電子修理店ビジネスの開始

電子修理店を始めたいですか? はいの場合、ここではお金も経験もない電子修理店ビジネスを始めるための完全なガイドがあります

さて、電子機器の修理工場の詳細なサンプル事業計画テンプレートを提供しました。 また、電子機器修理店向けの実用的なゲリラマーケティングのアイデアに裏付けられた、電子機器修理店のマーケティングプランのサンプルを分析し、作成しました。 この記事では、電子機器修理店を始めるためのすべての要件を検討します。 起業家の帽子をかぶって先に進みましょう。

電子修理店を始める理由

事業を始めるということになると、あらゆる事業への投資を進める前に、多くの要因が作用すると予想されます。 新規事業を開始する前に考慮すべき要素には、事業を開始する都市または町の人口、直面する可能性のある競争のレベル、そしてもちろんサービスまたは製品の市場の可用性があります。

電子機器の修理店を開くことは、アメリカ合衆国でビジネスを始めることを目指している起業家志望者が検討すべきもう1つのお金を紡ぐビジネスです。 このタイプのビジネスの良い点の1つは、すでにビジネスに携わっている人や専門学校から技術スキルを習得できることです。

あなたがする必要があるのは、良い場所に店を借りて、店をセットアップし、あなたの電子機器修理ビジネスを宣伝することです。 もしあなたがあなたのコミュニティで数少ない電子修理技術者の一人であることを運が良ければ、あなたはこのタイプのビジネスから良いお金を稼ぐでしょう。

ほとんどすべての家庭およびオフィスには、いずれかの形式の電子ガジェットがあり、時間が経つにつれて、これらのガジェットにはメンテナンス、サービス、および修理が必要になります。 これは、実際に電子修理店の大きな市場があることを示しています。 この種のビジネスを始めるために必要なことは、電子機器の保守、保守、修理に必要な技術スキルを習得することだけです。

うまく位置付けられ、優れた仕事を提供する方法を知っていれば、これは間違いなく非常に有利で収益性の高いベンチャーです。 1日に作成できる金額は、電子ガジェットの商用ユーザーと住宅ユーザーの両方にサービスを販売できるかどうかに大きく依存します。

あなたがあなた自身の電子修理店を始めたいという願望を持っているならば、あなたがする必要があるのはこの記事を読むことだけであり、あなたは十分に知識があり、装備されます。 米国の小さな町から電子修理店を始めることができます。一貫性があり創造力があれば、特にフランチャイズに参入する場合、ブランドが全国的に認知されるブランドになるのにそう長くはかかりません。

電子修理店ビジネスの開始–完全ガイド

  • 業界の概要

電子およびコンピューター修理サービス業界は、民生用電子機器、コンピューター、事務機器、通信機器、その他の電子機器および精密機器の1つ以上の修理と保守に従事している企業で構成されています。

この業界の施設では、顕微鏡、レーダーおよびソナー機器、テレビ、ステレオ、ビデオレコーダー、コンピューター、コピー機、通信機器、科学機器、医療機器などのアイテムを修理しています。

米国にお住まいの場合は、電子およびコンピューター修理サービス業界が実際に即興で収益を上げる方法を模索していることに同意します。 実際のところ、電子機器とコンピューターの手頃な価格の向上により、消費者と企業は故障した機器の修理よりも新製品を購入するため、業界の需要と収益の低下につながります。

さらに、電子ユーザーは通常、より高度な製品を購入し、破損または古くなった商品を廃棄することを選択しています。 最近では、電子製品とコンピューターのライフサイクルが短縮され、新しい技術の導入により、消費者と企業が古い機器を交換するインセンティブがさらに高まりました。

電子およびコンピューター修理サービス業界は、実に非常に大きな業界であり、世界のあらゆる地域でかなり繁栄しています。 実際のところ、業界でトップの市場シェアを持つ企業はありません。 統計によると、アメリカ合衆国だけでも、約141, 369人の従業員を雇用する責任がある約57, 629のライセンスおよび登録された電子およびコンピューター修理サービス関連のビジネスがあり、年間成長率が予測されて年間190億ドルの百合総額で業界が急増しています2012年と2017年の間に0.4%でした。

