クリーニング事業の保険契約を取得する

第5章 -:これは「クリーニングビジネスを開始するための完全なガイド」の5番目の章です。クリーニングサービス会社の誇りあるオーナーとしてのあなたの仕事は、クライアントの家や職場を清潔で整頓された状態に保つことです常に、生活や労働条件がいかなる形、形、形であっても妥協しないようにします。

しかし、予期せぬ不幸な災難に直面した際に、貴重なクリーニング事業の存続と成功をどのように確保するかについて考えることを止めましたか? 猫に9つの命がある場合、あなた自身のような勤勉な起業家の汗、涙、血に基づいて作られたビジネスには、少なくともいくつかの価値があります。

あなたのビジネスが合法化され、専用の銀行口座を通じてその財政が処理されたら、あなたのビジネスが立ち上がったら直面する可能性のある不便な状況に対処する方法を熟考する時です。 少し手遅れになる前に、ビジネスに必要な保険を取得するオプションを真剣に検討する必要があるのは、この接合部です。

有能なスタッフを雇うための計画の策定を開始したり、クリーニングサービスのマーケティングアジェンダを準備したり、ある種の「ファンフォロー」を確立したりする前に、ビジネスの保険部分を成し遂げる必要があります。 会社を保証することは、ビジネスを成功させる上で最も重要な側面の1つです。 あなたのような初心者の起業家にとって、保険はそれほど重要ではないように見えるかもしれません。 ただし、賢明で成功しているビジネスマンに保険の重要性について尋ねると、保険のないビジネスは失敗する運命にあると言われます。

起業家として、あなたの注意はあなたの会社の評判、収益、レパートリーを高めるためのテクニックと戦略に集中するだけではありません。 時には、会社の存続を確保する計画、つまり、非常に競争の激しいクリーニング業界でのビジネスの存続を確保する計画が、ビジネスの発展の鍵となります。 保険は単なる形式的なものではなく、それなしでは絶対にできないことの必要性です。

クリーニングビジネスに保険が必要な理由

ビジネス保険の数と補償の形態は、普通の人にとっては数え切れないほどです。 ただし、さまざまな種類の保険および補償ポリシーにはすべて1つの共通のアジェンダがあり、それはビジネスを損害から保護することです。 これには、キャッシュフローとその本質的な価値を予期せぬ悲惨な損失から保護することが含まれます。 これらの損失は正確に何を指しますか?

ほとんどの初心者起業家は、ビジネスが自然または人為的な災害またはビジネスの財産を廃intoにする事故にさらされる危険にさらされている場合にのみ保険が必要であると仮定する間違いを犯します。 明確にするために、上記の悲惨な損失の概念は、事故や「自然」災害よりもはるかに広範であり、事業運営の流動性を妨げる可能性のある多くのものを指すことができます。

話し合われているこれらの損失は、物理的損害から従業員の盗難に対する法的責任、知的財産の盗難まで何でもかまいません。 政府や第三者の介入による通常の業務の中断とは異なり、会社を保護するためにビジネスに保険をかけることができます。 はっきりとわかるように、保険のマネージャーに電話をかける必要があるのは、オフィスの敷地内で発生した火災だけではありません。

これらの損失の多様な性質により、保険証券は複雑で理解しにくいと思わざるを得ないかもしれませんが、ロケット科学者が保険の内外を知り、作られた保険証券を最大限に活用する方法を知る必要はありません清掃サービス事業の起業家として利用できます。 あなたのビジネスを保証する背後にある基本的な考え方は、あなたの会社の長期的な安定性を確保し、起業家の悪夢である破産のリスクを減らすことです。

事業保険は、最悪のシナリオに備えて準備するのに役立ちますか? それは常にそうではありません。 起業家が彼らのビジネスに保険をかける必要性を感じる他の主要な理由の1つは、会社のプラスの資産を保護することです。 これには、業務がバラバラになることなく、ビジネス内の極めて重要な従業員を含めることができます。 特定のケースでは、起業家は彼らの出口または継承戦略を実行するために保険プランに頼ります。 保険の可能性が文字通り無限であることは明らかです。 繰り返しになりますが、保険に加入する目的が何であれ、保険契約はビジネスを衰退させるのではなく、利益をもたらす可能性が最も高いことを理解することが重要です。

クリーニングビジネスにはどのような保険が必要ですか?

