クリーニングビジネス用の機器と消耗品の購入

第9章 -:これは、「クリーニングビジネスを開始するための完全なガイド」の9番目の章です。クリーニングビジネスは、サービスに基づいていますが、多くの異なるサプライに大きく依存しているビジネスです。 これらの消耗品は、クリーニングスタッフに、市場の最新で最も先進的で印象的な製品とツールを提供することを唯一の目的とするもので、顧客の自宅や職場で優れた仕事をするのに役立ちます。 これらの消耗品がないと、クリーニングスタッフのパフォーマンスはクライアントの期待を確実に下回り、この特定のビジネス分野の新人として達成したい基準を満たせなくなります。

清掃業に関する一般的な認識は、所有者は定期的に大量の物資を調達する必要があるということです。 清掃業者が清掃スタッフとほぼ同じくらい彼らの用品に依存しているという事実を否定することはほとんどありませんが、それは必ずしも大量の用品を保管する必要をもたらすとは限りません。 どちらかといえば、ほとんどの清掃業者は限られた数の消耗品を最大限に活用することが知られています。

言い換えれば、清掃サービス事業のオーナーとして、あなたはあなたの事業を始めるために大量の消耗品を購入する心配を自分で負担する必要はありません。 これは、「少ないほど多い」というまれな機会の1つです。 実際のところ、クライアントのオフィスや家の掃除に必要なすべての材料は、掃除会社の1台の車の中に簡単に収容できます。

サプライ品を購入するこの控えめなニーズの背後にある単純なロジックは、クリーニングビジネスを開始すると、ほとんどのプロジェクトは開始後数週間、数か月、数年で着陸したいプロジェクトよりもはるかに小規模になるということですあなたのビジネスの。 必要な物資の量は最小限になります。 初期の頃は、ある作業現場から別の作業現場に簡単に輸送できる1セットの消耗品を使用して、業務を非常にスムーズに実行できます。 あなたのビジネスの成長に伴い、あなたの資金も時間外に増加し、最終的にあなたはあなたのビジネス運営の有効性を増すためにより多くの物資を買う十分なお金を持つでしょう。 ここで問題が発生します。

サプライ品のポートフォリオを拡大するまで、どのくらい待つ必要がありますか?

この質問に対する答えは、清掃サービス事業ごとに異なります。 実際のところ、購入する必要があるセットの数は、ある時点でのサービスを提供しているクライアントの数に完全に依存します。 通常、3〜4台を超えるクライアントがいない場合、最初の消耗品セットに追加する必要はあまりありません。 前述のように、同じ機器や製品をある作業現場から別の作業現場に比較的簡単に移動できます。 緊急事態の際に特定の備品を救済するためにバックアップの交換が必要であることに注意することが重要です。

住宅や住宅を含むプロジェクトに着手している場合、1組の消耗品のみを維持し、それを使用してビジネスオペレーションを実行することは非常に効果的です。 これは、物資を誰かの家に保管する必要がほとんどないためです。 実際のところ、それは住宅所有者にとって大きな迷惑となり、プロジェクトを危険にさらす可能性が非常に高くなります。

多くの住宅所有者は、あなたが彼らと一緒に素晴らしい仕事をしている限り、彼らのクリーニング用品を借りることができるという考えを受け入れているので、時々、あなたは自分の物資を現場に持ち込む必要さえないでしょう。 明らかなように、事業運営の初期段階で住宅所有者と取引を行う場合、複数セットの消耗品を調達する必要はほとんどありません。

ただし、ビジネスが新しい分野、特に商業クリーニングアカウントを扱う分野に拡大するにつれて、この初心者向けの消耗品セットを改善し、継続的なビジネスエンゲージメントに対応できる容量の消耗品セットに変える必要があります。 より多くの物資を調達する必要性は、それ自体が商業的なクリーニングアカウントに起因するものではありません。 繰り返しになりますが、それはすべて、毎週または毎月満たすことを目指しているクライアントの数に帰着します。 クライアントが多すぎて処理できない場合は、この場合、武器庫にさらに銃を積み上げる必要があります。 コレクション内のより多くのクリーニング製品と機器。

考慮すべきもう1つの要因は、特定の商業施設を頻繁に訪れると、おそらくその施設の敷地内に一晩物資を保管することになります。 商業施設は夜間にはほとんど使用されず、スペースを食い尽くす機器や製品は誰にとっても迷惑になりません。 また、頻繁にアクセスする商用のジョブサイトに物資を保管する方が、それらの物資をその場所に繰り返し輸送するよりもはるかに便利です。 貴重な時間とお金を節約できます。これは、クリーニングビジネスの成功に不可欠な2つのリソースです。

どのくらいの物資/在庫を持ち込めばいいですか?