IBISWorldが発行した最近のレポートは、産業施設の地理的分布が米国人口の地理的分布を厳密に反映していることを示しています。 ほとんどの業界関係者は小規模で労働集約型の事業であるため、地元の市場に対応しています。 報告書はさらに、南東部地域が全人口の25.6%および27.8%で米国人口の最大のシェアを占めていると述べました。

フロリダ州は、この地域の人口と産業の両方で大きな割合を占めています。 報告書はまた、西側が産業施設(16.8パーセント)と米国人口(17.2パーセント)の大部分を保有していることを示しています。 施設に関して最大​​の州はカリフォルニアであり、11.9%を占めています。

起業家が自分の電子およびコンピューター修理サービス事業を始めることを奨励する1つの要因は、彼らが故障しているときに新しい電子機器を購入する余裕がない人々および企業が常に電子およびコンピューター修理サービス会社のサービスを採用し、それが安全であるためです今のところ、ビジネスは収益性の高いビジネスであると述べています。 ビジネスを立ち上げて運営するには、最小限のスタートアップ資本と最小限の人材しか必要ありません。

さらに、世界中の電子およびコンピューター修理サービス事業および関連事業は、特に彼らが適切な位置にあり、ターゲット市場に手を差し伸べる方法を知っている場合、特に後援を受けています。

電子修理店ビジネスの開始–市場調査と実現可能性調査

  • 人口統計学および心理学

電子およびコンピューターの修理会社のサービスを雇う人々の人口統計学的および心理学的構成は、すべての家庭、病院、オフィス、ホテル、および電子デバイスを利用し、サービスの支払い能力があるすべての施設を横断します。

あなたが専門とすることができる電子修理ビジネス内のニッチのアイデアのリスト

電子修理サービス業界で効果的であるためには、ニッチエリアを選択することをお勧めします。 この業界でニッチな分野を選択すると、あなたの場所だけでなく、アメリカ合衆国全体で同様のビジネスと有利に競争できるブランドを構築することにあなたの努力を集中させるでしょう。

あなたがあなた自身のビジネスを始めたいならば、意欲的な起業家が選ぶことができる電子とコンピューター修理サービス産業のニッチなアイデアのいくつかはここにあります。

  • 家庭用電化製品(ホームシアター、DVD、ラジオ、テレビ、VCRを含む)の修理
  • コンピューターおよび事務機器の修理
  • 通信機器の修理
  • 歯科用機器の修理とメンテナンスの提供、医療および外科用機器の修理とメンテナンスの提供、光学機器の修理とメンテナンスの提供など、その他の電子機器の修理

電子修理サービス業界における競争のレベル

電子修理サービス業界に存在する競争は、お住まいの地域の電子およびコンピューター修理サービス事業間の競争を超えています。 修理および保守サービスも提供するこれらのガジェットの他のメーカーと競合することが予想されます。 したがって、電子およびコンピュータ修理サービス業界の競争は厳しいと言うのは正しいでしょう。

真実は、業界の競争レベルに関係なく、デューデリジェンスを行い、サービスやビジネスを適切にブランディングし、宣伝すれば、常に業界で前進することです。 従業員が徹底的な修理および保守サービスを実行できることを確認するだけで、優れたカスタマーケアサービスを提供でき、ターゲット市場に引き付けてアプローチする方法を知っています。

しかし、さらに多くの電子およびコンピューター修理サービス会社が米国中に散らばっています。 したがって、米国で電子およびコンピューターの修理サービス会社を設立することを選択した場合、間違いなくより厳しい競争に出会うことになります。 さらに、業界の動向を決定する大規模な電子およびコンピューター修理サービス会社があり、顧客と競争する準備ができている必要があります。

電子修理業界の有名ブランドのリスト

すべての業界で、他のブランドよりも優れたパフォーマンスを示したり、顧客や一般の人々からより良い評価を受けたりするブランドが常に存在するのは当たり前です。 これらのブランドには、業界で長い間使用されているものもありますが、他のブランドは、ビジネスの遂行方法と長年にわたって達成した結果で最もよく知られています。

