ビジネスファイナンスと予算配分のクリーニング

第7章 -:これは、「クリーニングビジネスを開始するための完全なガイド」の7番目の章です。少数のバリエーションを除きます。 オフィス施設のレンタルまたはリースの費用、税金、保険など。 したがって、自分で商業クリーニングを開始するつもりで、ビジネスをセットアップするために必要な合計金額を知りたい場合は、この記事を読む必要があります。

事業を始める前に適切なプロセスを踏むなら、それはあなたがあなた自身の実行可能性調査と市場調査を行ったことを意味します。 実行可能性調査と市場調査により、ビジネスを開始するために必要なすべての見積もりを取得できます。 必要なすべての機器、現在の機器の市場価格、異なる場所でのオフィス賃料/リースの異なるレート、およびあなたの国でビジネスを登録するために必要な金額、および予想されるその他の料金に関する情報があります。支払います。

基本的に、私たちは世界中のクリーニング企業に固有の重要な要因を調べ、可能な限り米ドルでリストされたアイテムの推定コストを提供しようとします。 次に、クリーニングビジネスを開始するのに実際にかかる費用を考えてみましょう。

クリーニングビジネスを開始するにはどれくらいの費用がかかりますか?

1.ビジネスの登録費用

事業を開始する場合、最初に発生する費用は、事業の登録費用です。 たとえば、アメリカ合衆国で事業を開始する場合、有限責任会社(LLC)として事業を組み込むには、100米ドルから400米ドルが必要です。 しかし、地元の郡書記官の事務所であなたのビジネスを登録したいだけなら、100米ドル以下で支払うことになります。 アメリカ合衆国に住んでいない場合は、お住まいの国の企業委員会の最寄りのオフィスを訪問して、ビジネスの登録または法人化の費用を問い合わせることができます。 インターネットで検索することもできます。

2.賃貸/オフィス施設のリース費用

オフィススペース/施設のレンタルまたはリースの価格は、同じ国や州内であっても場所によって異なります。 したがって、オフィス施設を確保するために必要な金額の見積もりを取得する場合、オフィス施設を確保する予定の地域の不動産業者に連絡することが期待されます。 彼らはあなたが選択した任意の場所でオフィス施設をレンタル/リースするのにかかる費用をあなたに与えるのに最適な位置にいるので、彼らに質問してください。 しかし、平均すると、まともなオフィス施設の年間賃料で約3000米ドルかかります。 少なくてもよく、多くてもよいことに注意してください。

3.基本的なオフィス機器の購入費用

クリーニングビジネスを開始する場合に考慮する必要がある別のコストは、オフィス機器のコストです。 リースには、オフィステーブル、オフィスチェア(3つ以上)、コンピューター、プリンター、ファックス機、AC、ブラインド、ファイルキャビン、電話、ファックス機、インターネットデバイス(接続)などが必要です。 これらのアイテムの価格は、物理的な市場またはオンライン市場から取得する方が簡単です。 開始する前に新しいオフィス機器を購入する必要はありません。起動コストを削減するために、かなり使用済みのオフィス機器を購入できます。 彼らは安いです。 これらの機器を購入するために必要なものの見積もりは約1, 500USDである必要があります。 それはもっと多いかもしれませんし、もっと少ないかもしれません。

4.洗浄装置および化学薬品の購入の費用

洗浄装置と化学薬品の購入にかかる費用は、洗浄事業を立ち上げるために設定する必要がある大きな費用です。 掃除機、湿式掃除機、床掃除機、モップ、ブラシなどが必要です。 同様に、かなり使用されているタイプの機器を入手することもできます。また、清掃作業を実行する場合は、リースまたはレンタルすることもできます。 また、洗浄剤の供給も必要になります。 したがって、これらの機器の予算を約2, 000米ドルにする必要があります。 少なくてもよく、多くてもよいことに注意してください。

