しました。 また、カーペットクリーニングビジネス向けの実用的なゲリラマーケティングアイデアに裏付けられた、カーペットクリーニングサービスマーケティングプランのサンプルを分析および作成しました。 この記事では、カーペットクリーニングビジネスを開始するためのすべての要件を検討します。 起業家の帽子をかぶって先に進みましょう。

カーペットクリーニングビジネスを始める理由

60年代以降に建設されたほとんどすべての住宅およびオフィスビルには、壁一面のカーペットが敷かれています。 交換費用とこれまでの世界経済の周期的低迷により、これらの住宅所有者は、特にカーペットの場合、すでに所有しているものを長持ちさせたいと考えています。これはかなりの投資です。 今日世界に存在するこの非常に重要な条件は、カーペットクリーニング業界を大富豪の生産を誇る巨大なものにしているだけでなく、起業家としてのあなたの成功を実際に保証しています。

既存の世界人口は、50年以上前に使用するよりも忙しくなり、占有されているため、日曜大工プロジェクトをすべて処理する時間がありません。 彼らは特別な機器を必要とする雑用を後日まで延期しました。 これは特に、カーペットのクリーニングに当てはまります。なぜなら、彼らは仕事の失敗を恐れているからです。 したがって、彼らは彼らのためにこの種の仕事をするために専門家または専門家としてあなたにお金を払うことを望んでいます。

どこでも人々はこれらの仕事を自分でDIYとして扱うことでお金を節約しようとしますが。 しかし、人々への共感、およびこの傾向の理解は、警鐘を鳴らす原因にも、カーペット洗浄ビジネスの成功を妨げるものにもならないはずです。

ほとんどの企業は、毎日数時間後に清掃員や清掃サービスを利用してカーペットを掃除機で掃除し、その後、専門家のカーペットクリーナーが週に数回カーペットを深く掃除し、春または秋ごとに深く掃除することを望んでいますある種の家計の交通量と予算。 これにより、多くの個人や企業に必要なサービスを実行するために、カーペットクリーニング企業のサービスに対する大きな需要が生まれます。

汚れた見た目と臭いのあるカーペットに対処することはできません。これは、クリーニングの必要が生じたときの基本的な必需品としてのカーペットクリーニングビジネスです。 カーペットクリーニングビジネスは、人々がやりたくない仕事を生み出す収益性の高い産業です。 これは、人々がもはやもう時間がない仕事のための有利な市場でもあります。 したがって、清潔さと汚れのない敷物に自信と好みがあれば、カーペットクリーニングビジネスはあなたが冒険するのに最適なものかもしれません。

カーペットクリーニングビジネスを始めるには何が必要ですか?

カーペットクリーニングビジネスは、プロタイプのディープクリーニングカーペットクリーナーを操作するために特別な教育、正式な教育、スキル、または経験を必要としないのは当然です。 しかし、あなたの最初の仕事から、あなたはあなたの分野で徹底的に経験した専門家のイメージを投影すべきです。 この記事の目的は、このビジネスを開始する方法を示すことであり、1営業日あたり200〜300ドル以上を稼ぐことです。

お金を使わずに自宅からカーペットクリーニングビジネスを始める–完全ガイド

  • 業界の概要

この業界には、住宅および商業顧客向けのラグ、カーペット、室内装飾品を清掃する施設が含まれます。 業界の企業は、他のさまざまなサービスも提供しています。 使用済みの敷物の染色、損傷修復サービス、換気ダクトの清掃、その他の清掃サービスが含まれます。

  • カーペットクリーニング事業に関する興味深い統計

平均して、カーペットクリーニング会社は1平方フィートあたり30セントを請求し、一般に1時間あたり80〜100ドルを稼ぐことを目指しています。 米国労働統計局が発行する職業展望ハンドブックによると、家庭や企業の清掃業務に対する需要は2016年まで上昇すると予想されています。

2016年までの5年間で、カーペットクリーニング業界の収益は、世帯形成率の伸びが業界オペレーターの利用可能な顧客基盤を拡大したため、緩やかに増加すると予想されます。 今後数年間で、1人当たりの可処分所得の増加は、通常1〜2年ごとに実行されるカーペットクリーニングサービスに費やす消費者の傾向を高めるため、業界にプラスの影響を与えます。 雇用率の改善が予想されるため、より多くの消費者が自分のユニットを購入できるようになるため、世帯形成率も上昇すると予想されます。