これらは、米国および世界の大手電子およびコンピューター修理サービス会社の一部です。

  • MyTech USA –ハンプトン
  • Netlink USA LLC
  • Phonetech USA
  • Itema America Inc
  • スマートエレクトロニクスUSA
  • PC Zone USA
  • Circuit Central USA、LLC
  • iRepair USA
  • グローバルエレクトロニクスUSA
  • シアーズアプライアンスの修理
  • EZ Fix USA
  • Techmaster Electronics Inc.
  • Imtech Marine USA
  • Electronic Express、Inc.
  • Samsung Electronics America
  • インダストリアルエレクトロニクスLLC
  • Godar Electronics
  • 中米の電子機器サービス
  • ダルバニコーポレーションオブアメリカ
  • Bizcom Electronics Inc

経済分析

ビジネスを効果的に立ち上げて利益を最大化する準備をしている場合は、経済分析とコスト分析を適切に行い、ビジネスを構築することを選択した業界でベストプラクティスを採用するようにできる限り努力する必要があります。

電子およびコンピューター修理サービス事業は、街をドライブしたり、ディレクトリを検索したり、インターネットを閲覧したりすると、いくつかの電子およびコンピューター修理サービス会社やショップに出くわすため、環境に優しいビジネスではありません。

したがって、経済分析とコスト分析を計画する場合は、徹底的な市場調査と、ビジネスを開く予定のスペースを借りるのに必要な量と、必要な作業ツールと機器を購入するのに必要な量の原価計算を実行する必要がありますまた、ビジネスを成功させるためのランニングコスト。

さらに、電子およびコンピューターの修理サービス会社の設立を検討している場合、懸念事項は、ビジネスの登録と作業ツールの購入に関する費用だけでなく、ブランディングとその方法にも限定されるべきではありません。堅牢な顧客ベースを構築します。 真実は、堅牢な顧客ベースを構築できれば、ビジネスの利益を最大化できることです。

ゼロからの電子およびコンピューター修理サービス事業の開始とフランチャイズの購入

電子およびコンピューターの修理サービス事業を開く方向に目を向けている場合、フランチャイズに取り組んでいる電子およびコンピューターの修理サービス会社が数社あるにもかかわらず、ゼロから始めることをお勧めします。

電子およびコンピューター修理サービス事業を開始する際に直面する可能性のある脅威と課題

今日、電子およびコンピューターの修理サービス会社を設立する場合、直面する可能性のある主要な課題の1つは、確立された電子およびコンピューターの修理サービス会社および製造業者の存在です。ロケーション。 この課題を回避する唯一の方法は、独自の市場を作成することです。

あなたが直面する可能性がある他のいくつかの課題と脅威は、アメリカ合衆国の電子機器所有者によって機器を交換する決定です。 景気後退は、このタイプのビジネスにとってプラスです。なぜなら、人々は不況時に新しい電子機器を購入するよりも電子機器を修理するからです。 政府の不利な政策も、ビジネスの成長を妨げる可能性があります。 これらの脅威や課題に関しては、物事があなたのためにうまくいくことを前向きに保つこと以外にあなたができることは何もありません。

電子修理店ビジネスの開始–法的事項

  • このタイプのビジネスに使用するのに最適な法人

電子およびコンピューターの修理サービス会社の設立を検討する場合、選択する法人は、ビジネスがどれだけ大きく成長できるかを判断するのに大いに役立ちます。

ジェネラルパートナーシップ、有限責任会社、または電子およびコンピューター修理サービス会社の単独所有者を選択できます。 通常、個人所有は小規模な電子およびコンピューター修理サービス事業にとって理想的なビジネス構造であるはずでした。特に、小さな近所で中程度のスタートアップ資本を持ち、店舗が1つしかない場合はそうです。

しかし、フランチャイズを通じてビジネスを成長させ、アメリカ合衆国および世界の他の国々の主要都市にオフィスと企業クライアントを持ちたい場合は、個人事業主を選択することは選択肢ではありません。 Limited Liability Company、LLCまたはジェネラルパートナーシップがあなたのためにそれを削減します。

LLCをセットアップすると、個人的な責任から保護されます。 ビジネスで何かがうまくいかない場合、リスクにさらされるのは有限責任会社に投資したお金だけです。 有限責任会社はよりシンプルで柔軟に運営されており、取締役会、株主総会、その他の管理上の手続きは必要ありません。