サプライ品に関する限り、クリーニングビジネスに不可欠なアイテムのリストは長すぎても短すぎてもいけません。 無数の製品を購入することの不安にあなたの心が圧倒されるのは望ましくありません。そのほとんどは明確な考えを持っていません。 多くの初心者の起業家は、彼らの在庫のサイズが大きければ大きいほど、彼らのビジネスオペレーションがより簡単であるとわかるという新人の間違いをします。 所有している製品と機器の数は、会社が勤務する住宅および商業の現場で清掃スタッフが展示するパフォーマンスの種類を正確に反映したものではありません。

それは、あなたがほとんどまたはまったく役に立たない製品であなたの在庫を過負荷にするのではなく、重要なアイテムの選択をスポットすることに関するものです。 間違った製品を過剰に調達することは、ビジネスを運営する上での重大な罪であり、クリーニングサービスに基づくものは言うまでもありません。 これは資金の途方もない浪費であるだけでなく、保管スペースの哀れな無駄でもあります。これは、あなたが建設しようとしている会社のような清掃サービス会社を立ち上げるために非常に重要なことです。 クリーニングビジネスへの扉を開く前に市場で正確に何を探すべきかについて混乱している場合は、クリーニングビジネスコレクションに欠かせないいくつかのアイテムの次の名前をよく見てください。

必要な必須のクリーニング機器と消耗品

  • 白い布のぼろきれ:-清掃スタッフは、白い布のぼろきれをたっぷり必要とします。
  • ペーパータオル -:クリーニングビジネスサービスでペーパータオルを使用していない場合は、業務に重大な問題があります。
  • トイレブラシ -:聞こえるかもしれませんが不快です。 これは、トイレの病原菌と戦う際に選択する武器になります。
  • トイレボウルクリーナー -:これは、トイレの厄介な業務を処理する別のクリーニングアイテムです。
  • ほうき -:清掃サービス事業のハイテクに関係なく、古い学校のほうきの効果は決して無視できません。
  • ダストパンとブラシ -:清掃スタッフは大量のダストを扱っているため、市場で入手可能な最高のパンとブラシを装備する方が良いでしょう。
  • ドライモップ -:ほうきのように、この古い学校の清掃用具はどんな状況でも見逃すことはできません
  • 濡れたモップとバケツ-乾いたポップが仕事に及ばないときは、湿気の力を加えて、床をきれいに拭いてください。
  • ラテックスグローブ -:これらは、クライアントの所有物を誤って汚さないようにするためのものです。 これらは、清掃スタッフが汚れ、ほこり、汚物と直接接触するのを防ぐ目的にも役立ちます。
  • ぬれた床看板 -:クライアントのオフィスや家の中にいる人々がぬれた床の上で滑って腰を壊し、用務員やメイドに凶暴になることを望まない限り、たくさんのぬれた床看板を購入または作ることを確認してください。
  • 延長コード -:日常の操作で必要になることがあるシンプルな電子機器。 火災の発生に対して最大の抵抗力を発揮する延長コードを必ず購入してください。
  • ウィンドウクリーナー -:クライアントが最初にクリーニングを注文するものの1つは、特に商業クリーニングアカウントのクライアントの場合、ウィンドウです。 ウィンドウクリーナーにケチをしないでください。 しかし、最高の品質と価値を提供するもの。
  • 消毒剤クリーナー -:あなたのクライアントは、あなたの財産を可能な限り無菌または汚染のない状態に保つことを期待します。 これは、消毒剤クリーナーがあなたの持ち物のかけがえのない商品になる場所です。
  • バスルームクリーナー -:この分野で卓越性を実現したい場合は、クライアントのオフィスや家の洗面所でさえ、きしむようなきらめきをきれいにする必要があります。 高度なクリーニングフォーミュラを備えた市場で最高のバスルームクリーナーを最大限に活用してください。
  • 家具のポーランド語 -:家具は、おそらくクライアントの目に最も切望されている資産です。 家具には特に注意する必要があります。 高品質の家具用ポリッシュを購入して、クライアントがお気に入りの家具について苦情を残さないようにしてください。
  • シンク用ソフトスクラブ製品 -:繰り返しますが、クライアントを本当に喜ばせようとする際に、物件の一部を省略したり、オフィスや家の中のアイテムを見落としたりするだけの余裕はありません。 シンクにも注意が必要です。 ソフトスクラブ製品を使用して、シンクをきれいにし、クライアントの顔に笑顔を置きます。
  • フェザーダスター -:これらのアイテムは、一般的な信念に反して貴族の執事によって使用されるだけではありません。 清掃スタッフは、家やオフィスの家具がすべてきれいに保たれるように、羽ばたきで手を忙しくしておく必要があります。
  • High Duster- :これらのクリーニングアイテムは、特にキャビネットの後ろや天井の角など、届きにくい場所をクリーニングするのに役立つように特別に設計されています。
  • 掃除機 -:この救命設備は、清掃スタッフの一人ひとりの親友になるはずです。 それは、余分な手動の努力をすることなく、床、家具、カーペットを掃除する最も簡単で、最も簡単で、最も効率的な方法を提供します。 市場には多くの掃除機があります。 ジョブの説明とジョブの場所の要件に最適なものを選択します。 ブランドが提供しているさまざまなカテゴリと仕様について事前に調査することなく、掃除機を購入しないことをお勧めします。
  • Caddy- :これは、クリーニングサービスビジネスのために買い物に行くときにチェックリストを消す必要がある最後の備品です。 ユーモラスなことに、キャディはすべての物資を保管するのに役立つ物資です。

多くの場合、ビジネスの供給を調達することは、マーケティングアジェンダを作成する、予算計画を策定する、またはビジネスIDを確立することと同じ重要性の観点からは見られません。 そうは言っても、愚か者だけが、短期的にも長期的にもビジネスを形作る上であなたの物資が果たす主要な役割を否定するでしょう。 品質と量の点で消耗品に一貫性がない場合、清掃スタッフは非常に困難な立場に置かれます。

清掃サービス事業を営むことは確かに子供の遊びではありません。 初心者の起業家として、紙タオルのように一見取るに足りない何かを使い果たしても大丈夫だと思うかもしれませんが、現実には、この「小さな」エラーが戻ってきて、取り消された取引の形であなたを悩ませますクライアント。