オンラインブティックの開始–ライセンス、許可、保険

オンライン衣料品店を始めるために必要な法的要件を知りたいですか? 「はい」の場合、ブティックライセンス、許可、保険のチェックリストがあります。

以下を提供しました:

  1. ブティック業界の概要
  2. 市場調査と実現可能性
  3. オンラインブティックビジネスプラン
  4. オンラインブティックマーケティングプラン
  5. オンラインブティック名のアイデア
  6. 衣料品店のライセンスと許可
  7. オンラインブティックを始める費用
  8. 衣料品店のマーケティングのアイデア

運転免許を取得し、保険の適用や知的財産保護を含むオンライン衣料品ブティックの許可を得るために必要なものを検討します。

オンライン衣料品ブティックの開始–ライセンス、許可、保険

  • オンラインブティックに使用するのに最適な法人

オンライン小売衣料品店/ブティックを立ち上げる場合、支障なく店舗を運営したい場合は、ビジネスを合法的に登録する必要があります。 ビジネスに法人を選択することは、少し難しいことです。

オンライン小売衣料品店などのビジネスの法人を選択する場合、一般的なパートナーシップ、有限パートナーシップ、LLC、「C」企業、または「S」企業から選択できます。 これらのさまざまな形式のビジネスの法的構造には、独自の長所と短所があることを明確に述べることが重要です。 そのため、選択する前にオプションを適切に比較検討する必要があります。

これらは、オンライン小売衣料品店の法人を選択する前に考慮すべきいくつかの要素です。 個人の責任の制限、譲渡の容易さ、新しい所有者と投資家の期待の入場、そしてもちろん税の問題。 オンライン小売衣料品店に使用するさまざまな法人を批判的に研究するために時間をかけると、その有限責任会社に同意することになります。 LLCが最適です。

有限責任会社(LLC)としてオンライン小売衣料品店を開始し、将来、特に公開および国際化の計画がある場合は、「C」企業または「S」企業に変換できます。

「C」法人または「S」法人にアップグレードすると、オンライン小売衣料品店を成長させて、業界の主要プレーヤーと競争する機会が得られます。 ベンチャーキャピタル会社から資本を生み出すことができ、独立した税制を享受でき、会社の所有権を簡単に譲渡できます。 所有権と管理構造の柔軟性を享受できます。

オンライン衣料品店を開くには専門家の資格が必要ですか?

高校の卒業証書と優れたビジネススキルを使用して、独自のオンライン小売衣料品店を運営できます。 もちろん、オンライン小売衣料品店の運営を許可される前に、専門的な資格は必要ありません。 自国のオンラインビジネス(eコマース)を管理する規則や規制を順守している限り、ビジネスは誰にでも開かれています。

  • オンラインブティックを運営するために必要な法的文書のリスト

あなたのビジネスを保護するために必要な保険契約は別として、あなたがオンライン小売衣料品店ビジネスを運営している間あなたがよく保護されたいと思うなら、いくつかの重要な法的文書を取得する必要があります。

これらは、あなたがアメリカ合衆国であなた自身のオンライン小売衣料品店ビジネスを運営したいならば、あなたが適所に持っていると予想される基本的な法的文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • ビジネスライセンス
  • 事業計画
  • 非開示契約
  • 雇用契約書(提供書)
  • LLCの運営契約
  • 保険証券
  • 契約書(ベンダー/配送パートナー向け)
  • オンライン利用規約
  • オンラインプライバシーポリシー文書

保険およびオンライン小売衣料品店事業

起業に関しては、ビジネスを保護する以外の選択肢はなく、ビジネスを保護する方法の1つは、ビジネスに適した保険を購入することです。 実際のところ、アメリカ合衆国および世界のほとんどの地域でビジネスを行いたい場合は、 少なくともいくつかの基本的な保険を購入する必要があります。

少なくとも、どの事業主も損害保険契約と賠償責任保険をカバーすることが期待されています。 必要なその他の保険契約は、事業間接費障害障害保険、事業主の保険グループ保険、健康保険、および労働者補償などです。 州で必要となる他の主要な保険を知る必要がある場合は、保険ブローカーに相談できます。 彼らはそれに関してあなたに職業上の助言をするのにより良い立場にいます。

  • 衣料品店の知的財産保護の取得

オンライン小売衣料品店の運営を検討している場合、セキュリティ保護について気にする必要のない法的文書の1つは、知的財産の保護です。 一般に、ビジネスの性質は、知的財産権の保護を保証するものではありません。