これらは、電子およびコンピューター修理サービス事業の法人を選択する前に考慮する必要がある要素の一部です。 個人責任の制限、譲渡の容易さ、新しい所有者の入場、投資家の期待、そしてもちろん税金。

フランチャイズを販売し、アメリカ全土にアウトレットと法人顧客を持つ電子およびコンピューター修理サービス事業に使用するさまざまな法人を批判的に研究するために時間をかける場合、有限責任会社はぴったりの。 有限責任会社(LLC)としてこのタイプのビジネスを開始し、将来上場する計画がある場合は特に将来的にそれを「C」法人または「S」法人に転換することができます。

「C」法人または「S」法人にアップグレードすると、電子およびコンピューター修理サービス会社を成長させ、業界の主要企業と競争する機会が与えられます。 ベンチャーキャピタル会社から資本を生み出すことができ、独立した税制を享受でき、会社の所有権を簡単に譲渡できます。

電子およびコンピューター修理サービス事業に適したキャッチーなビジネス名のアイデア

あなたのビジネスの名前を選択することになると、あなたはあなたのビジネスのために選択した名前がビジネスが表すものの認識を作成するのに大いに役立つので、あなたは創造的でなければなりません。 通常、ビジネスに名前を付けるときに、事業を開始しようとしている業界の傾向に従うのが一般的です。

あなたがあなた自身の電子およびコンピュータ修理サービスビジネスを始めることを考えているなら、あなたが選ぶことができるいくつかのキャッチーな名前はここにあります;

  • トランス–Tech®Electronic and Computer Repair Company、LLC
  • ElectronicsKnits®Electronic and Computer Repair Company、LLC
  • ジェイソン・ウィクリフとサンズ©Electronic Repair Company、Inc.
  • GadgetMaster®Electronic and Computer Repair Company、Inc.
  • ラディソンテック™電子およびコンピューター修理会社
  • Relizon Electronics and More™電子およびコンピューター修理会社
  • O'Leary Electricals©Electronic and Computer Repair Company、Inc.
  • JerryMadison®電子修理店
  • Rite Tools©電子修理店
  • ©HVAC Services、Inc.

保険

米国および世界のほとんどの国では、事業を展開する業界で必要とされる基本的な保険契約の一部を持たない限り、事業を運営することはできません。 そのため、保険の予算を作成し、おそらく保険ブローカーに相談して、電子およびコンピューターの修理事業に最適で最も適切な保険ポリシーを選択するよう指導することが重要です。

以下に、米国で電子およびコンピューターの修理会社を設立する場合に購入を検討すべき基本的な保険の一部を示します。

  • 損害保険
  • 健康/医療保険(労働者がいる場合)
  • 損害賠償保険
  • 労災補償
  • 間接費障害保険
  • 事業主の保険グループ保険

知的財産保護/商標

独自の電子およびコンピューター修理会社を設立することを検討している場合、通常、知的財産保護/商標を申請する必要はないかもしれません。 これは、ビジネスの性質上、会社の知的財産を違法に利用したとして法廷で誰かに異議を申し立てる理由がなくても、ビジネスを成功させることができるからです。

電子修理店を運営するには専門の資格が必要ですか?

専門の電子およびコンピューター修理サービスの提供に関連してあなたが生み出す結果は別として、専門の認定は、一部の電子およびコンピューター修理会社が際立っている主な理由の1つです。 電子およびコンピューター修理サービス業界に影響を与えたい場合は、専門分野で必要なすべての認定を取得するように努力する必要があります。

認定はあなたの能力を検証し、あなたが高度なスキルを持ち、あなたのキャリアにコミットし、競争市場で最新であることを示します。 これらは、独自の電子およびコンピューター修理会社を経営したい場合に達成に向けて取り組むことができる認定の一部です。

  • 技術者、商業用冷凍、請負業者、およびNATE認証
  • 電子デバイスの専門能力の証明書
  • 電気電子工学の学位または卒業証書

必要な技術トレーニングを取得し、修理作業を実施できる限り、必ずしも専門家の資格とビジネスライセンスを取得しなくても、米国および世界のほとんどの国で電子およびコンピューターの修理会社を運営できます。電子ガジェット。

