50のクリエイティブレストランマーケティングのアイデアと戦略

レストランを経営していて、顧客ロイヤルティと製品の売り上げを増やしたいですか? 「はい」の場合、ここでは50の創造的なレストランマーケティングのアイデアとブランディング戦略を示します

以下を提供しました:

  1. レストラン業界の概要
  2. 市場調査と実現可能性
  3. レストラン事業計画
  4. レストラン名のアイデア
  5. レストランのライセンスと許可
  6. レストランを始める費用
  7. レストランマーケティング計画

私たちは今、あなたのレストランビジネスをあなたの地域でナンバーワンのレストランに変えるのに役立つマーケティングのアイデアと戦略を検討します。

レストラン事業の開始–市場実現可能性と調査

  • 人口統計学および心理学

食品に関する限り、それを必要とする明確な人口統計はありません。 すべての人間は食物を必要とします。 つまり、高齢者、若者、子供、ティーンエイジャーなど、誰もが食料を必要とし、彼らはすべてレストラン業界の潜在的な顧客です。 本質的に、レストラン兼食品ビジネスのターゲット市場は、すべての人々が生き残るために食べ物を必要とするため、あらゆる階層の人々を横断します。

さまざまなレストランでは、特定の人口統計に対応するためにレストランビジネスを設計することがよくあります。これは、場所の選択や運営するレストランのタイプに反映されることに注意してください。 たとえば、レストランは、大陸間レストランを開始することを選択できます。また、レストランを町の高地に配置することもできます。

構築しようとしているビジネスブランドの種類に集中するために、ほとんどのレストランでは通常、特定の人々のグループをターゲット人口統計として定義し、以下のリストのいずれかに分類できます。

  • 学生の
  • 労働者階級
  • 移民
  • 国際観光客
  • トップエグゼクティブ
  • 家族
  • 有名人
  • 外交コミュニティ
  • レジデンス
  • 法人組織

50のクリエイティブレストランマーケティングのアイデアと戦略

  • レストラン事業のマーケティングのアイデアと戦略

この分配では、顧客はインターネットを使用してレストランを見つけ、レビューを読み、メニューを表示し、そしてもちろんテーブルをオンラインで予約することを明確に述べることが重要です。 多くのプロセスがデジタル化されました。 これが、ほとんどのレストランがレストランのマーケティングと広告のためにテクノロジーとインターネットをますます採用している理由です。

無料のレストランマーケティングプランテンプレートとアイデアをこちらで確認できます。 以下は、レストランビジネスに採用できるマーケティングのアイデアと戦略の一部です。

  • ダイレクトマーケティング
  • テレビおよびラジオ番組のスポンサー
  • 街の戦略的な場所にビルボードを建てましょう
  • 販売代理店と営業担当者の活用
  • オンラインマーケティング(公式ウェブサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、ブログなどを介して)
  • 紹介マーケティング
  • 収益分配ビジネスパートナー(イベントプランナーおよび請負業者)
  • 展示会中の広報

レストランビジネスに適した製品価格設定を支援する要因

食品コストの変動が利益率に直接影響するのは事実です。 適切な価格設定を取得し、レストラン事業から合理的な利益を得るための方法の1つは、食品や食材を大量に、そしておそらく直接市場から購入することです。 これは、コストを軽減し、コストの変動を軽減するのに役立ちます。

レストラン事業のゲリラマーケティング戦略

  • レストラン事業のブランドアイデンティティの創造

ブランディングの全体像に目を向けることは非常に重要です。 これはなぜですか? これは基本的にそうです。なぜなら、すべての人に言葉を広めるために利用可能なすべての手段を探求し、レストラン事業について雑多なことをするからです。 そのため、利用可能なあらゆる手段(従来型および非従来型の手段)を活用して、ビジネスを宣伝および促進します。 ブランド認知度を高めることは、利用可能な市場に私たちをかわいがらせる長い道のりになります。

レストランビジネスのブランドアイデンティティを作成する方法は次のとおりです。

  • ユニークな企業ロゴのデザイン
  • 印刷物と電子メディアの両方のプラットフォームに広告を配置する
  • 従業員は、勤務時間中や屋外で仕事をしなければならないときは、常にブランドシャツを着用するようにしてください。
  • 会社のロゴと連絡先を含むフレキシバナーを戦略的な位置に配置します
  • 関連するテレビ番組のスポンサー
  • 大きなショーがあるときはいつでも有名人に対応してください。
  • 映画セットに出演している有名人に対応します。
  • 会社のウェブサイトを最大化して、ビジネスを促進する
  • インターネットやソーシャルメディアプラットフォームを活用してください。 Instagram、Facebook、Twitter、LinkedIn、Badoo、Snap Chat、Google +、およびその他のプラットフォームで企業ブランドを宣伝
  • 戦略的な場所にビルボードを設置する
  • 対象地域にチラシやチラシを時々配布する
  • 外食産業であなたの競争相手に勝つための可能な競争戦略

