ランドリー事業を成功に導く–期待する10の課題

ランドリービジネスをうまく始めて運営したいですか? 「はい」の場合、ランドリーまたはコインランドリーを実行するときに期待すべき10の最大の課題があります。

今では、ビジネスがどんなに利益を上げているかに関係なく、すべてのビジネスには独自の課題があります。 ランドリービジネスが収益性の高いビジネスであると思われるという事実は、ビジネスを開始するときに何らかの形で課題に遭遇しないという意味ではありません。

いずれにせよ、ランドリー事業を営む人々が直面する課題は、地域や国によって異なります。 一番下の行は、ランドリー事業に固有の課題があるということです。

ランドリービジネスを立ち上げる前に、詳細な実現可能性調査と市場調査を実施できる場合、幸運なことに、自分のランドリービジネスを開く予定の場所でランドリービジネスを運営している人々が抱える共通の課題に気付くことができます。

真実は、あなたが選択した場所で洗濯ビジネスの所有者に直面する多くの課題を強調することができれば、それはあなたが課題のいくつかまたはすべてを克服する手段を考案することをより簡単にするでしょう。

間違いなく、あなたがあなた自身のビジネスを運営する際に直面しようとしている挑戦について知らされていたとしても、あなたはまだ挑戦のいくつかを克服するのに苦労する可能性があります。 ビジネス上の課題を克服するための手段の1つは、業界での豊富な経験を持つビジネスコンサルタントに相談することです。

次に、ランドリービジネスを運営する場合に直面するユニークな課題について簡単に考えてみましょう。

ランドリー事業を成功に導く–期待する10の課題

a。 不足している衣服の問題

ランドリービジネスで直面する可能性が高い独自の課題の1つは、衣服の紛失の問題です。 もちろん、十分な数のクライアントに乾いたきれいな服を着せていると、クライアントの服を置き忘れる可能性があります。

シャツの不足、ズボンの不足、または最も一般的な一重項の欠落が考えられます。 この課題を克服するには、衣服のドライクリーニングプロセスのすべての段階で、アイテムの適切な文書化( 適切なラベル付けと取り扱い )を採用する必要があります。

b。 汚れた服の問題

ランドリービジネスに固有のもう1つの課題は、汚れた衣服の問題です。 洗濯中に注意を怠ると、一部の衣服が走り、洗濯機内の他の衣服を汚してしまう可能性があります。 そのため、衣服のラベルを適切に読み、記載されている指示に従うことが重要です。

ほとんどの場合、走る服のメーカーはラベルにそれを表示し、他の服と一緒に洗ってはならないことを助言します。 真実は、あなたが彼らの衣服を汚すならば、ほとんどのクライアントがそうする可能性が高いということです。 場合によっては、不屈の顧客に出会った場合、布を交換する必要があります。

c。 雨の日/雨の日

洗濯機の所有者は、特に工業用洗濯乾燥機がない場合、衣服を乾かすのに十分な熱を提供するため、天気が晴れているときにそれを高く評価しています。 ランドリーのオーナーとして直面する課題の1つは、雨の多い日/雨の多い日です。 雨の日をなくすことができないのは非常に残念です。あなたがしなければならないのは、この課題を軽減するために衣類乾燥機が発明された理由です。

d。 焦げた服

産業用アイロンを使用しているときに注意を怠ると、クライアントの衣服が焼けてしまう可能性があります。 シャツ/衣服のラベルを読んで、アイロンをかけるのに適した熱を知ることをお勧めします。 もちろん、絹で作られた服と純綿で作られた服をアイロンをかけるのに同じ温度を使用できないことを知っています。

e。 きれいな水供給

ランドリー事業を始めるときに直面する可能性が高いもう1つの課題は、常にきれいな水を供給することです。 世界のどこか、特に水が不足しやすい場所に住んでいる場合、きれいな水の継続的な供給を得ることが困難な場合があることに同意するでしょう。 真実は、汚れた服を効果的に洗うにはきれいな水が必要だということです。

f。 電力供給

絶え間ない電力供給は、あなたがあなた自身の洗濯ビジネスを始めるときに直面しそうなもう一つの挑戦です。 てんかん電源は第三世界の国々で一般的であり、洗濯業は仕事をするために電力に依存しています。 この課題を克服するには、自分で電力を生成する必要があります。 スタンバイジェネレーターは非常に役立ちます。

g。 配達時間に合わせて(目標を設定)

ランドリービジネスには成長段階があり、配達時間に間に合わせるという課題に直面する可能性があります。 真実は、ビジネスの成長を適切に管理しないと、間違いなくこの課題に直面することです。 ですから、より多くの手を雇うことを意味する場合でも、目標を達成するのに役立つ戦略を採用してください。

h。 クライアントの調達

ランドリー事業を始める場合、直面する可能性が高い課題の1つは、顧客を引き付けるという課題です。 特にあなたの場所に他の確立されたランドリーショップがある場合、新しいビジネスのための顧客への調達は非常に困難な場合があります。

私。 良い場所に十分なスペース(より大きな施設)

ランドリー事業を運営するには、衣類の整理、洗濯、アイロン、包装、および衣類の保管に十分なスペースが必要です。 市内でランドリー事業を始めるつもりなら、ランドリー業務を効果的に遂行するのに十分なスペースを備えた施設を確保するという課題に必ず直面します。

j。 機器の内訳

あなたが持っている様々な機器は摩耗や破れやすいので、洗濯機器はある時点で故障するでしょう。 真実は、バックアップ用の機器がなく、機器の故障に備えていない場合、運転中に洗濯機器が故障すると立ち往生する可能性が高いということです。

k。 技術的なノウハウが必要です。 目を覚ましてランドリーショップをセットアップすることはできません。 ランドリーショップの運営、機械の操作、顧客の注文、衣類の仕分けなどの方法を最初に知る必要があります。したがって、ランドリービジネスを確立するには、業務を管理および制御するために多くの技術的経験が必要です。ビジネスの。

l。 競争-:これは、特に準備ができておらず、競争上の優位性がない場合に、ビジネスを廃業にする可能性があります。

そこにあります。 ランドリービジネスを運営するというユニークな課題。 結論として、あなたのブランドがコミュニティの人々に一般的に受け入れられるような方法でランドリービジネスを構築できるなら、あなたが紹介する必要があるアイデアの1つは、異なる場所にランドリーショップのさまざまなアウトレットを開くことです町の一部。 これにより、ビジネスが顧客に近づいているため、遠く離れたクライアントがあなたとつながりやすくなります。