電子およびコンピューター修理事業を運営するために必要な法的文書のリスト

アメリカ合衆国で事業を開始する前に必要な文書を用意することの本質は、強調しすぎることはできません。 適切な文書がなければ、米国でビジネスを成功させることはできません。 そうすれば、法律の長所があなたに追いつくのにそれほど長くはかからないでしょう。

これらは、アメリカ合衆国で合法的に自分の電子およびコンピューター修理事業を運営したい場合に適切な場所に置かれると思われる基本的な法的文書の一部です。

  • 定款の証明書
  • ビジネスライセンス
  • 納税者番号/納税者番号
  • 化学ハンドラー証明書
  • 健康診断書
  • 事業計画
  • 秘密保持契約
  • 従業員規則手帳
  • 雇用契約書(提供書)
  • LLCの運営契約
  • 保険証券
  • オンライン利用規約(ウェブサイトがある場合)
  • オンラインプライバシーポリシードキュメント(オンライン支払いポータル用)
  • 会社定款
  • 覚書(MoU)
  • 建築許可
  • フランチャイズまたは商標ライセンス(オプション)

電子およびコンピューター修理事業の資金調達

電子およびコンピューターの修理ビジネスを開始する場合、特に自宅からビジネスを運営するか、オフィススペースを共有することで小規模に開始することを選択した場合、費用対効果が高いので安心できます。 ビジネス地区の標準的なオフィススペースを確保し、作業ツールと機器を購入することは、スタートアップ資本の大部分を消費するものの一部です。

大規模なビジネスを開始することを選択した場合、標準的な施設で少数のフルタイムで標準的な大規模な電子およびコンピューター修理ビジネスを開始するのは費用がかかるため、ビジネスに資金を提供するための資金源に行く必要があります従業員。

ビジネスへの融資に関しては、まず考慮すべきことの1つは、優れたビジネスプランを作成することです。 適切で実行可能なビジネスプランドキュメントがある場合は、銀行、投資家、友人にあなたのビジネスに投資するよう説得する前に、自分で苦労する必要はありません。

ここでは、電子およびコンピューターの修理ビジネスのスタートアップ資金を調達する際に検討できるオプションの一部を示します。

  • 個人の貯蓄と個人の株式と財産の売却からお金を集める
  • 投資家やビジネスパートナーからの資金調達
  • 銀行からの融資の申請
  • 家族や友人からのソフトローンのソース

電子およびコンピューター修理ビジネスに適した場所の選択

自宅から電子およびコンピューターの修理を開始することを検討してください。 電子およびコンピューターの修理店または会社を開くために選択した場所は、ビジネスの成功の鍵です。したがって、起業家は、目に見える場所で施設をレンタルまたはリースする用意があります。 人口統計が、電子ガジェットを所有し、購買力を必要とする人々と企業で構成される場所。

最も重要なことは、電子およびコンピューターの修理事業の場所を選択する前に、まず徹底的な実現可能性調査と市場調査を実施することを確認してください。 あなたがあなたがあなたの店を開きたい場所でただ店を閉めた同様のビジネスに出くわす可能性は、除外することができません。 これが、あなた自身の電子およびコンピューター修理会社を設立する場所を選ぶ前に、できるだけ多くの事実と数字を集めることが非常に重要である理由です。

これらは、電子およびコンピューターの修理会社の場所を選択する前に考慮する必要がある重要な要素の一部です。

  • 場所の人口統計
  • その場所での電子およびコンピューター修理サービスの需要
  • 電子機器とコンピューター機器を所有する場所の家庭、企業、企業組織の購買力
  • 場所のアクセシビリティ
  • その場所にある電子およびコンピューターの修理店の数
  • コミュニティの現地法規制
  • 交通、駐車、セキュリティ

電子修理店の開始-技術および人材の詳細

平均して、作業ツールと機器を除き、電子およびコンピューターの修理会社を運営するために必要な特別な技術はありません。 しかし、コンピューター、インターネット設備、電話、ファックス、オフィス家具(椅子、テーブル、棚)は間違いなく必要であり、これらはすべて使い慣れたものとして入手できます。

