保育事業計画– SWOT分析サンプル

デイケアビジネスプランを作成しますか? 「はい」の場合、保育事業を開始する強み、弱み、機会、脅威を明らかにするサンプル保育事業計画SWOT分析があります

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 市場分析
  3. SWOT分析
  4. 財務予測
  5. マーケティング計画
  6. マーケティングのアイデアと戦略

デイケアビジネスプランSWOT分析–経済分析

長年にわたり、米国では子育てがかつてないほど重要になっています。 2000年代後半に世界を襲った世界的な金融危機により、米国の一般家庭向けの育児サービスは手頃な価格になりました。

デイケア事業では、ダウン期間があるかどうか心配する必要はありません。 これは、このビジネスが一年中常にブームになっているためです。 売上の好況は、経済の状態に依存しません。 これは、一年中保護者が働く必要があるため、一部の人々は子供の世話をする必要があるためです。

さらに、デイケア事業は投資収益率を保証する事業の1つです。 このため、多くの人々が取引で現金化しています。 だからこそ、デイケアの人々が提供するサービスは常に一流でなければなりません。 提供されるサービスが成功するように、トレーニングを従業員に提供する必要があります。 確かなことが1つあるため、サービスが優れていれば、他の人がそれを知っているでしょう。

保育事業計画– SWOT分析サンプル

デイケアセンターを開設する目的は、他の学校と有利に競争し、他の学校を上回ることです。 また、5年間にわたってビジネスのテストを実施することも決定しました。 これは、この期間中にどのように運べるかを知ることであり、ビジネスの拡大のためにより多くのリソース、追加のお金を費やすかどうかを決定することです。

とりあえずたった一つのセンターから始めて、無数の競争にもかかわらずどのように成功できるかを見ていきましょう。 これらすべてに到達するにあたり、SWOT分析の実施を支援してくれた専門家のサービスを採用するのが適切であると判断しました。

デイケア学校を運営し、おそらくより多くの支店を建設するのに必要なものを確保するために、これを行うのが得策でした。 以下は、Tiny Thoughtsに代わって実施されたSWOT分析の結果の概要です。

  • 力:

私たちの強みの大部分は、デイセンターの所有者が児童心理学に精通しているという事実にあります。 これは私たちにとって本当に良いことです。なぜなら、私たちは、教育や心理学の背景知識を持たない一部の人々とは異なり、私たちの世話をする子供たちを本当に扱うことができると信じているからです。

  • 弱点:

私たちのビジネスの弱点として認識されているのは、私たちが初心者として始めていることであり、デイケアで子供たちを来て登録するように人々を説得するのは本当に簡単ではありません。 これが、広告戦略に真剣に取り組み、潜在的なクライアントとの取引を封印する方法を固めなければならない理由です。

  • 機会:

私たちが保育園で子供を登録するのにかかる費用を下げるつもりであるという事実は、私たちがすべての人を引き付ける方法の1つと思われます。 私たちは、従業員とサービスの質が高いことで、私たちに非常に満足しているクライアントを引き付けることは間違いありません。

  • 脅威:

私たちのビジネスが直面する可能性のある脅威のいくつかは、子供が病気にかかっていて、まだ中心に来るシナリオです。 このような流行が他の子供に広がる可能性があります。 など; これは、一部の保護者が自分の子供をより安全な場所に引き寄せたいと思うようになる可能性があるため、良くないかもしれません。