あなたのクリーニングビジネスのために考慮することができる多くの種類のビジネス保険があります。 保険の分野は非常に多様であるため、ビジネスパートナー(存在する場合)と話し合い、クリーニングサービスビジネスの潜在的なリスクについて話し合うことが最も重要です。 この議論は、ビジネスアーマーの問題を特定する評価セッションに似ている必要があります。 あなたのビジネスの特定の領域が壊滅的な損失に対して脆弱であると思われる場合、その領域の保険に加入するのが賢明です。 どの保険があなたとあなたのビジネスに最も良いサービスを提供するかを決めるのはあなたの責任です。

財産保険

申請すべき保険の種類について考えるとき、最初に考慮に入れる必要があるのは、会社の財産のセキュリティです。 清掃サービス事業を開始するため、あなたの所有物には、屋内および屋外の不動産管理専用の目的で製造された幅広い機器、ツール、製品が含まれます。 財産や機器を保証することは、単なる推奨事項ではなく、ビジネスの戒めです。

また、財産と機器の保険は常に交換費用で行わなければならないことに注意することも重要です。 資産と設備は、一緒に在庫としてラベル付けできます。 在庫の損失または損傷に対する保証は、単に関心のある在庫の種類が豊富であり、使用頻度が高いという理由だけで、クリーニング業界に関与する起業家にとって必須です。

たとえば、巨大な商業施設を清掃する契約を結んでいる場合、毎日必要となるステインリムーバーのボトルの数を想像できます。 言い換えれば、この信じられないほどの量の染み抜き剤を保管する特定の場所が必要になります。 ステインリムーバーのペットボトルが可燃性であると仮定すると、火災が発生してこれらの貴重なペットボトルを灰にした場合、あなたの行動はどうなりますか? ステインリムーバーに保険を掛けている場合、発生した損失を簡単に取り消すことができ、ステインリムーバーの不足が原因でつまずきのブロックにつまずくのを防ぐことができます。

賠償責任保険は、あなたが十分に知らされるべきである別の補償です。 この保険を取得することは、長期的にはあなたのビジネスにとって大きな変化となる可能性があります。 この保険の対象は、さまざまな問題に基づく訴訟からお客様を保護することです。

損害賠償責任保険

たとえば、標準的な賠償責任保険は、あなたが始めようとしているような清掃サービス事業にとって特に不可欠です。 清掃業では、あなたのクライアントはあなたに彼らの財産を委ねます。 顧客の期待に応じてこれらの場所をクリーンアップするために、従業員をクライアントの自宅や職場に派遣します。 クライアントが設定した高い期待に応える過程で、従業員がクライアントに属する財産に誤って損害を与える可能性があります。 特定のケースでは、清掃セッション後に誤って置き忘れられた露出した清掃用化学物質は、清掃するように割り当てられたオフィスまたは家の中の人々にとって健康上の危険であることが判明する場合があります。 標準的な賠償責任保険に加入すると、他人が被った損害や負傷から保護されます。他人があなたのビジネスに責任を負わせる可能性があります。

繰り返しますが、損害または負傷の責任を法的に負うために必ずしも意図的な危害を引き起こす必要はないことを覚えておくことが重要です。 このような事故がクライアントとサービスプロバイダーとの激しい対立にならないようにするには、クリーニング会社の標準的な賠償責任保険に加入することを検討することが不可欠です。

製造物責任保険

製造物責任保険は、上記の標準的な賠償責任保険のより具体的なバージョンです。 名前が示すように、会社のポートフォリオの特定の製品がクライアントまたは製品の近くにいる他の人に危害、損傷、または傷害を引き起こす場合、製造物責任保険が働きます。 製造物責任保険に非常によく似たもう1つの保険は、エラーおよび脱落保険です。 この保険は、今後数日のうちに形成したいと考えている清掃事業などのサービスベースの事業に合わせて作られています。

その理由は、保険があなたのビジネス活動に起因する責任からあなたのビジネスを保護するためです。 この保険が必要な理由の非常に簡単な例は、給料の下の清掃員で、会社の清掃責任者を意図せずに負傷させます。 多くの場合、清掃員は通行人に通知せずに床を濡れたままにしてしまうことがあり、最初の人が濡れた床に足を踏み入れるのはひどく終わります。 事故の不幸な犠牲者が股関節の骨を1つか2つ壊した場合、間違いや不作為の保険があると、彼または彼女はあなたの会社を数百および数千ドルで訴えることはできません。

犯罪および忠実保険

犯罪および忠実度の保険は、清掃事業に関与するため、検討する価値があります。 この種の保険は、サービスベースのほとんどの企業に関係しています。 これは、サービスベースのビジネスは、インベントリ内の機器のパフォーマンスよりも、従業員のパフォーマンスにより依存しているということです。

起業家として、あなたは従業員一人ひとり、特に現場で働いている人たち、つまりクライアントの家やオフィスの中にいる人たちに多大な信頼を置かなければなりません。 サービスチームで常に悪いリンゴになってしまうケースが常に存在する可能性があり、これが予期せぬ不幸な窃盗のケースにつながります。

たとえば、あなたの従業員がクライアントの家やオフィスの中から財産を盗むことができます。 このような悲惨な状況下では、クライアントまたは犯罪の被害者が価値のあるすべてのペニーに対して会社を訴えることを決定した場合、ビジネスが破産しないことを保証するために、犯罪と忠実性の保険が必要になります。