カーペットクリーニング業界の市場占有率は低レベルです。 2016年、業界の上位3社のフランチャイズ収益の合計は、業界収益の10.0%未満を生み出しました。 業界の平均的な企業は、1〜2人の従業員を雇用しています。

米国国勢調査局からの最新の情報によると、フランチャイジーは業界の推定18.0%を占めています。 IBISの世界が提供する調査データでは、カーペットクリーニング業界は現在40億ドルの価値があり、2011年から2016年の間に1.9%の成長が見込まれています。また、この業界は現在約38、384のビジネスで構成されています69、148人の雇用。

米国労働統計局が発行する職業展望ハンドブックによると、カーペットのクリーニングの必要性は2016年までに約14%上昇します。需要と75ドルから150ドルの時間給に加えて、カーペットクリーニングビジネスは簡単に開始されます。そして維持されます。 ビジネスの専門家やビジネス調査会社によると、カーペットクリーニングは追求すべきトップ10のビジネスの1つとして認識されています。 そして、難しい事実に直面しましょう:カーペットは決してスタイルを失いません。 したがって、これは不況の可能性です!

米国には少なくとも9, 000のカーペットクリーニング会社があり、年間22, 313ドルから33, 835ドルの範囲です。 企業は中小企業に支配されています。 業界は中小企業に支配されており、この分野の企業はそれぞれ平均5人を雇用しており、カーペットクリーニング企業の77%が1-4人の従業員を雇用し、23%が5人以上の従業員を雇用しています。 また、カーペットクリーニング業界の労働者はわずか19.3%であるのに対し、80.7%には従業員がまったくいないため、ほとんどのカーペットクリーニング会社は1人の男性ショーであることに注意することも重要です。

カーペットクリーニング事業の開始–市場調査と実現可能性

  • 人口統計学および心理学

カーペットクリーナーのサービスを必要とする人々の人口統計学的および心理学的な要素は、公共部門、組織化された民間部門、および社会のさまざまな層およびあらゆる層の人々に広がっていますが、最も重要なことは、誰もが彼らを掃除する必要があることです収入レベルに関係なくカーペット。 しかし、住宅や公共の場所は、他の場所よりも頻繁にそれを必要とします。 以下は、カーペットクリーニング会社を必要とする人々と組織のリストです。

  • 公共部門; 政府省庁、機関および準州。
  • 組織化された民間部門
  • 飲食店
  • ホテルとモーテル
  • 住宅地
  • 宗教施設
  • 倉庫
  • 小売店
  • 教育施設
  • ラウンジ
  • カジノ
  • 医療施設
  • バー

カーペットクリーニング業界内のニッチなアイデアのリスト

カーペットクリーニング業界は、クリーニングサービスに関連するニッチであるため、それほど大きくはありませんが、検討できる分野にはまだ専門分野があります。 これは、カーペットクリーニングビジネスに参入する際に、以下のニッチエリアの1つ以上を以下に挙げることを検討する必要があることを意味します。

  1. 商用カーペットクリーニング
  2. 住宅用カーペットのクリーニング
  3. 汚れ除去サービス
  4. カーペット脱臭
  5. 水の回復
  6. カーペットの修復
  7. カーペット修理

カーペットクリーニング業界の競争レベル

常に競争があります。 それのいくつかはあなたにとって良いでしょう、そしてそれのいくつかはあなたにとって悪いでしょう。 人生の一部としてそれを受け入れます。 あなたがより良い仕事をすることができると感じるので、あなたがビジネスにいることを心に留めておいてください。 より効率的に行うことができます。 そして、顧客に対して他の誰よりも大きな満足感でそれを行うことができます。 競争に注意してください。しかし、心配する必要はありません。 自分のビジネスプランに固執するだけで大​​丈夫です

カーペットクリーニング業界の有名ブランドのリスト

すべての業界で、成功のレベルとより広いリーチの点で他の人を追い越した人がいます。 クリーニング事業では、ケースは同じです。 業界で有名なブランドのリストを以下に示します。