外食産業で有利に競争することになると、あなたはトップにとどまるために非常に創造的でなければなりません。 質の高いおいしい食事、各種の食事、優れた顧客サービス、施設の見つけやすさは、競争上の優位性として役立つ要因の一部です。

  • レストラン事業の顧客維持率を高める可能な方法

間違いなく、顧客から繰り返し販売を生み出し、それらを維持するために必要な戦略の1つは、食品の品質と味、顧客サービスの提供が常に適切であることを保証することです。

真実は、食べ物や顧客サービスの提供の味と品質が変動すると、顧客を呼び戻すのに苦労する可能性が高いということです。 人々は通常、かなりおいしい味の食べ物を求めます。 また、ロイヤルティスキーム、ダイレクトマーケティング、ドアドロップ、マーチャンダイジングなどのプロモーションアイデアを活用することもできます。

レストラン事業の実用的なマーケティングのアイデア

インターネットを使用せずにレストランを宣伝/宣伝するための費用対効果の高い方法

市場でのレストラン事業の広告と宣伝に関して、私たちが活用しようとしているプラ​​ットフォームは次のとおりです。

  • 全国のテレビ局、ラジオ局、新聞/雑誌に広告を掲載する
  • 関連するコミュニティプログラムのスポンサー
  • 戦略的な場所にビルボードを設置する
  • 時々ロードショーに参加する
  • チラシやチラシを対象地域に随時配布する
  • ターゲット市場内の企業組織および家庭に紹介状を送ります。
  • 労働者は、勤務時間中は常にブランドシャツを着用し、また、バン、トラック、自動車などのブランドを設定します。

インターネット上でレストラン事業を宣伝/宣伝する手頃な方法

インターネットは現在、ビジネスを宣伝/宣伝する際の最大のプラットフォームであり、他の従来の広告プラットフォームよりもはるかに安いインターネット上での広告に関する良い点の1つであることを認識しています。 これが、サービスを宣伝するためにインターネット上で利用可能なすべてを確実に探索する理由の1つです。

フードサービスを宣伝/宣伝するためにインターネットを活用する方法は次のとおりです。

  • 次のようなソーシャルメディアプラットフォームの活用。 Instagram、Facebook、Badoo、Snap chat、YouTube、Twitter、Google +など
  • 食品および食品サービスに関するブログを開始します。
  • 私たちのレストランに関するウェブサイトを始めてください。人々は注文することもできます。
  • インタラクティブな企業Webサイトを設計し、プラットフォームを使用してレストランビジネスを促進する
  • トラフィックの多いWebサイトに広告を配置する
  • ブログに参加し、プラットフォームを利用して食品サービスを促進する
  • メールマーケティング戦略を活用して、レストランの広告と宣伝を行います。

私たちのレストランに固有の創造的なマーケティングのアイデア

創造性は、ビジネスを際立たせるものの1つです。 広告からの素晴らしい紹介をすでに楽しんでいる企業は、テーブルに多くのユニークさをもたらしました。 これは、レストラン事業にも影響を与えるはずです。 箱の外で、または箱なしでも考えて、レストランに行きたいターゲットユーザーに確実に連絡を取り、屋外ケータリング契約を授与する必要があります。

これらは、レストランビジネスに採用するマーケティングのアイデアと戦略の一部です。

  • ダイレクトマーケティング
  • 販売代理店と営業担当者の活用
  • オンラインマーケティングの活用(公式Webサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、ダイレクトメールマーケティング、ブログなどを介して)
  • 紹介マーケティングの活用
  • 収益分配ビジネスパートナー
  • 展示会中の広報
  • 無料の食事を与える
  • オープンハウスでの食事の試食

レストランのサプライヤー/流通ネットワークの作成

レストランを経営している場合は、生の食品やその他の食材を提供するためのベンダー向けのチャネルを作成することが非常に重要です。 特に必要な生の食品や食材が栽培されている農場を所有している場合は、時間とおそらくコストを節約できます。 がっかりしないように、複数のベンダー/サプライヤを持つことが賢明です。