5.ビジネスを促進するコスト

最後に、クリーニングビジネスを開始する場合に発生する別のコストは、ビジネスを促進するコストです。 清掃ビジネスを促進するために必要なことの一部は、名刺を印刷し、チラシを印刷し、印刷媒体と電子媒体の両方に広告を出すことです。 どのように進むべきかについての厳しい規則はありません。 予算を設定した金額で作業できます。 あなたは500USD以上で働くことを決めることができます、選択はあなた次第です。 一番下の行は、あなたがあなたのビジネスを促進する費用をあなたのスタートアップの一部として含める必要があるということです-費用。

さらに、推定8, 000米ドルで、クリーニングビジネスを開始できます。 この記事に記載されている金額は石で鋳造されたものではなく、お住まいの国または都市で入手可能な金額よりもはるかに少なく、お住まいの国または都市で入手可能な金額よりもはるかに多い場合があります。 これは、クリーニングビジネスを開始するために必要な金額を把握するためのものです。

ビジネスファイナンスと予算配分のクリーニング

予算配分に基づいてビジネスプランを構築することを忘れた場合、ビジネス運営のルールと規制に従うことに関するすべてのマーケティングスキルと規律はほとんど利益を生みません。 用語予算は、あなたにとってあまりにも異質ではないはずです。 多くの場合、フレーズカットコーナーと一緒に使用されます。

それが、予算という言葉や予算に関する一般的な認識の由来です。 予算を割り当てる唯一の目的は、角を切り、コストを削減することではありません。 どちらかといえば、予算の割り当ては、ビジネスの効率を達成するための主要なツールです。 事業運営の効率を維持できない場合、清掃事業は厳しいスタートを切るでしょう。 リソースが非効率的に使用されないようにするには、完璧なビジネスプランを準備し、手元にある貴重な資金の割り当てに一生懸命取り組む必要があります。

初心者の起業家として、あなたがあなたのクリーニングビジネスの日々のオペレーションに遅れずについていくのは非常に難しいかもしれません。 清掃事業はサービス提供に基づいていますが、他のそのような事業とは大きく異なります。 優れたクリーナーを採用することは、クリーニングサービス事業のオーナーとしての職務記述書のほんの一部です。 顧客の要件に応じて作業者がタスクを遂行するのを支援するツール、機器、製品を大量に調達する必要があります。 言い換えれば、クリーニングビジネスを実行するときに心配する必要があるリソースがたくさんあります。

これ以上のことにより、全体像に集中できなくなります。 これが、予算の作成と管理を計画するための特定の時間を確保する必要がある理由です。 予算によって形作られていないビジネスは、遅かれ早かれ蒸気を使い果たす運命にあります。 単に起業家としてのキャリアを通じて、直感に頼ることはできません。 計画を持っていないことは、スーパーヒーロー映画のスーパー悪役にふさわしいモットーまたはマントラです。 起業家として、あなたは自分のステップや将来の決断を一つ一つ意識する必要があります。

今後の計画は、ビジネスを維持するために不可欠です。 あなたのビジネスが今から3ヶ月、6ヶ月、さらには1年かかるという方向を知らないなら、あなたはあなたの会社とあなたの従業員をオーナーとエグゼクティブとして失敗させました。 起業家であることはあなたの肩に大きな名誉を授け、あなたはそのことわざがどうなるか知っています。 大きな名誉とともに、大きな責任が伴います。 事業計画を立て、予算に基づいて資金を割り当てることは、起業家としてのあなたの主な責任の1つです。 前述のように、この責任は、世界で最も単純な取引ではないクリーニングサービスビジネスを担当している場合はさらに大きくなります。

予算の割り当てという言葉は、予算はビジネスの特定の部門でどれだけのお金を使うかを決定することについての考えを与えるかもしれません。 残念ながら、見た目ほど単純ではありません。 事業分野のニーズに応じて単に資金を分割するだけではありません。 事業計画の準備、レビュー、財務とパフォーマンスの定期的な監視はすべて、予算の管理下に置かれます。 これは、新しいビジネスの所有者が自分の立場を間違える場所です。 多くの場合、彼らはリラックスして面倒な方法で予算を立てて運用する必要性を感じません。