  1. ケムドライ
  2. 全国のカーペットクリーニング
  3. USAマスタークリーン
  4. シアーズ
  5. コイト
  6. スタンリー・スティーマー
  7. ServPro
  8. カーペットクリーニングプロ
  9. 天国のベスト
  10. グリーンチョイス
  11. オキシフレッシュ

経済分析

カーペットクリーニングビジネスは、入るのにそれほど高価ではありません。 必要な機器、保険、および備品が揃ったら、準備は万端です。 難しい部分は、ビジネスを太らせることです。 最近では、ここ数年で非常に多くの人々が職を失い、多くの人々が自分でビジネスを始めているという事実のために、どんな小さなビジネスでも非常に競争が激しくなります。 あなたが一生懸命に働き、良い仕事をすれば、ビジネスはあなたの道に来ます。

カーペットクリーニングビジネスの価値はゼロから始まるのか、それともフランチャイズを買うのが良いのか?

フランチャイズ事業の購入を検討する必要さえありません。 フランチャイズのかなりの費用と義務を果たすには、「独立」者が利用できる現実的な支援が多すぎます。 最初から、そして独立して、これは最も確実に低投資、低オーバーヘッドのタイプのビジネスです。

独自のカーペットクリーニングビジネスは、すべての小規模ビジネスで最も簡単に開始できるビジネスの1つです。 最初の立ち上げコストは、あなたの手の届くところにあり、利益率が最も驚異的です。 運営は簡単ですが、それでも今日の生活水準に必要と言えるものです。 すべてのビジネス評価安定性チャートで非常に高い評価を獲得しており、あなたが望む金銭的報酬をもたらすために急速に成長するビジネスです。

そのフランチャイズはあなたがあなたのビジネスを開始するときにあなたと密接に連携し、それがスムーズに実行され、収益性が特に最初に有利になるポイントにそれを取ります。 しかし、いったん確立されて財政的に安全になれば、フランチャイズ契約は決定的な不利益になることがわかるかもしれません。

カーペットクリーニングビジネスを開始する際に考えられる脅威と課題

アメリカのクリーニング業界に影響を与える多くの脅威があります。 これらの脅威は利用可能ですが、依然として適切なアプローチと適切な知識で克服できます。 したがって、カーペットクリーニング事業も例外ではありません。

これらの課題のいくつかは、非常に克服しやすいものです。

  • マーケティングの変更
  • オンライン変更
  • 雇用クリーナー
  • 政府の不確実性
  • 賃金

カーペットクリーニングビジネスの開始-法的側面

  • カーペットクリーニング事業のベスト法人

ビジネスの法人を選択することは、ビジネスが成長する規模の大きな決定要因であるため、特に長期的にビジネスを大きくすることにした場合、適切なエンティティを選択することは非常に簡単です。 多くの事業主が個人事業主として残っていますが、企業または有限責任会社(LLC)を形成する他の企業もあります。 あなたがそうするときあなたが与えられる多くの税と法的保護があります。

したがって、さまざまな種類の事業体の利点と、事業をそのような事業体にすることを検討する必要があるかどうかについて、税務または法律の専門家に確認してください。

カーペットクリーニングビジネスのためのキャッチーなビジネス名のアイデア

あなたが魅力的なものに行くことを選択した場合にのみ、あなたのカーペットクリーニングビジネス名はあなたのクリーニングビジネスの第一印象になります。 それと接触する人々を幸せにし、ひいきに喜んでくれるもの。 名前が何であれ、それは固執し、記憶に残るものでなければなりません。

常に十分な数のクライアントを引き付けることを保証できる、スタートアップの次の名前を考慮してください。

  • カーペット清掃サービスの清掃
  • あなたの行為を片付ける
  • 輝くカーペット
  • フロアカーペットクリーニングを食べる
  • カーペットクラブ
  • カーペットクリーン
  • 経済的なカーペットのクリーニング
  • クリーンステップカーペットクリーニング
  • じゅうたん
  • カーペットケアスペシャリスト
  • 足下カーペットケア
  • クリーンカーペットケアへのステップ

