上司や経営陣に新しいアイデアを提示する13の実績のある方法

従業員として、あなたは意見やアイデアを持っていることが期待されており、それらを共有することを恐れてはいけません。 優秀な雇用主は、積極的でビジネスに新しいものをもたらすことができる従業員を愛しています。 しかし、適切な方法で上司や経営陣にアイデアを整理して提示する方法を知っておく必要があります。さもなければ、仕事に別れを告げるだけかもしれません。

通常、経営陣に新しいアイデアを提示する際に生じるいくつかの問題は、上司がいる場合、彼はあなたが彼が取ることができないイニシアチブを取っていると脅かされるかもしれないということです。 あなたの同僚もjeしたり、あなたが彼らを打ち負かそうとしていると感じるかもしれません。

だから、みんなを連れて行き、裏目に出ない方法でアイデアを提示する方法を知っていることが重要です。 上司や経営陣に新しいアイデアを提示する際のヒントをいくつか紹介します。

上司または経営陣に新しいアイデアを提示する13以上の実績のある方法

1.上司の個性を理解する-私たちは物事の見方ややり方がすべて異なります。 ある人が他の人よりも良くなるわけではありません。 それは私たち全員が異なる長所と短所を持っていることを示すだけです。 私たちの中には、慎重で分析的な思想家がいますが、一部は自発的な意思決定者です。 そのため、上司にアイデアを提示する前に、上司の性格に合わせてプレゼンテーションを調整できるように、上司の性格を理解しておいてください。

2.信頼できる従業員になりましょうあなたは6か月連続でその月の最悪の従業員のリストに載ることはできません。 雇用主の尊敬を得るためには、職場での性格と自分自身の表現方法に懸命に取り組む必要があります。 彼らがあなたを尊重したときだけ、彼らはあなたのインプットやアイデアを真剣に受け止めることができます。

3.経営陣のアイデアを受け入れます。自分の個人的なアジェンダを追求しているのではなく、提案または持ち込もうとしているものが、全体的な経営目標および目標の達成に役立つものであることを確認します。

4.提案を段階的に達成できるように構成します。誰かがマネージャーの地位に登る前に、その人には分析的思考が最も確実に行われる独自のスキルがあることを知っておく必要があります。それらの中の一つ。

経営陣は、裏目に出る可能性のあるアイデアを避け、あなたのアイデアが拒否されるのを防ぎたいでしょう。 段階ごとに構築することを検討する必要があります。ステージごとに達成でき、1つのステージがうまくいかない場合は、さらなる損傷が行われる前にプロジェクトを引き出してキャンセルするのは簡単です。

5.結論から始めましょう::ビジネスプランの作成には、エグゼクティブサマリーと呼ばれるものがあります 。 これは事業計画の最後の部分ですが、最も重要な部分であり、プロジェクトに関するすべての情報がページにまとめられています。 このエグゼクティブサマリーは、ビジネスプランを読んでいる人が誰でも簡単にそれが何であるかを理解するのに役立ちます。

アイデアを上司に提示するときも、この戦略を採用する必要があります。 ほとんどの人は、会話の数分前に頭の中で意見や決定を下すため、会話/プレゼンテーションの早い段階で何を運転しているかを伝えます。

6.アイデアがどのように彼らと会社に利益をもたらすかを示します-あなたのアイデアが会社を改善するか、会社のビジョンとミッションの達成に貢献するすべての方法を雇用者に示す必要もあります。

7.費用も分析する必要があります。アイデアを達成するために必要な財政的または非財政的リソースがある場合、雇用主がそれを認識していることを確認する必要があります。

8.推奨事項を提示する-アクションプランとそれが実行される方法の分析でバックアップせずに、アイデアを提示しないでください。 あなたが話していることを知っていることを上司に示すことで、上司に迅速な決定を促すことができます。

9.代替案の提供 -:いくつかの代替案のアクションコースを考え出し、上司に十分な選択肢を与えて、1つのアイデアが気に入らない場合に代替案を選択できるようにすることも役立ちます。

10.アイデアを研究と事実でサポートする -考慮すべきもう1つのことは、アイデアを事実で裏付けることです。 提示するアイデアについて十分な調査を実施し、提案を裏付けるのに十分な生の事実と情報を確保する必要があります。

たとえば、経営陣に新しい製品ラインの製造に進出させるよう説得しようとする場合、その製品に対する需要が存在し、最終的に提案を受け入れると会社が利益を上げることを証明できなければなりません。

11.アイデアを彼のアイデアにする -:彼の発言や苦情のいくつかがあなたに挑戦を解決する方法についてブレインストーミングを促し、これがあなたが思いつくことができたものであると述べることによって、あなたのアイデアをあなたのボスのアイデアのように見せることができます。

12.上司または直接の上司を連れて行く-経営陣にアイデアを提示する場合は、直属の上司が一緒に運ばれ、何が起こっているのか、何をしようとしているのかを知らせてください。 上司をバイパスしてアイデアを経営陣に直接提示することは、ブーメランかもしれません。

13.クレジットを支払うべき人にクレジットを与える :アイデアを開発する過程で同僚の助けを借りた場合 、この人の入力についても管理者に知らせてください。 人々のアイデアを使用して、自分のアイデアのようにパレードしないでください。

14.拒否にどのように対応するかを決定します。これは2つの方法です。 あなたのアイデアが承認され、採用されるか、ゴミ箱に入れられる可能性があります。 どんなにうまくいったとしても、経営陣の決定を受け入れるのに苦労する必要はありません。