以前に使用したホットドッグスタンドの例を覚えていますか? ホットドッグスタンドを運営している場合は、自動操縦でビジネスを推進する余裕がありますが、クリーニングサービス会社を設立して生計を立てようとしているときは、常に袖を折り畳んで予算を立てる必要があります。 計画の資金調達は、ビジネスの将来を計画する最も簡単な方法です。

ビジネスの存続を確保することは、保険を取得することと同じくらい重要であり、今では保険の重要性を知る必要があります。 キャッシュフローを効果的に制御したい場合、予算編成は習得して習得する必要があるテクニックです。 実際問題として、予算編成を行うことで、チャンスがなくなるか、空腹の競合他社に食い尽くされる前に、適切なタイミングで新しいチャンスに投資することができます。

成長するビジネスでは、組織の各分野に目を向けることは非常に困難です。 ここで予算を分割する必要が生じます。 予算は、生産、販売、マーケティングなどの個別のセグメントに分割する必要があります。 清掃サービス会社のオーナーとして、「生産」という言葉はあなたにはあまり関係がないかもしれません。 商品として販売されている商品を直接製造していないのは事実です。 ただし、クリーニングサービスを作成しています。 従業員を雇用し、効率的な清掃スタッフの素晴らしい追加となるようにトレーニングするたびに、会社は清掃サービスの生産に追加します。

事業の拡大に伴い、資金がさまざまな方向に広がっていることにすぐに気付くでしょう。 これらの資金を追跡することは非常に困難になります。 モップの購入から、染み抜き剤、除塵剤、クリーニング手袋、防塵剤まで、お金を投資する必要があるさまざまな製品は文字通り無限大です。 このような状況では、ビジネスオーナーが自分の支出を上昇させて制御不能にするのは非常に簡単です。

事業の主な動機は、収入を支出より上に保つことです。 清掃業が順調に進んでいない場合、数か月以内に破産申請をすることになります。 したがって、予算編成の重要性は無視できません。 予算の必要性は、次の4つの基本目標の形でまとめることができます。 これらは:

  • 財務に対する管理と権限の行使
  • 現在のプロジェクトが引き続き資金提供されるようにする
  • 自分が金銭的な決定を下し、少しでもためらうことなく目標を達成できるようにします。
  • 将来計画されているプロジェクトを開始するのに十分な資金を自分で確保できるようにする

予算を作成して維持することの利点は、今までに明らかです。 まだ疑問が残っている場合、予算に従うことでクリーニングサービスビジネスが大幅に向上する8つの理由があります。

予算計画を作成する理由
  • 予算が整っていれば、より効率的にお金を管理できます
  • 予算を作成すると、リソースはその使用に適したプロジェクトに割り当てられます
  • 予算は、従業員とビジネス全体のパフォーマンスを監視するのに役立ちます
  • 適切な予算で目標と目的を達成するのがはるかに簡単になります
  • 十分に計画された予算に従うと、意思決定がより豊かになります。
  • 予算により、今後発生する問題を把握できます。 キャッシュフローの難しさは、機能予算によって解決または防止できる問題の例です。
  • 予算が業務を決定するときに、将来の計画がはるかに簡単になります
  • 清掃事業においてスタッフは非常に重要であるという事実を考えると、予算により、最も困難な時期でもモチベーションと集中力を保つことができます。

清掃事業の予算計画を作成する

予算の作成と監視は、ビジネスの成功の種をplantくことと同じであるということは、十分に確立された事実です。 ビジネスを長期間安定して収益性を維持したい場合は、適切に計画された予算に依存する必要があります。 予算に関することは、作成するのが世界で最も単純なものではないということですが、ビジネスや経済の博士号を取得する必要もありません。 クリーニング事業の予算を立てるときに最大限の集中力を発揮している限り、この財政的ハードルを比較的簡単に克服できます。

清掃事業の予算を立てる際には、3つの非常に重要な質問を自問する必要があります。 これらは:

  1. 予算期間中に目指している推定販売数はどれくらいですか?