カーペットクリーニングビジネスのための最高の保険契約

訴訟または和解の場合にビジネス資産を保護するために、一般賠償責任、従業員を雇用する場合の労災補償、製品保険または在宅ビジネス保険などのビジネス保険を購入します。 労災保険は、仕事中の従業員の事故や怪我を対象としています。 保証金の購入も必要になる場合があります。 保証債は、事業主と顧客の間の誠実な関係を促進するのに役立ちます。 訴訟または和解の場合、州は法定費用の支払いに債券を使用する場合があります。

知的財産の保護と商標

知的財産を大幅に保護する必要があるビジネスがあります。 これは、必ずしもカーペットクリーニングビジネスの場合とは限りません。 あなた自身のカーペットクリーニング会社を開始することを検討している場合は、知的財産保護のための申請を検討する必要があります。 会社の知的財産保護の申請は、会社のロゴやその他の文書に限定されるだけでなく、もちろん会社の名前も保護します。

知的財産保護を申請し、米国で商標を登録する場合は、USPTOに申請を提出することでプロセスを開始することが期待されます。 商標の最終承認は、USPTOの要求に応じて弁護士の審査の対象となります。

カーペットクリーニングビジネスを始めるには専門家の資格が必要ですか?

合法的に運営する場合でも、ビジネスを運営するためにビジネスライセンスを取得する必要がありますが、法律上、認可および認定されたクリーナーを雇用することは法律で義務付けられていません。 ただし、ビジネス自体の全体的な市場性を高め、免許不要の競争に勝る利点を提供するクリーナー向けの全国的に認可されたライセンスと認証があります。

この業界を監督する主体は、検査機関のクリーニングおよび回復認証、またはIICRCです。 長い名前を持っていますが、カーペットクリーニング認定の専門家グループを探している場合、IICRCの承認シールは「専門家」の略です。 この研究所は、最も評判の良いビジネスを追跡しようとする際に行くものであり、国の知識の主要な本体を表しています。

カーペットクリーニングビジネスを運営するために必要な法的文書のリスト

政府にビジネスを登録します。 法律は州によって異なります。 ビジネスを確立するために必要なフォームを受け取り、簿記を行うためにライセンスが必要かどうかを知るために、地元の商務省およびライセンス省に相談してください。 雇用主識別番号(EIN)を申請することにより、連邦政府にあなたのビジネスを通知できます。 自分用のビジネス名を作成して、「Doing Business As」または「DBA」通知を提出することもできます。

これらは、アメリカ合衆国でカーペットクリーニングビジネスを開始する場合に適切なものとなることが期待される基本的な法的文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • ビジネスライセンス
  • 事業計画
  • 非開示契約
  • 覚書(MoU)
  • アポスティーユ
  • 雇用契約書(提供書)
  • 運営契約
  • 法律による会社
  • LLCの運営契約
  • 保険証券

カーペットクリーニングビジネスのビジネスプランを書く

おそらく、ビジネスプランに関する非常に多くの謙虚な話を聞いたことがあるでしょう。 その理由は、それらが特にカーペットクリーニングビジネスで非常に重要だからです。 これをビジネスのロードマップと考えてください。これは、どの段階でどこに行くべきかを示すものです。 ただし、当面は、最初の数字を見ていきましょう。

現在、カーペットクリーニングビジネスの開始を支援するビジネスプランを設定することはロケット科学ではなく、必ずしもビジネスコンサルタントの入力を必要とするわけではありません。 事業計画の鍵は、あなたがお金を費やすことになるものと、いくらになるかをリストすることです。

なぜビジネスプランを立てる必要があるのか​​疑問に思うかもしれません。 どんな種類のサービスを提供できるか既に知っています。 必要なのは、簿記ビジネスを始めるクライアントを見つけることだけです。 マーケティングを行う必要がある場合、「途中で考えます」と言うかもしれません。

ただし、最も重要な管理機能の1つは計画です。 計画を立てないと、ビジネスがどの方向に進んでいるかわからず、進捗を測定できません。 多くの小規模ビジネスは、計画が不十分なため失敗します。

検討すべきビジネスプランの項目のリストは次のとおりです。

  • 事業計画の概要
  • 管理運営計画
  • 競合分析
  • 市場分析とマーケティング計画
  • 財務計画

要約すると、ビジネスの法的構造、内部および外部管理、および競合他社と市場の分析を含める必要があります。 また、あなたの練習の財政状況を要約する必要があります。 プロのブックキーパーとして、あなたはクライアントの外部管理の一部です。 ただし、ビジネスオーナーとして、上記の外部管理者が必要です。