店舗施設のリースまたは完全な購入に関しては、選択はあなたの財政状態に依存しますが、実際には安全を確保するために、ビジネスのテスト運営中に短期の家賃/リースで始めることをお勧めします場所で。 物事が計画どおりに機能する場合、不動産の長期リースまたは完全購入を行いますが、そうでない場合は、そのようなビジネスのための他の理想的な場所に進み、調達します。

アメリカ合衆国のすべての主要都市に法人顧客を置く計画を持つ標準的な電子およびコンピューター修理会社の従業員を雇用する場合、有能な最高経営責任者(この役割を占めることができます)を雇う計画を立てる必要があります。管理および人事マネージャー、スーパーバイザー、技術者、販売およびマーケティング担当者、経理担当者、クリーナー。 平均して、小規模ではあるが標準的な電子およびコンピューター修理会社を運営するには、少なくとも5〜10人の主要スタッフが必要です。

電子およびコンピューター修理事業に関与するサービスプロセス

電子およびコンピューターの修復ビジネスに関連する運用プロセスは、その運用領域と組織構造に大きく依存します。

通常、顧客は修理のために電子機器またはコンピューターを修理店に持ち込み、実施する修理作業の性質と交換するコンポーネントに関して請求されます。 よく確立された電子修理会社の場合、クライアントから契約を得ると、電子ガジェットを修理、修理、または設置することができます。 彼らは、見積書を提出する前に、まず実行される修理作業の性質と使用されるスペアパーツを知るためにコスト分析を実施します。

分析が終了すると、必要な人員と設備を配備してジョブを実行し、ジョブを正常に実行した後に報酬を受け取ります。

電子およびコンピュータの修理会社が、効率と柔軟性を保証するビジネスプロセスと構造を即興または採用することを決定する可能性があることを述べることが重要です。 上記の電子およびコンピューターの修復ビジネスプロセスは、石の上に置かれていません。

電子修理店ビジネスの開始–マーケティング計画

  • マーケティングのアイデアと戦略

ビジネスを運営するには、商品やサービスのマーケティングに関して積極的に取り組む必要があることに同意します。 電子およびコンピューター修理事業を立ち上げることを選択した場合、顧客を引き付けるのに役立つ戦略を採用するために全力を尽くす必要があります。さもなければ、市場の方向を決定する有名なブランドがあるため、事業に苦労するでしょう業界。

これらは、電子およびコンピューターの修理ビジネスに採用できるマーケティングのアイデアと戦略の一部です。

  • あなたの会社が所在する都市全体の電子ガジェットとコンピューターシステムおよびその他の主要な利害関係者の商業および住宅ユーザーにパンフレットと一緒に紹介状を送ることにより、電子およびコンピューター修理会社を紹介します。
  • インターネットやTwitter、Facebook、LinkedInなどのソーシャルメディアに広告を掲載してメッセージを伝え、ソーシャルメディアのユーザーやブログを読んでいるユーザーが、自分の場所の電子機器やコンピューターを修理する必要があるときに誰に電話すればよいかを知る
  • ビジネスにオンラインプレゼンスを与えるために、ビジネス用の基本的なWebサイトを作成します
  • サービスを直接販売する
  • ターゲットを絞ったビジネスコミュニティでロードショーに時々参加して、電子およびコンピューターの修理ビジネスを促進する
  • 業界の動向とヒントについては、地元の電子およびコンピューター修理事業者の協会に参加してください
  • サービスのマーケティングを目的として、地元の商工会議所に参加しましょう
  • コミュニティベースの新聞、地元のテレビ、ラジオ局であなたのビジネスを宣伝しましょう
  • イエローページ広告(ローカルディレクトリ)にビジネスを一覧表示する
  • 口コミマーケティング(紹介)の使用を奨励する

適切なサービス価格を得るのに役立つ要因

電子およびコンピュータの修理サービスを最低価格で提供するのに役立つ重要な要素の1つは、スペアパーツやその他の消耗品を卸売業者や輸入業者からかなり大量に直接購入することです。 真実は、輸入業者や卸売業者から直接購入するアイテムの量が多いほど、安くなる傾向があるということです。