単に彼らの財産を傷つけて盗むか、彼らのスタッフまたは家族を負傷させたままにするよりも、クライアントの怒りを被るより多くの方法があります。 場合によっては、クライアントのキーを置き忘れるという単純な行為が、会社にとって脅威となる状況になることがあります。 その場合、クライアントのresみから身を守るために、失われた主要な保険にいつでも頼ることができます。

清掃業のために絆を深める

大企業があなたの清掃会社に清掃業務を委託する前に、彼らはあなたの清掃事業が結束しているかどうかを知りたいと思うようになりました。 それはあなたがかなり良い現金を取得するより高いレベルでクリーニングビジネスをしたい場合に満たさなければならない要件の一部です。

クリーニングビジネスを結合することは、ビジネスを損失から保護する方法であり、クライアントの仕事を遂行するプロセスにつながる可能性があります。 従業員が組織内で再開する前や営業時間外にオフィス施設を清掃することが期待される場合があるため、清掃事業を結束させるのが賢明です。

ボンディングは保険のようなものですが、通常の保険の場合の保険料よりも少し高い金額を支払う必要があります。 簡単に言うと、ボンディングはクリーニングビジネスの信頼性を高める方法です。 これは、大規模なビジネスの準備ができていることをクライアントに示す方法です。 クリーニング事業のために保税を取得したい場合に従うべき手順をすぐに考えてみましょう。

a。 清掃事業が登録されていることを確認する

今、あなたはあなたのクリーニングビジネスの登録がそれを結合させるプロセスの一部であるかどうか尋ねたいと思うかもしれません。 はい。登録されていない場合は、クリーニング事業の保税について話し合うことはできません。 会社がそもそも登録されていない場合、清掃会社を組織に拘束したいということを知らせるために訪問した場合、保険会社はあなたを真剣に受け止めません。 ですから、あなたのクリーニング事業を結束させたいなら、あなたに期待することは、まずあなたの国の企業委員会にそれを登録することです。

b。 必要なビジネスライセンスを取得する

米国の一部の州または世界の一部の国では、商業クリーニング事業を合法的に運営することを許可される前に、特別なビジネスライセンスが必要になります。 地元の当局にアクセスして、必要なビジネスライセンスとその入手方法を知ることができます。 真実は、あなたのビジネスが所在する管轄区域で練習するためのビジネスライセンスさえ持っていないことを彼らが知っていれば、どの保険会社もあなたのビジネスを結び付けたくないということです。

c。 債券を販売する保険会社をオンラインで検索

異様な時間で働くことを必要とする顧客のために仕事をする際に伴うリスクのために、彼らの顧客、特に清掃業にこの余分なサービスを提供する様々な保険会社があります。 オンラインで検索すると、このサービスを提供する多くの保険会社が見つかります。 あなたに期待されるのは、連絡先の住所と番号を含む、あなたに近い人のリストを作成することです。

d。 コントラストを比較して選択してください

このサービスを提供する保険会社のリストを作成できたら、あなたがすることが期待されることは、あなたがすることになる賢明なビジネス上の意思決定を行うことができるように、価格とサービスを比較対照することですあなたの好意。 あなたの目の前にあるさまざまなオプションを勉強するとき、それはあなたのクリーニングビジネスに適切な会社とパッケージを選択する機会を与えることは間違いありません。

e。 保証金の支払いと証明書の取得

債券のプレミアムとして支払うと予想される金額は、債券の額面の0.75%〜3%です。 たとえば、清掃会社のために50, 000米ドル相当の債券を購入した場合、年間保険料150米ドルを支払うことになります。 だから、保険会社と取引することを決め、クリーニング会社のために購入する債券の量を決めたら、すべての書類を完成させ、支払いを行い、証明書が完了するまで待つ必要があります発行済み。

証明書を受け取ったら、大企業とクリーニング事業を行う準備ができていることを意味し、あなたの国のクリーニング業界で確立された企業クリーニング会社と有利に競争することができます。

今では、クリーニングサービスビジネスを運営しているときに、多くのものが間違っている可能性があり、実際にうまくいかないことに気付いているかもしれません。 前に述べたように、あなたのクリーニングビジネスに保険をかけることは、あなたのビジネスがよりプロフェッショナルになることを助ける何らかの職業上の義務ではありません。 代わりに、大惨事が発生したときに、繁栄するビジネスのライフラインを確保する方法です。

どんなに努力しても、今後の災害に十分に備えることはできません。 したがって、これらの災難を開いた手で受け入れ、ビジネスの成功をあなたの手の指からすり抜けるのではなく、ビジネスの保険をかけましょう。 保険を取得することは、成功を保証しない場合でも、業界での清掃会社の存続を保証する確実な方法と見なすことができます。