すでにご存じのとおり、他のプロの会計士や簿記係と競争する必要があります。 公認会計士は、監査、レビュー、税務サービスなどのさまざまなサービスを提供でき、より複雑な会計問題に対処できます。 一部のプロの会計士は、簿記やその他のサービスを提供しています。 したがって、それらのサービスを調査する必要があります。 また、いくつかの調査を行って、提供できるサービスの種類を決定する必要があります。

ターゲット市場が必要です。 さまざまな業界についての深い知識がない限り、全員をクライアントとして受け入れるべきではありません。 建設業界に精通している場合は、この分野に注目する必要があります。 この業界で外部簿記係が必要かどうかを知る必要があります。 また、付加価値サービスを提供するために、業界を分析する必要があります。

カーペットクリーニング事業を開始するための詳細なコスト分析

ガレージから小規模で開始することを選択できるため、費用は自宅またはオフィスのどちらからビジネスを開始するかによって異なります。 あなたが家から出発している場合、支払うべきオフィス賃料がないため、これはすぐにコストを削減します。

  1. アメリカ合衆国に事業を組み込むための合計料金– 750ドル。
  2. 保険、許可、ライセンスの予算– 1, 500ドル
  3. この金額は、アメリカ合衆国に十分なスペースのある適切なオフィス施設を借りるのに必要でした– 20, 000ドル。
  4. 機器の購入コスト– 5, 000ドル
  5. 車両の取得コスト-15, 000ドル
  6. 公式ウェブサイトの立ち上げ費用– 700ドル
  7. 追加費用(名刺、看板、広告、プロモーションなど)– 2, 500ドル
  8. その他-1, 000ドル
  • 小規模 -: 小規模でこのビジネスを開始するには、オフィススペースや車両をレンタルまたはリースせずに部屋から始めるには、約10, 000ドルが必要です。
  • 中規模 -運用車両を含む中間レベルのスタートアップでは、約30, 000ドルが必要になります
  • 大規模- :大規模な場合、業界の大手企業と競争する場合は、適切なオフィススペースと移動用の運用車両が必要になります。

カーペットクリーニングビジネスの資金調達

従来の資金調達以外に、資金調達に関してはさまざまな選択肢があります。 清掃事業の資金を最初から調達する方法について明確な計画を立てることが重要です。 最初から始めて、ビジネスに必要な資金を調達する方法を決定することが重要です。 あなたが採用したいと思うかもしれないある提案はここにある:

  • 独自のリソース
  • 友達と家族
  • パートナー
  • 政府プログラム

カーペットクリーニングビジネスに適した場所を選択する

今日の最もホットなビジネストレンドの1つは在宅ベースであることであり、クリーニングサービスはこのタイプのセットアップの優れた候補です。 結局のところ、すべての作業は敷地内で行われるため、顧客が施設に来ることはほとんどありません。 しかし、ホームベースのオフィスまたは商業的な場所から運営するという決定に影響を与える唯一の問題ではありません。

多くの自治体には、住宅地で発生する商業活動の性質と量を制限する条例があります。 一部の企業は、在宅ビジネスの設立を禁止しています。 他の企業はそのような企業を許可するかもしれませんが、標識、交通、従業員、商業的にマークされた車両、騒音などの問題に関して制限を設けています。 ビジネスライセンスを申請する前に、在宅ビジネスを管理する条例を確認してください。 計画を順守するよう調整する必要がある場合があります。

カーペットクリーニングビジネスの開始–技術と人材の詳細

カーペットクリーニング会社としてのあなたの人材は、あなたが操業する規模に依存します。小規模で操業する場合、あなたはビジネスを運営する人だけになりますが、拡大して中規模に進むことを選択した場合、少なくとも4つが必要になります労働者、44人を超える従業員は、大規模に事業を展開していることを意味します。