    現実的な仮定を考えてみてください。 自分の能力を過小評価したり、不当な野心から過大評価してはなりません。

  2. 会社の売上の直接費用はいくらですか? これには、定期的に顧客にクリーニングサービスを提供するために必要な材料、コンポーネント、または下請業者の費用が含まれます。
  3. 清掃サービス業務の固定費または間接費はいくらですか?

予算を立てるときは、特定の重要な手順に従って、トラックから逸​​脱していないことを確認する必要があります。 予算を作成する際に最も重要なことは、可能な限り現実的な状態に保つことです。 多くの場合、新しい起業家は現実的であるという概念をビジネスの拡大と成長の障害と見なしています。

経験の浅い目では、あなたの会社の目標を設定することは、学期の終わりに到達できる距離を制限するだけです。 栄光のハンターであり、野心的な起業家であることは何も悪いことではありません。 実際、クリーニングビジネスのオーナーとして、あなたの主な焦点は、可能な限りあなたのビジネスを大きくすることにあるべきです。 しかし、そうする過程で、野生の空想や不可能な目標に追いつかないでください。

たとえば、清掃会社が業務の最初の数か月以内に近隣のかなりの数のクライアントを引き付けることを期待することは完全に受け入れられます。 受け入れられないのは、あなたの清掃会社が数週間のうちに都市全体で独占力を享受することを望むことです。 これらの非現実的な仮定は、成功への道にスパイクストリップを配置し、ビジネスを崩壊させます。

他のクリーニングサービス会社の過去の記録に頼って、目標と野望に沿った現実的な予算を立てる必要があるかもしれません。 他の人がどのように予算を作成し、それをビジネスの合理化に適用するかを見ると、ビジネスに最大限の報酬をもたらすためにリソースをマーシャリングする方法をより明確に理解するのに役立ちます。

また、金融のスキルを磨き、変動費と売上の関係を把握する方法を見つけなければなりません。 次のステップでは、売上予測を使用して、変動費用の予測または予測を考え出します。 この概念をよりよく理解するのに役立つ簡単な例を次に示します。

売上の20%ごとに単位単価が10%低下した場合、売上の上昇が40%であると観測された場合、単価にどのように影響しますか?

このような数学的問題を解決することは、適切に計画された予算を立てる安定した要素です。 また、予算には、販売、運転資金、費用など、クリーニングサービスビジネスの主要な要因を追跡できる十分な情報を含める必要があります。 多くの場合、清掃サービス会社はハイテクソリューションに依存している組織とは見なされませんが、会計ソフトウェアを使用するだけで予算を大幅に簡素化できるという事実は変わりません。

予算を作成するための最後の、そして最も過小評価されている(そしてしばしば無視されている)ステップは、適切な方法で適切な人々を利用することです。 あなたが町で最も熟練したカリスマ的な起業家であると信じていても、予算編成は確かに一人の仕事ではありません。 適切に計画された予算を立てる際には、スタッフが責任の大きな部分を共有する必要があります。

財政的義務を負っているスタッフに、販売目標、クリーニングサービスコスト、プロジェクト管理の詳細に関連する数値の見積もりを提供するよう依頼してください。 データを収集して評価する義務を彼らに任せてください。 このデータが分析されたら、あなたが会社を連れて行く方向はあなたの手にあります。 あなたは結局、あなたの会社の処女航海の船長です。

予算が完了した後でも、リソースの割り当てに関する財政的義務は終了しません。 適切に計画された予算がクリーニングサービスビジネスの成長を促進するための効果的なツールとして機能することを確認するには、定期的に見直し、修正するようにしてください。 半年ごとの予算修正は、ほとんどの成功した清掃サービス会社の標準プロトコルです。