適切な価格で電子およびコンピューターの修理サービスを提供するのに役立つもう1つの戦略は、運用コストを最小限に抑え、ブランド名のマーケティングとプロモーションに向けて努力を集中させることです。 この戦略がコストの節約に役立つという事実は別として、それはまたあなたがあなたの製品に適切な価格を得るのを助けるでしょう。

また、可能な限り独立した請負業者やマーケティング担当者と協力することもできます。 販売およびマーケティングの幹部に支払うコストを節約するのに役立ちます。

顧客維持率を高める可能な方法

ビジネスに関して言えば、テントを張る業界に関係なく、顧客維持率を高め、おそらく新しい顧客を引き付ける最も簡単な方法の1つは、結果を生み出し、常に顧客を満足させることです。 顧客が製品とサービスの提供に満足している場合、代替サービスプロバイダーまたは製品を調達することはほとんどできません。

顧客から繰り返し販売を生み出し、それらを維持するために採用する必要がある戦略の1つは、技術者が良い仕事を実行でき、常に時間通りになり、顧客サービスが変動しないようにすることです。 サービスと顧客サービスが変動する場合、顧客を呼び戻すのに苦労するでしょう。 また、ロイヤルティスキーム、ダイレクトマーケティング、ドアドロップなどのプロモーションアイデアを活用することもできます。

顧客を維持したい場合は顧客にインセンティブを提供し、もちろんそれらから繰り返し販売を生み出し、新しい顧客を引き付けることを確実にしてください。

これを達成するために必要なことの一部は、ケースの要求に応じて迅速に改善することを目的として、進捗状況、結果、または出力を追跡することです。 顧客の管理と忠実な顧客ベースの構築に関しては、カスタマイズされたCRMソフトウェアを購入する必要があります。

カスタマイズされたCRMシステムを使用すると、クライアントと簡単に連絡を取り合うことができます(簡単なアンケートを実施したり、新製品や価格を支障なく導入したり、誕生日やその他の記念日に顧客とやり取りしたり、進捗状況を追跡したり、大量のSMSやカスタマイズしたメールを送信したり、何よりもコンプライアンスやフィードバックを簡単に受信したりできます。

電子修理店のブランド認知度を高め、企業アイデンティティを作成するための戦略

あなたがビジネスをしていて、ブランド認知度を高め、コーポレートアイデンティティを伝えることを意図していないなら、社会があなたのビジネスを描写しているものは何でも引き受ける準備ができているはずです。

電子およびコンピューターの修理会社を設立する意図が、米国の主要都市にオフィスを開設してフランチャイズを展開し、事業を展開する都市を超えて国内および国際的なブランドに成長することである場合、ブランドの宣伝や広告にお金を使う準備ができている必要があります。

あなたが属する業界に関係なく、市場はダイナミックであり、ターゲット市場にアピールし続けるためには、一貫したブランド認知、ブースト、プロモーションが必要です。 以下は、ブランド認知度を高め、電子およびコンピューター修理会社のコーポレートアイデンティティを作成するために活用できるプラットフォームです。

  • 印刷物(新聞と関連雑誌)と電子メディアプラットフォームの両方に広告を掲載する
  • 関連するコミュニティベースのイベントのスポンサー
  • インターネットやInstagram、Facebook、Twitter、YouTube、Google +などのソーシャルメディアプラットフォームを活用して、電子およびコンピューターの修理会社を宣伝しましょう
  • ビルボードを都市または州の戦略的な場所に設置します
  • 対象となるビジネス地区で時々ロードショーに参加して、電子およびコンピューター修理会社の認知度を高めます
  • チラシとチラシを対象地域に配布する
  • 電子ガジェットとコンピューターシステムの商用および住宅ユーザー、および会社のある市内のその他の主要な利害関係者に連絡して、会社と提供するサービスについて通知します。
  • ローカルディレクトリに電子およびコンピューターの修理会社を一覧表示する
  • あなたの公式ウェブサイトであなたの電子およびコンピューター修理会社を宣伝し、あなたがサイトへのトラフィックを引き出すのを助ける戦略を採用する
  • 会社のある場所の戦略的な位置にFlexiバナーを配置します
  • すべてのスタッフがブランドシャツを着用し、すべての車両が会社のロゴでブランド化されていることを確認してください