どの規模で運用したいかによって、必要な人員が決まります。また、機器の人手だけが必要な産業は労働集約的ではないことを知っておくことが重要です。

カーペットクリーニングビジネスを開始するために必要な機器とツールのリスト

短期間でビジネスを成長させ、ブームにするために必要な専門的な機器がたくさんあります。 これらのラグクリーニング機器には次のものが含まれます。

  • パワーワンドまたはブラシと、ラグから保持タンクに水を除去する抽出器を備えた自立型またはポータブルのラグクリーナー。
  • 掃除機。
  • カーペットブラシ。
  • クリーニング用の化学薬品。
  • 水貯蔵タンク。
  • 深いカーペット洗浄機。
  • 水供給用の柔軟なパイプ

これらは、開始に必要な数少ないもののほんの一部です。 時間が経つにつれて、より洗練されたトレンディな機器に投資する必要があります。

カーペットクリーニング事業に関わるサービスプロセス

プロのカーペットクリーニングサービスは、汚れたじゅうたんやカーペットに取り組む際に、幅広いクリーニング方法を使用します。 コスト、カーペットの汚れの程度、環境条件、カーペットの繊維の種類は、通常、カーペットのクリーニング方法の選択に影響します。 以下は、今日使用されている最も一般的な2つのプロフェッショナルカーペットクリーニングプロセスの利点です。

  1. スチーム洗浄

温水抽出としても知られる蒸気洗浄は、カーペットを洗浄する一般的な方法です。 この方法では、温水を沸騰するまで加熱し、圧力をかけてカーペットに注入します。 お湯が汚れを効果的にほぐし、カーペット洗浄機が水分と汚れをすぐに取り除きます。 ひどく汚れたカーペットは、しばしば洗剤の使用を必要とします。 スチームクリーナーまたはカーペット抽出器を使用すると、臭気を除去し、バクテリアやダニを殺すのに効果的です。 この方法には、乾燥時間以外の欠点はほとんどありません。

  1. カーペットシャンプー

カーペットシャンプーの使用は、プロのクリーナーが使用するオリジナルのカーペットクリーニング方法です。 このプロセスでは、泡状の化学物質がカーペットの上に分布し、電動の円形ブラシでこすられます。 この方法は、汚れがひどく、低パイルのカーペットに最適です。 抽出プロセスが含まれていないため、汚れや残留物を除去するためにカーペットを完全に掃除機で掃除する必要があります。 多くのカーペットクリーニングの専門家は、カーペットシャンプーよりも効果的なスチームクリーニングをお勧めします。

カーペットクリーニング事業の開始–マーケティング計画

カーペットクリーニング事業のマーケティングのアイデアと戦略

機器を取得する前でも、顧客が必要です。 あなたの見込み客は、お住まいの地域にカーペットがあるすべての企業と家です。 あなたの問題は、これらの見込み客に到達し、サービスの利点に感銘を与え、仕事をするためのアポイントメントを彼らに設定させることにあります。

  • カーペットクリーニングチラシを印刷する
  • 地元の新聞のカーペットクリーニングサービス広告、電話帳のイエローページ、および受信または表示した可能性のある同様のチラシを調べます。
  • 地元の新聞や雑誌の広告
  • 清掃業に関する紹介状を送る
  • 広告の手段としてソーシャルメディアを使用する

競合他社に勝つための可能な競争戦略

機器を取得する前でも、顧客が必要です。 あなたの見込み客は、お住まいの地域にカーペットがあるすべての企業と家です。 あなたの問題は、これらの見込み客に到達し、サービスの利点に感銘を与え、仕事をするためのアポイントメントを彼らに設定させることにあります。

広告代理店との契約にはおそらく時間がかかり、かなりの費用がかかります。 ただし、サイドでフリーランスの仕事をしているスタッフに連絡できる場合があります。 ただし、プロジェクトの完了に特定の日付を設定し、ジョブが終了して承認に達するまで、推定総費用の半分以下を支払うことに同意する必要があります。

次のステップでは、このチラシのオリジナルをプリンタに持ち込み、何枚でもコピーを開始します。 ほとんどのクイックプリントショップでは、最大20, 000部のコピーを印刷でき、わずかなコストで妥当な時間内に配達できます。 20, 000部を超えるコピーで開始することにした場合は、通常の商用プリンターを使用することをお勧めします。 1日中手早くプリントショップを利用する大量の商品は、数時間で商業プリントショップで処理できます。

チラシを印刷している間は、配達員(地元のブラウニーやカブスカウトの部隊)を並べる必要があります。 ここで大きな問題はありません。 電話帳で地元の本社を調べるか、軍の指導者の名前と電話番号について、適切な年齢の子供と一緒に友人または2人に電話してください。 これらの偵察部隊に、彼らがドアツードアで配る千回ごとに10ドルを支払うように手配してください。

チラシを配り始める前にもう1つ。電話に出て、アポイントメントを設定できる人がいることを確認してください。 通常、女性にこれをさせるのが最善です。 それは、発信者にあなたのサービスを確立されたビジネスと考えさせます。 これらの通話を処理するために応答サービスを支払うことができますが、妻や友人がいる場合はさらに良いでしょう。 ただし、「ライブ音声」が電話に応答することが不可欠です。 人々は留守番電話についていくつかの奇妙なアイデアを持ち、ほとんどの企業はそれらを使用しないほうがはるかに良いと感じています。

  • 顧客維持率を高める可能な方法

スキルと機器の準備ができたら、クライアントの調達を開始します。 あなたが選択したいカーペットクリーニングのカテゴリを決定することが重要です。 住宅用カーペットクリーニングと商業用カーペットクリーニングがあります。

住宅用カーペットクリーナーは家庭用のカーペットを掃除し、商業用クリーナーはオフィスや商業ビルを扱います。 住宅用カーペットクリーニングは開始が容易で、必要な機器が少ないため、商業用カーペットクリーニングに拡大する間、住宅用カーペットクリーニングから始めることをお勧めします。

ビジネスの認知度を高めるために、サービスを説明するチラシを印刷して配布できます。 また、あなたのビジネスのためにウェブサイトを開き、ブログを始めることを検討すべきです。 ビジネスWebサイトは、顧客があなたに簡単にアクセスできるようにします。

また、Facebook、LinkedIn、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアサイトにビジネスを掲載する必要があります。あなたに連絡し、あなたのサービスに従事することができる。

ブランド認知度を高め、企業アイデンティティを作成するための戦略

カーペットクリーナーとして、ほとんどの時間、クライアントの家を訪問する必要があります。 したがって、常に適切な服装と行動をしなければなりません。 あなたはクリーナーです。 だらしない、ボサボサに見えるべきではありません。

企業の評判を高め、印象を与える良い方法は、ユニフォームに投資し、常にきちんと服を着ることです。 また、従業員にユニフォームを着用させ、適切な行動を取る必要があります。 これにより、ブランドの適切なブランド化が保証されます。 また、クライアントの財産を慎重に取り扱い、すべての安全規則を遵守することを確認する必要があります。

ほとんどのクライアントはあなたが仕事中にあなたを観察していることを知っておく必要があります。クライアントが別の仕事に電話をかけたり、他の人にあなたを推薦する確率は、あなたの最初の印象とあなたの方法に依存するためです彼らの仕事を処理しました。

  • サプライヤーとディストリビューターのネットワークの作成

カーペットクリーニング会社として、あなたのニッチにいない他のクリーニング会社からの機会と紹介に目を光らせてください、あなたはあなたのパートナーシップを必要とする一般的なクリーニング会社との提携を形成することもできます。 また、銀行、礼拝所、愛用するレストランに連絡して、カーペットクリーニングのニーズに応えるチャンスを活用してください。

あなたが悪用できる別の手段は、人々があなたを知って、人々をあなたに紹介する準備ができるように、家の無料清掃を開始することです。

カーペットクリーニングビジネスを成功させるためのヒント

特定の業界またはサービスを専門とする場合、すでにロープを知っているので、時間をはるかに制御できます。 これにより、ニッチで最高の存在になることに集中し、高品質のサービスを効率的かつ有益に提供できます。 それは双方にとって好都合なシナリオです。 実際には、ビジネスは自然に成長し、変化します。 いつでも新しいサービスを試すことができます。 成長に合わせてサービス(およびクライアント)を変更することは完全に受け入れられます。

誰もが引き受けることができる最もエキサイティングなことの1つは、自分の会社を始めることであり、カーペットクリーニングビジネスを手に入れたい人にとっては、見通しは一般に明るいです。 起動して実行するのは比較的簡単で、専門的に実行すれば非常に有益です。 飛び込む前に、いくつかの重要な決定事項があります。